現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まさかの4ドア!? マツダが斬新「ロータリースポーツカー」実車公開!「RX-8」として市販化された「RX-EVOLV」とは?

ここから本文です

まさかの4ドア!? マツダが斬新「ロータリースポーツカー」実車公開!「RX-8」として市販化された「RX-EVOLV」とは?

掲載 3
まさかの4ドア!? マツダが斬新「ロータリースポーツカー」実車公開!「RX-8」として市販化された「RX-EVOLV」とは?

■「RX-8」のコンセプトモデルが再来!

 マツダは、往年の名車と最新モデルが一堂に展示されるイベント「オートモビル カウンシル2024」(2024年4月12日から4月14日に開催)で、コンセプトモデル「RX-EVOLV(RXエボルブ)」の実車を展示しました。
 
 RXエボルブは、1999年の「東京モーターショー」で世界初公開された4ドアスポーツカーのコンセプトカー。2003年にデビューした「RX-8」の原型になったモデルとされています。

【画像】カッコいい! これが斬新な「ロータリースポーツ」です! 画像を見る

 RXエボルブはスポーツカーらしい外観に卓越した動力性能や高いハンドリング性能を実現しながら、さらに4枚のドアと4座のシートを搭載して実用性も両立しました。

 ボディ左右のドアはセンターピラーレスの「フリースタイル式」を採用。観音開きとすることで、後席への乗降性の良さを実現し、大人4人が快適にドライブを楽しめる居住空間を確保しています。

 パワーユニットは、小型化した新世代の1.3リッターロータリーエンジン「RENESIS(レネシス)」をセンターミッドシップに搭載。最高出力280馬力・最大トルク23.0kg-mを発揮します。

 RXエボルブはIDアクセスカードによってドアの解施錠やエンジンの始動がおこなえる先進機能が備わっているのですが、ユーザーの運転技量も記憶。これによりドライバーの技量に応じたエンジン出力や走行特性の可変が可能です。

 例えばRXエボルブのすべての性能を必要としないドライバーには、エンジン制御やエレキスロットルをコントロールして、最高出力を240馬力、最大トルクを21.0kg-mに抑えるという機能も搭載されました。

 さらに、操る楽しさを実現すべく、FRレイアウトや軽量なボディ、強固なシャシー、前後重量配分50:50、ヨー慣性モーメントの低減など、スポーツカーらしい要素も取り入れられています。

 ボディサイズは全長4285mm×全幅1760mm×全高1350mmと、RX-8と全幅・全高はほぼ同じですが、全長はRXエボルブのほうが150mm短い、コンパクトなサイズ感です。

 外観は、大径ホイールを四隅に配したウルトラショートオーバーハングの独創的なプロポーションが俊敏な走りのイメージを強調する、スポーツカーらしい4ドアスポーツカーを実現しました。

 そんなRXエボルブのデザインで特徴的なのが、「隠れたヘッドライト」です。

 一見ライトが無いように思われるRXエボルブのフロントマスクですが、整流ウイング下の開口部内に極薄型のHIDライトを搭載。点灯させると開口部の奥から光を放つという、斬新な仕掛けが施されていました。

 内装は、意のままに操れるようにドライバーオリエンテッドに造られています。レバーやスイッチ、ペダルは手や足が自然に届きやすく、機敏に操作しやすい形状や配置を採用。

 メーター類は、ドライバーが瞬時に視認しやすい大きさや配置とし、目の前のメータークラスター内には特に視認の頻度が高いタコメーターとスピードメーター、シフトインジケーターのみが配され、その他の補助計器はインストルメントパネル中央のマルチモードディスプレイに表示されます。

 4つのシートには、ホールド性と通気性に優れる「ライトウエイトスポーツメッシュシート」採用。広々とした室内空間とあいまって、すべての乗員がコンパートメントスペースに座るようなプライベートなくつろぎ感が得られるといいます。

 また、助手席側後席のシートバックに折りたたみ式の「インテグレーテッドチャイルドシート」を内蔵するとともに、脱着式のベビーパッドを採用しました。

※ ※ ※

 東京モーターショーで世界初公開された時にはユニークなコンセプトカーと評されたRXエボルブですが、その後にRX-8として市販化され、19万台以上の累計生産台数を達成。人気モデルとしていまでも語り継がれています。

こんな記事も読まれています

全長3.5m! トヨタが「ヤリス」より小さい「MRスポーツカー」を開発! “5速MT×1.8Lターボ”搭載した過激すぎる「お買い物クルマ」とは
全長3.5m! トヨタが「ヤリス」より小さい「MRスポーツカー」を開発! “5速MT×1.8Lターボ”搭載した過激すぎる「お買い物クルマ」とは
くるまのニュース
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
くるまのニュース
6速MTのみ! トヨタ「超スポーツコンパクトカー」がスゴい! 約230万円で「専用サス+6点ベルト」装備! まさかのムダ装備“全カット”!? 「硬派すぎモデル」とは
6速MTのみ! トヨタ「超スポーツコンパクトカー」がスゴい! 約230万円で「専用サス+6点ベルト」装備! まさかのムダ装備“全カット”!? 「硬派すぎモデル」とは
くるまのニュース
マツダの「“26人乗り”ロータリースポーツ」!? 高出力エンジンのハイグレードマシン! 謎の「“R26”パークウェイ」とは
マツダの「“26人乗り”ロータリースポーツ」!? 高出力エンジンのハイグレードマシン! 謎の「“R26”パークウェイ」とは
くるまのニュース
まさかの「ランボルギーニ“ミニバン”」! “V12”搭載&斬新「2列目1人乗り」仕様!  ガルウィングも採用の「ジェネシス」とは
まさかの「ランボルギーニ“ミニバン”」! “V12”搭載&斬新「2列目1人乗り」仕様! ガルウィングも採用の「ジェネシス」とは
くるまのニュース
ホンダ「新型プレリュード」25年頃に登場へ “22年ぶり復活”する「スペシャリティモデル」 そもそもどんなクルマだった? 5世代に渡る歴史とは
ホンダ「新型プレリュード」25年頃に登場へ “22年ぶり復活”する「スペシャリティモデル」 そもそもどんなクルマだった? 5世代に渡る歴史とは
くるまのニュース
スバルが新「4ドアセダン」を初公開! 同時に「BRZ改」もお披露目!? 3年目の集大成とは
スバルが新「4ドアセダン」を初公開! 同時に「BRZ改」もお披露目!? 3年目の集大成とは
くるまのニュース
ホンダ新型「Z2000」!? 斬新顔の「2シーターオープン」が超カッコイイ! 超静音走行もめちゃ楽しそうな“現代版S2000”のCGが凄い
ホンダ新型「Z2000」!? 斬新顔の「2シーターオープン」が超カッコイイ! 超静音走行もめちゃ楽しそうな“現代版S2000”のCGが凄い
くるまのニュース
トヨタ「スープラ“86”」に反響多数!? FRで300馬力超え!? 夢あふれ「夢に終わったスポーツカー」GRMN SPORTS FR C PLATINUMに「実現してほしかった」の声
トヨタ「スープラ“86”」に反響多数!? FRで300馬力超え!? 夢あふれ「夢に終わったスポーツカー」GRMN SPORTS FR C PLATINUMに「実現してほしかった」の声
くるまのニュース
レクサス新型「最高級ミニバン」1500万円の“6座仕様”発売! なぜ“4座仕様”より500万円も安いのか?
レクサス新型「最高級ミニバン」1500万円の“6座仕様”発売! なぜ“4座仕様”より500万円も安いのか?
くるまのニュース
衝撃の日産「2シーター”スポーツ”」登場! オシャグリーンの「フェアレディZ」が約1500万円!? 英国で落札された「240Z(改)」の正体とは
衝撃の日産「2シーター”スポーツ”」登場! オシャグリーンの「フェアレディZ」が約1500万円!? 英国で落札された「240Z(改)」の正体とは
くるまのニュース
全長3.5m! 丸目レトロ顔の「小さな高級車」販売17年の歴史に幕!“軽自動車”並みのサイズでも「支持された理由」とは?
全長3.5m! 丸目レトロ顔の「小さな高級車」販売17年の歴史に幕!“軽自動車”並みのサイズでも「支持された理由」とは?
くるまのニュース
大人“6人”乗れるレクサス「高級ミニバン」初公開! 1500万円の豪華仕様、反響は?
大人“6人”乗れるレクサス「高級ミニバン」初公開! 1500万円の豪華仕様、反響は?
くるまのニュース
マツダの「和製オープンカー」登場9年目でもなぜ人気? 最後の純ガソリン車か!?「ロードスター」の魅力とは?
マツダの「和製オープンカー」登場9年目でもなぜ人気? 最後の純ガソリン車か!?「ロードスター」の魅力とは?
くるまのニュース
ホンダ「V型10気筒エンジン」搭載した新型スーパーカー! 正式に「NSX後継車」名乗った「超ロングノーズ」モデルの正体は?
ホンダ「V型10気筒エンジン」搭載した新型スーパーカー! 正式に「NSX後継車」名乗った「超ロングノーズ」モデルの正体は?
くるまのニュース
歴代モデル最強! “超豪華2ドアクーペ”が新「V8ハイブリッド」搭載で進化! 新型「コンチネンタルGT」2024年6月発表へ
歴代モデル最強! “超豪華2ドアクーペ”が新「V8ハイブリッド」搭載で進化! 新型「コンチネンタルGT」2024年6月発表へ
くるまのニュース
1.6Lターボ搭載のレクサス「小さな高級車」実車展示! 黄色アクセントのスポーティ仕様「LBX MORIZO RR」 どんな特徴?
1.6Lターボ搭載のレクサス「小さな高級車」実車展示! 黄色アクセントのスポーティ仕様「LBX MORIZO RR」 どんな特徴?
くるまのニュース
全長3.6mで2人乗り! スズキ「次期型ジムニー」!? 流麗なのに“超タフデザイン”採用!? 超斬新な謎モデル「エックスランダー」とは
全長3.6mで2人乗り! スズキ「次期型ジムニー」!? 流麗なのに“超タフデザイン”採用!? 超斬新な謎モデル「エックスランダー」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

3件
  • dhu********
    RX-EVOLV(RX-8)よりもRX-01の市販化を期待してた(笑)
  • sho********
    記事に釣られてコメントしますけど
    動かない車を作るのはいい加減やめて欲しい
    売らなくてもいいから走行動画くらい載せろよマツダよ
    ビジョンRXも駐車場で動かしてるくらいの動画しかないよね
    ユーザーに期待だけ持たせたって金が無いのは判ってるんだから
    せめて動くモックアップを造れ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

666.0901.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

89.51200.0万円

中古車を検索
RXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

666.0901.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

89.51200.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村