現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高級なだけじゃないのよ!! レクサスGXのオフロード性能は本物! 乗ってわかった驚異の安定感とは?

ここから本文です

高級なだけじゃないのよ!! レクサスGXのオフロード性能は本物! 乗ってわかった驚異の安定感とは?

掲載 4
高級なだけじゃないのよ!! レクサスGXのオフロード性能は本物! 乗ってわかった驚異の安定感とは?

 ランドクルーザー250と基本プラットフォームをともにするレクサスのミッドサイズSUVがGXだ。タフな本格派SUVにレクサスのラグジュアリーを加えたGXの悪路性能をひと足早く試した!

※本稿は2023年9月のものです
文/国沢光宏、写真/LEXUS、ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2023年10月26日号

高級なだけじゃないのよ!! レクサスGXのオフロード性能は本物! 乗ってわかった驚異の安定感とは?

■レクサス版「プラド」からレクサス版「ランクル250」へ

レクサス GX550。国内発売は2024年を予定している

●レクサスGXのここがPOINT
・ランクル300、250などと共通のラダーフレーム「GA-F」プラットフォームを採用する
・パワーユニットは直4、2.4LターボハイブリッドとV6、3.5Lツインターボの2種
・徹底して鍛え上げられた悪路走破性と、オンロードでの上質な操縦性

 これまでのGXは『ランクルプラド』のレクサスバージョンだった。フロントグリルと内装の加飾でレクサス風に仕立て、4.8LのV8エンジンを搭載。ランクル300の兄弟車となるLXよりひと回りコンパクトなモデルという位置づけである。

 新型はどんなクルマになるのかと注目されていたのだけれど、発表されてびっくり! 何とLXと同じプラットフォームを使い、LXとほぼ同じボディサイズ。大きくなりましたね。

 当然ながらキャラかぶりする。そのあたり、レクサスも考えたのだろう。GXはオフロードに軸足を置いてきた。

 「砂漠のロールスロイス」と言われるレンジローバーを生み出したランドローバー社は、かつて『ディスカバリー』というランドローバーのオフロードモデルをラインナップしていた。今はディスカバリーをレンジローバーそっくりのデザインとし、廉価版にしたため存在感薄くなったが魅力的でした。

 新型GXはLXの持つストロングポイントをより伸ばし、それでいてレクサスというブランドにふさわしい静粛性や快適性も大切にしたという理解でよさそう。

 ということで試乗コースは富士スピードウェイの中にある極悪路です。テスト用の施設ということでお好みの難易度を作り出せる。普段は愛知県の「さなげアドベンチャーフィールド」でインストラクターをやってる人に聞いたら「LXの試乗会の時より難易度高いですね」

■超悪路も難なく走る圧倒的安心感

連続する凹凸の深いモーグル路を走るGX。前後輪ともに大きくサスペンションがストロークし、しっかりとトラクションを伝える

 具体的に言えば、モーグルの“こぶ”の高低差など大きいという。目の前にあるデッコボコの路面を見ると、まぁ凄い! 山の中で“自然の状態にある悪路”であれば、絶対試す気にならないレベル。

 4L(4輪駆動+ローレンジ)を選び、そのほかは「オート」にして突入すると、インストラクターによれば「ベースになっているサスペンションストロークが長いです」。よって電子制御の介入も最小限ですんでいるという。

 驚いたことにこの手の電子制御、普通は「ガガガ」とか「ゴリゴリ」などいろんな音を出す。GXは制御音を極力抑えたということで、難なく走ってしまう。

 加えて油圧パワステから電動パワステに変えたため、ステアリングフィールをキチンと残しながら、不快なキックバックがほとんどなくなっている。今や砂漠のロールスロイスの称号はGXがいただいていいかな、と思えるレベル。これなら極悪路だって快適だ。

 ロックセクションは「クロールモード」を使ってみた。アクセルもブレーキも踏まず一定の速度でノシノシと進む(速度は5段階)。

 なんたって4つのタイヤに別個の駆動力&ブレーキを掛ける。アクセルとブレーキのペダルが4つずつあるようなモノ。人間じゃコントロールできない領域の制御をしているため一段と滑らか。お金持ちはこのコースを試走したら、降りた場所にあるテーブルで注文書にハンコ捺します、きっと。

■レクサスGXとランクル250どこが同じで、どこが違う?

サスペンション形式はランクル250と同じだが、GXのサスペンションはオンロードでの乗り心地も重視する

 販売開始が待たれるランドクルーザー250。GA-Fプラットフォームの採用や車体構造などの基礎部分はレクサスGXと共通。サスペンションも基本レイアウトは共通だが、ショックアブソーバーなども含めたチューニングは両車別モノ。

 ランクル250のほうがよりタフな状況にも対応したセットになっているといい、レクサスGXは、悪路走破性はもちろん高いが、オンロードでの上質な乗り心地や操縦性を高めている。

 パワーユニットにも違いがあり、今回試乗したV6、3.5Lツインターボ(415ps/66.3kgm)はランクル250ではどの仕向け地に向けても搭載されてはいないGX専用だ。

●レクサスGX550 主要諸元
・全長:5005mm
・全幅:2000mm
・全高:1935mm
・ホイールベース:2850mm
・対地障害角:アプローチ……26度、ランプブレークオーバー……23度、デパーチャー……23度
・エンジン:V型6気筒DOHC ツインターボ V35A-FTS 3444cc
・最高出力:415ps/5200rpm
・最大トルク:66.3kgm/2000~3600rpm
・トランスミッション:10AT
・サスペンション:F/ダブルウィッシュボーン R/トレーリングリンク車軸式
・タイヤサイズ:265/70R18

※レクサス GXのエンジンスペックは正式に公表されたものではなく、同エンジンを搭載するレクサス LXの数値

●ランドクルーザー250 主要諸元
・全長:4925mm
・全幅:1980mm
・全高:1870mm
・ホイールベース:2850mm
・対地障害角:アプローチ……31度、ランプブレークオーバー……23度、デパーチャー……23度
・エンジン:直列4気筒DOHC ディーゼルターボ 1GD-FTV 2754cc
・最高出力:204ps
・最大トルク:51.0kgm
・トランスミッション:8AT
・サスペンション:F/ダブルウィッシュボーン R/トレーリングリンク車軸式
・タイヤサイズ:265/70R18

こんな記事も読まれています

バイク乗りのためのメガネフレーム「CARBURETOR/キャブレター」がオプティカル和光で販売開始!
バイク乗りのためのメガネフレーム「CARBURETOR/キャブレター」がオプティカル和光で販売開始!
バイクブロス
「スバル車」に長年乗り続けるユーザーが多い理由 インチキSUVを撃破? 同社クロスオーバーSUVを通して考える
「スバル車」に長年乗り続けるユーザーが多い理由 インチキSUVを撃破? 同社クロスオーバーSUVを通して考える
Merkmal
イモラ用の性能調整でハイパーカーが軒並み減量&パワーアップ。例外はウイング付き新型プジョー9X8
イモラ用の性能調整でハイパーカーが軒並み減量&パワーアップ。例外はウイング付き新型プジョー9X8
AUTOSPORT web
三浦市『味の旬彩 てん心』で特大黄金鯵のアジフライを堪能!
三浦市『味の旬彩 てん心』で特大黄金鯵のアジフライを堪能!
バイクのニュース
バスの乗客が転んだら誰の責任? 現実は「運転士&会社のせい」… 危険を避けるためでもなぜ「バス側」が悪い? 運転士“なり手不足”原因のひとつか
バスの乗客が転んだら誰の責任? 現実は「運転士&会社のせい」… 危険を避けるためでもなぜ「バス側」が悪い? 運転士“なり手不足”原因のひとつか
くるまのニュース
【SUPER GT速報】いくらなんでも1400kgは重すぎる 56号車GT-Rにはキビシー週末だったけど……!!?
【SUPER GT速報】いくらなんでも1400kgは重すぎる 56号車GT-Rにはキビシー週末だったけど……!!?
ベストカーWeb
セド/グロvsクラウン プレリュードvsセリカ エルグラvsアル/ヴェル…… 熾烈な競争の中でトヨタが認めて追随した技術アレコレ
セド/グロvsクラウン プレリュードvsセリカ エルグラvsアル/ヴェル…… 熾烈な競争の中でトヨタが認めて追随した技術アレコレ
ベストカーWeb
こんなに走りやすいのに30キロって遅くね? 道路の「最高速度」の決め方を知れば「守らなきゃ」の意識が芽生える!
こんなに走りやすいのに30キロって遅くね? 道路の「最高速度」の決め方を知れば「守らなきゃ」の意識が芽生える!
WEB CARTOP
SUBARUフォレスターの特別仕様車「X-EDITION」「XT-EDITION」にアクティブなイメージを高めるガイザーブルーのボディカラーを設定
SUBARUフォレスターの特別仕様車「X-EDITION」「XT-EDITION」にアクティブなイメージを高めるガイザーブルーのボディカラーを設定
カー・アンド・ドライバー
トヨタ紡織、北京モーターショー2024に出展
トヨタ紡織、北京モーターショー2024に出展
日刊自動車新聞
琵琶湖をめぐるツーリングラリー「CBTR 2024」の開催概要が発表! 5/14よりエントリー開始
琵琶湖をめぐるツーリングラリー「CBTR 2024」の開催概要が発表! 5/14よりエントリー開始
バイクブロス
日本車第三勢力、マツダとスバルの「生きる道」…とは?【短期集中連載:第六回 クルマ界はどこへ向かうのか】
日本車第三勢力、マツダとスバルの「生きる道」…とは?【短期集中連載:第六回 クルマ界はどこへ向かうのか】
ベストカーWeb
【20世紀名車ギャラリー】GT性能を磨いたV8スーパースポーツ、1980年式マセラティ・カムシンの肖像
【20世紀名車ギャラリー】GT性能を磨いたV8スーパースポーツ、1980年式マセラティ・カムシンの肖像
カー・アンド・ドライバー
レクサスの自然吸気V8が "終了" へ 「LC」/「RC」欧州撤退? 英国ではSUVとセダンのみに
レクサスの自然吸気V8が "終了" へ 「LC」/「RC」欧州撤退? 英国ではSUVとセダンのみに
AUTOCAR JAPAN
ハースの元代表シュタイナーがF1チーム買収を画策か。RBには高いハードル
ハースの元代表シュタイナーがF1チーム買収を画策か。RBには高いハードル
AUTOSPORT web
スズキ新型「最上級コンパクトミニバン」公開! 新ハイブリッド採用&MT設定もアリ! 専用エアロも超カッコイイ「エルティガ クルーズ」尼での登場に反響も
スズキ新型「最上級コンパクトミニバン」公開! 新ハイブリッド採用&MT設定もアリ! 専用エアロも超カッコイイ「エルティガ クルーズ」尼での登場に反響も
くるまのニュース
「高級感+スポーティ」なコンパクトSUV登場! アルファ・ロメオ新型「ミラノ」初公開 全長4.1m、ハイブリッドとEVを導入
「高級感+スポーティ」なコンパクトSUV登場! アルファ・ロメオ新型「ミラノ」初公開 全長4.1m、ハイブリッドとEVを導入
AUTOCAR JAPAN
ガテン系トヨタ「ハイエース」の効率的な収納方法とは? オバフェン&ローダウンのクールな見た目に似合わない男の現場仕様車を紹介します
ガテン系トヨタ「ハイエース」の効率的な収納方法とは? オバフェン&ローダウンのクールな見た目に似合わない男の現場仕様車を紹介します
Auto Messe Web

みんなのコメント

4件
  • iro********
    実際にその性能を使うかどうかは抜きにして、
    もしもの時に頼れる機能を持っている、という
    かつての武士の刀は抜かないところに美点がある、
    と共通したものを感じる。
  • ベロ
    この手の車 泥だらけに汚れてる車見た事ない
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1250.01800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

565.22180.0万円

中古車を検索
LXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1250.01800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

565.22180.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村