現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ミニバンやSUVは大型でもFFなのに高級セダンがFRを採用するワケ

ここから本文です

ミニバンやSUVは大型でもFFなのに高級セダンがFRを採用するワケ

掲載 更新
ミニバンやSUVは大型でもFFなのに高級セダンがFRを採用するワケ

 最近の高級セダンにはFRベースのAWDも増えてきている

 高級セダンを並べてみると、日米欧など、どの国のモデルであってもFRが多数派となっている。そうでなくとも、AWDであることが多く、FFの高級サルーンを見かけることはほとんどない。過去にはキャデラック・ドゥビルや三菱デボネアなどFFのショーファードリブンも存在していたが、いつの間にか消えてしまった。なぜ、高級サルーンはFRを採用するのだろうか。

【ニッポンの名車】通称「走るシーラカンス」 AMGモデルもあった三菱デボネア

 高級サルーンはFRが主流と記したが、コンパクトカーからミニバン、ミドルサイズのセダンまで多くの乗用車はFFプラットフォームを採用している。フロントにエンジン、トランスミッション、ディファレンシャルを集約することでキャビンを広くすることが容易となるし、重量も軽くできるので燃費性能でも有利だからだ。

 少なくとも後席の広さについて、同じようなボディサイズであればFFレイアウトのほうが有利。FRではトランスミッションから後輪にパワーを伝達するプロペラシャフトが存在するため、後席中央のフロアが盛り上がってしまい、どうしても狭くなる。前述したFF高級サルーンが生まれた基本となるロジックは後席の広さにあった。

 しかし、現実として高級サルーンはFRが主流だ。メルセデスベンツSクラス、レクサスLS、キャデラックCT6といった高級サルーンはエンジンをフロントに縦置きしたFRプラットフォームである。

 また、アウディA8やホンダ・レジェンドといったAWDの高級サルーンも増えてきているし、SクラスやLS、CT6においてもAWD化が進んでいる。このあたり、高級サルーンに期待されるパフォーマンスとして、ブランディングの面からハイパワーユニットが必須であり、安定してハイパワーを伝達するためにAWDが必須というのがトレンドだ。

 FRは後席の乗り心地に有利

 つまり、かつて言われていたような「フロントタイヤに駆動が入っていないFRはハンドリングがすっきりしているので高級サルーンに向いている」という理由は、メーカー自身が否定しはじめたともいえる。

 そもそも高級サルーンにおける真のオーナーは後席に座っているものであり、後輪を駆動する理由は、そのオーナーが体感できるメリットにあるはずだ。そして広さの面ではFRにメリットがないとすると、考えられるのは「後輪駆動は乗り心地がよい」という仮定になる。

 実際、後輪駆動の高級サルーンは乗り心地がよい。もちろん、ボディやシャシー、タイヤの選定など乗り心地を重視した設計になっていることもあるが、それであればFFでもカバーできる。

 しかし、前後重量配分が与える影響についてはFFでは真似できない。FFはどうしても後輪軸重が軽くなりがちで、いわゆるリヤが跳ねやすい傾向にある。その逆に後輪駆動はしっとりと落ち着いた挙動を出しやすい。前後重量配分におけるメリットは高級サルーンがFRをベースとする理由として無視できない。

 さらに駆動をかけると、駆動輪にかかわらず後ろに荷重移動をして後輪が沈み込むが、その際のタイムラグについても後輪で駆動しているほうが小さい印象がある。このあたりのリニアリティは、集中して気にしてみると、ゆっくり走っていても感じられるものであり、たとえ気にせずに乗っていたとしても無意識に後輪駆動のアドバンテージとして感じているはずだ。

 また、前輪駆動では加速時の荷重移動に伴って駆動輪の荷重が減っていくのに対し、後輪駆動では加速にリンクして駆動輪の荷重が増えて安定感がアップしていくことも微妙な乗り心地の差として感じられる要素といえるのではないだろうか。

こんな記事も読まれています

トヨタ『4ランナー』新型に冒険仕様「トレイルハンター」を初めて設定
トヨタ『4ランナー』新型に冒険仕様「トレイルハンター」を初めて設定
レスポンス
運転がチョー楽チンになるアダプティブ・クルーズ・コントロール! そいつを世界初採用したのはまさかの三菱車だった!
運転がチョー楽チンになるアダプティブ・クルーズ・コントロール! そいつを世界初採用したのはまさかの三菱車だった!
ベストカーWeb
S耐王者の「GT-R」がSUPER GTに殴り込み! 老舗チームとのバトルは必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.5】
S耐王者の「GT-R」がSUPER GTに殴り込み! 老舗チームとのバトルは必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.5】
Auto Messe Web
F1中国GP、5年ぶりの開催に向けてサーキット路面のバンプを除去。新世代F1マシン迎える準備進む
F1中国GP、5年ぶりの開催に向けてサーキット路面のバンプを除去。新世代F1マシン迎える準備進む
motorsport.com 日本版
新車カタログをみると燃費が2種類あるけどナゼ? WLTCとJC08モード燃費の違いとは
新車カタログをみると燃費が2種類あるけどナゼ? WLTCとJC08モード燃費の違いとは
WEB CARTOP
【クルマら部】クルマ愛クイズ!「日産 スカイラインGT-R」全4問・解答編!
【クルマら部】クルマ愛クイズ!「日産 スカイラインGT-R」全4問・解答編!
レスポンス
ル・マンの雄にして元F1ドライバーのエマニュエル・ピロ、62歳で2輪レースデビュー。初陣はクラス10位フィニッシュ
ル・マンの雄にして元F1ドライバーのエマニュエル・ピロ、62歳で2輪レースデビュー。初陣はクラス10位フィニッシュ
motorsport.com 日本版
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1日本GP】トップ5チームの一角を崩し、10位に食い込んだ角田裕毅
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1日本GP】トップ5チームの一角を崩し、10位に食い込んだ角田裕毅
AUTOSPORT web
恐怖のシーズン到来!? “全国最悪級の渋滞”春のアクアライン&首都高湾岸線 攻略法は? 車線改良の効果はあるのか
恐怖のシーズン到来!? “全国最悪級の渋滞”春のアクアライン&首都高湾岸線 攻略法は? 車線改良の効果はあるのか
乗りものニュース
「タダモノじゃない!」 4✕4でウインチ付属 リフトアップされた“タフネス仕様” 「キャンター」キャンピングカーがカッコいい
「タダモノじゃない!」 4✕4でウインチ付属 リフトアップされた“タフネス仕様” 「キャンター」キャンピングカーがカッコいい
VAGUE
狭山茶の爽やかな風味を堪能できる「茶きりうどん」 バイクで巡る「うどん共和国」埼玉県
狭山茶の爽やかな風味を堪能できる「茶きりうどん」 バイクで巡る「うどん共和国」埼玉県
バイクのニュース
フェラーリのカリスマ、ルカ・ディ・モンテゼーモロが成し遂げたこと 【第1回】フェラーリとの関わりは1973年にはじまる
フェラーリのカリスマ、ルカ・ディ・モンテゼーモロが成し遂げたこと 【第1回】フェラーリとの関わりは1973年にはじまる
AUTOCAR JAPAN
シエンタにフリード……若者にオススメしたいミニバン一挙公開! 60万円でセレナが手に入る!? 青春を謳歌したいならミニバンだ
シエンタにフリード……若者にオススメしたいミニバン一挙公開! 60万円でセレナが手に入る!? 青春を謳歌したいならミニバンだ
ベストカーWeb
【MOTUL】新たな最高峰オイル「300V FACTORY LINE ROAD RACING & OFF ROAD」は出力と信頼性を向上させて4月発売  
【MOTUL】新たな最高峰オイル「300V FACTORY LINE ROAD RACING & OFF ROAD」は出力と信頼性を向上させて4月発売  
モーサイ
アンダー400万円!? ホンダ新型「350馬力 5.0リッター”VTEC”」実機公開に反響多数! 精悍グリル風デザインの「BF350」登場
アンダー400万円!? ホンダ新型「350馬力 5.0リッター”VTEC”」実機公開に反響多数! 精悍グリル風デザインの「BF350」登場
くるまのニュース
【写真蔵スペシャル】オートモビルカウンシル 2024で、ちょっと気になったクルマたちを紹介
【写真蔵スペシャル】オートモビルカウンシル 2024で、ちょっと気になったクルマたちを紹介
Webモーターマガジン
トヨタ、ダイハツの再生に向けた体制の見直しについて発表
トヨタ、ダイハツの再生に向けた体制の見直しについて発表
カー・アンド・ドライバー
スーパーGTセパンラウンド、最短で来季復活の可能性も? しかし現在もコスト面での検討が続く……決断のデッドラインは6月か
スーパーGTセパンラウンド、最短で来季復活の可能性も? しかし現在もコスト面での検討が続く……決断のデッドラインは6月か
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

825.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

75.0185.0万円

中古車を検索
ドゥビルの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

825.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

75.0185.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村