サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 偶然か? それともパクリか? 驚くほど似たデザインの輸入車と国産車3組

ここから本文です

偶然か? それともパクリか? 驚くほど似たデザインの輸入車と国産車3組

 本当に偶然なのかと疑いたくなるほど似たデザインも

 自動車のデザインというものは流行り廃りも影響するため、どうしても似たようなものになってしまいがちだ。また、最近では空力性能などもないがしろにできないため、ある程度似たようなものになってしまうのはやむを得ないところかもしれない。

前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

 しかし、なかには本当に偶然なの!? と疑いたくなるほど似通ったデザインを持った車種も存在している。そこで今回はそんなウワサが流れるほど似たデザインを持った車両をご紹介しよう。

 1)ポルシェ924とマツダRX-7

 スポーツカーと言えばリトラクタブルヘッドライト、というイメージが強かった70年代。日本が世界に誇るスポーツカーのひとつであるRX-7も、初代から一貫してリトラクタブルヘッドライトを採用していたモデルであった。そんなRX-7の初代モデルが酷似していると言われていたのが、ドイツのスポーツカーメーカー、ポルシェがリリースしていた924だったのだ。

 RX-7のデビューする1978年よりも早い75年に登場していたポルシェ924は、フロントにエンジンを搭載しリヤを駆動するFRレイアウトの2+2クーペであり、ポルシェのボトムラインを担うモデルであった。確かにロングノーズショートデッキでリトラクタブルヘッドライトを持つという点では同じであるが、冷静に考えればこれは当時のスポーツカーの不文律であり、リヤクオーターウインドウを持つ924に対し、それを持たないRX-7のサイドシルエットは明らかに異なるものにも感じられるが果たして?

 軽自動車にも輸入車に似ているモデルが存在!

 2)ルノー・トゥインゴとホンダ・トゥデイ

 今やNシリーズが破竹の勢いで売れているホンダ。そんなホンダは長らく軽乗用車を販売していない時期があった。その沈黙を破ったのが、1985年に登場した初代トゥデイだったのだ(正確には軽ボンネットバンで商用車登録だが)。

 そのデザインを参考にした、と言われているのが、1992年に登場したルノー・トゥインゴ(初代)である。トゥデイと同じくバンパーに食い込んだヘッドライトや、ギリギリまで四隅に配されたタイヤなど、デザインからパッケージングに至るまで同様のエッセンスが散りばめられている。

 ただ、バンパーに食い込んだヘッドライトと言うとトゥデイよりも先んじてデビューしていたフィアット・リトモ(1978年デビュー)も存在しているが、トゥデイが参考にしたのかどうか定かではない。

 3)フィアットX1/9とトヨタMR2

 それまではスーパーカーの代名詞でもあったミッドシップレイアウトを、量産車ベースとすることで庶民にもなんとか手の届くものにしてくれたのが、1972年に登場したフィアットX1/9だった。そして、そこから遅れること12年、日本初の量産ミッドシップ車として誕生したのが初代トヨタMR2だった。

 どちらもリトラクタブルヘッドライトを持ち、ミッドシップにエンジンを搭載しているということで、非常に似通ったサイドのシルエットを持っている。じつは成り立ちも似ており、どちらもFFレイアウトの大衆車(X1/9は128、MR2はカローラ)のコンポーネントをそのまま後ろに持ってきたものだったのである。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します