サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > AT車クリープ現象 あるほうが運転しやすい?本来そうならないクルマでなぜ起きるのか

ここから本文です

「クリープ現象」なぜ起こる?

 AT(オートマ)のクルマは普通、DレンジやRレンジでは停車中にブレーキを踏んでいないと、微速で前進、あるいは後退します。これは「クリープ現象」などと呼ばれ、教習所でも習うAT車の基本的な特徴のひとつですが、実は、本来クリープしないはずのクルマでも、意図的にそうさせているケースがあります。

5代目日産「シルビア」 女子ウケ抜群! なにが彼女たちのハートを鷲掴みにしたのか

 クリープが起こるのは、AT車に搭載されたトルクコンバーターの働きによるものです。MT(マニュアル)車はクラッチでエンジンとトランスミッションをつなぎ動力を伝達するのに対し、AT車はトルクコンバーター内の液体によって動力を伝達。

おすすめのニュース

サイトトップへ