現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 続々登場するハイブリッド車 メーカーごとの違いってあるの?

ここから本文です

続々登場するハイブリッド車 メーカーごとの違いってあるの?

掲載 16
続々登場するハイブリッド車 メーカーごとの違いってあるの?

エコカーの代名詞として知られるハイブリッド車。現在では、ほぼすべてのメーカーがハイブリッド車をラインナップしていますが、名前は同じ「ハイブリッド」でも、実際にはメーカーごとに仕組みが異なります。各メーカーのハイブリッド車は、どんな特徴があるのでしょうか?

●トヨタ、日産、ホンダは独自のハイブリッドシステムを採用
世界初の量産型ハイブリッド車であるトヨタ・プリウスが1997年に登場してから約25年、現在では新車で販売されるクルマのおよそ3台に1台がハイブリッド車となっています。

「ハイブリッド(Hybrid)」とは、複数の方式を組み合わせたものを意味し、クルマの場合は、おもにガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたパワートレインを指すことが一般的です。

つまり、ガソリンエンジンと電気モーター(正確には駆動用の電気モーター)を備えていれば、すべてハイブリッド車ということができます。しかし、実際には各メーカーのハイブリッド車に搭載されているシステムは大きく異なります。

今回は、ハイブリッド車の代表格であるトヨタの「THS ll」、日産の「e-POWER」、そしてホンダの「e:HEV」の3つのハイブリッドシステムの特徴について見てみたいと思います。

●元祖ハイブリッドは燃費性能がピカイチ! トヨタ「THS II」
プリウスによって、ハイブリッド車というものを世に知らしめたトヨタですが、現在ではコンパクトカーからSUVまで、非常に多くのハイブリッド車をラインナップしています。

現在、トヨタのハイブリッド車の多くに搭載されているのは、「THS II」というハイブリッドシステムです。このシステムの基本的な考え方は「ガソリンエンジンの走りを、電気モーターでアシストする」というものです。

一般的に、ガソリンエンジンは発進時に最も大きな負荷がかかります。つまり、発進時が最も燃費が悪くなってしまいます。一方で、電気モーターはその特性上、発進時から大きなトルクを発生させることができるため、ガソリンエンジンが苦手とする発進時を中心に電気モーターがアシストすることで、燃費性能を向上させることができます。

こうした考え方を基本とする「THS II」は、日本の都市部のように、渋滞や信号待ちが多い道路環境で真価を発揮します。また、カタログ燃費を見ると、ほかのメーカーのハイブリッドシステムより燃費性能が高く、最もエコロジーであると言えます。

一方、比較的大きな電気モーターやバッテリーを搭載するため、同型のガソリン車に比べて割高になりやすいというデメリットもあります。実際に、ヤリスのハイブリッド車の最上級グレードである「HYBRID Z」と、ガソリン車の最上級グレードの「Z」では、パワートレイン以外はほぼ同等の装備であるにもかかわらず、車両価格で35万3000円もの差があります。税制優遇などを考慮しても、かなりの距離を走らなければ「元が取れない」点には注意が必要です。

ちなみに、2022年1月に発売されたノア/ヴォクシーからは5世代目となる新ハイブリッドシステムが採用されており、さらなる燃費性能の向上が図られています。

●走行フィーリングは電気自動車そのもの! 日産「e-POWER」
日産は、2016年に独自のハイブリッドシステムである「e-POWER」を搭載した「ノート e-POWER」を発表し、その後ミニバンのセレナやコンパクトSUVのキックスなどにも「e-POWER」を搭載しています。

「e-POWER」は、トヨタのハイブリッドシステムとは異なり、「電気モーターをガソリンエンジンでアシストする」という考え方を基本としています。

電気モーターのみで走るクルマ、つまり電気自動車は、当然のことながらガソリンを消費することはありません。しかし、現在の技術では、電気自動車にガソリン車と同等の航続距離を持たせようとすると大型のバッテリーを搭載する必要があるため、結果としてボディサイズが大きくなったり、車両価格が高価になってしまいます。また、充電できる環境も必要となります。

そこで「e-POWER」では、発電用のガソリンエンジンを搭載することで、電気自動車の不便な点を解消しています。一般的なガソリン車同様、ボンネットの中にガソリンエンジンがおさまっているため、走行中にはエンジン音が聞こえてきますが、駆動自体はモーターで行うため、走行フィーリングは電気自動車そのものです。

日産では「e-POWER」より先に電気自動車のリーフを発売していますが、e-POWERにもリーフに使用されている大出力モーターが搭載されています。このことからも、e-POWERは、電気自動車が考え方のベースにあることがわかります。

とはいえ、基本的には常にガソリンエンジンが作動しているため、燃費性能自体はずば抜けているわけではありません。ノート e-POWERのカタログ燃費(WLTCモード)は29.5km/Lとなっており、30km/Lを優に超えるトヨタ・ヤリスやホンダ・フィットのハイブリッド車から見るとやや劣る数値となっています。

「e-POWER」の魅力は、燃費性能ではなく、電気自動車のようなスムーズな加速や、強力な回生ブレーキを活かした「ワンペダルドライブ」などにあると言えるでしょう。

●ガソリン車と電気自動車のいいとこ取り? ホンダ「e:HEV」
トヨタと日産は同じハイブリッド車でも、正反対と言える考え方を持っていることがわかりました。一方、ホンダでは、そんなガソリンエンジンと電気モーターのメリットを「いいとこどり」した仕組みを持っています。

ホンダがフィットやヴェゼルなどに採用している「e:HEV」というハイブリッドシステムは、基本的には「e-POWER」と同様に、ガソリンエンジンが発電し、その電気を使ったモーターによって走行します。

しかし、「e-POWER」とは異なり、高速走行時などには、ガソリンエンジンで得たパワーを直接タイヤへと伝達することができます。つまり、ガソリン車としても走行することができるということです。

発進時に最も負荷がかかるガソリンエンジンですが、その一方で、高速走行時は電気モーターよりも少ない負荷で走れるという特性があります。「e:HEV」では、そうした特性を活かし、走行環境に応じて使用するパワートレインを自動的に切り替えられることが魅力です。

このように書くと「e:HEV」は理想のハイブリッドシステムのように思えます。しかし、実際のところ燃費性能では「THS II」に劣り、かといって「e-POWER」のような電気自動車らしい走りも持っていないという、中途半端な状態となっているのが実情です。

ただ、ガソリンエンジンや電気モーター、バッテリーの改善による伸びしろは十分にあるため、今後に期待というところでしょう。

●ハイブリッド車の魅力は燃費性能だけではない!
これ以外にも、各メーカーが「ハイブリッド」と銘打ったモデルを多くラインナップしていますが、そのほとんどは、従来のガソリンエンジンに搭載されているバッテリーを少し大きくし、発進時にアシストできるようにした「マイルドハイブリッド」と呼ばれる仕組みのものです。これは、仕組みが簡単でコストも抑えられる反面、燃費性能への貢献はわずかというものです。

一方、今回紹介した3つのハイブリッドシステムは、ガソリン車とは大きく異なる仕組みを持っています。特に、「e-POWER」と「e:HEV」については、電気自動車の考え方が色濃く反映されており、今後の電動化につながる技術と言えます。

多くの人がハイブリッド車に期待するのは燃費性能ですが、ガソリン車とは異なる運転フィーリングもハイブリッドの大きな魅力のひとつです。気になる人はそれぞれのハイブリッド車の比較試乗を行い、特徴を確かめてみましょう。

文:ピーコックブルー

こんな記事も読まれています

フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選
フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選
motorsport.com 日本版
アジアクロスカントリーラリー、2024年大会のマレーシア区間中止が決定。タイでの一国開催に
アジアクロスカントリーラリー、2024年大会のマレーシア区間中止が決定。タイでの一国開催に
AUTOSPORT web
角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報
角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報
motorsport.com 日本版
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
ベストカーWeb
「ルート66」で一番有名なネオンが30年ぶりに点灯!「ロイズ」を再興したのはひとりの日系人でした【ルート66旅_52】
「ルート66」で一番有名なネオンが30年ぶりに点灯!「ロイズ」を再興したのはひとりの日系人でした【ルート66旅_52】
Auto Messe Web
“これまでとは違うオートポリス”の戦い方。過去の経験が邪魔になる?/SF第2戦プレビュー
“これまでとは違うオートポリス”の戦い方。過去の経験が邪魔になる?/SF第2戦プレビュー
AUTOSPORT web
アーロンが最速。FIA F2フリー走行はベアマンのクラッシュで赤旗終了に/第4戦イモラ
アーロンが最速。FIA F2フリー走行はベアマンのクラッシュで赤旗終了に/第4戦イモラ
AUTOSPORT web
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
AUTOCAR JAPAN
シボレー「アバランチ」をおりて日産「タイタン」に返り咲いた理由は?『スプラトゥーン』のデザインを取り入れたボディが遊び心満点です
シボレー「アバランチ」をおりて日産「タイタン」に返り咲いた理由は?『スプラトゥーン』のデザインを取り入れたボディが遊び心満点です
Auto Messe Web
コラピントがファイナルラップのオーバーテイクで初優勝掴む。宮田莉朋14位|F2イモラスプリント
コラピントがファイナルラップのオーバーテイクで初優勝掴む。宮田莉朋14位|F2イモラスプリント
motorsport.com 日本版
道譲らないとダメ? たまに遭遇する「民間の緊急車両」どう対応すればいいのか
道譲らないとダメ? たまに遭遇する「民間の緊急車両」どう対応すればいいのか
乗りものニュース
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
くるまのニュース
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第5回】好発進から一転。“少し感情的になった”ケビンと今後のアプローチを話し合い
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第5回】好発進から一転。“少し感情的になった”ケビンと今後のアプローチを話し合い
AUTOSPORT web
「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?
「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?
AUTOSPORT web
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
AUTOCAR JAPAN
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
Auto Messe Web
スズキ「ジムニー」自衛隊車両に!? ファンの夢を形にした「新型」佐賀地本が公開
スズキ「ジムニー」自衛隊車両に!? ファンの夢を形にした「新型」佐賀地本が公開
乗りものニュース
豪州からの刺客が続々。キャメロン・ウォーターズにRSC首位ウィル・ブラウンがNASCARカップ参戦へ
豪州からの刺客が続々。キャメロン・ウォーターズにRSC首位ウィル・ブラウンがNASCARカップ参戦へ
AUTOSPORT web

みんなのコメント

16件
  • トヨタが一番燃費良いね。
  • 国産他社の自動車メーカーがトヨタハイブリッドシステムを
    マネしようとしてもまったく作れなかった、かなり高度なハイブリッド技術らしい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

344.0396.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.0632.4万円

中古車を検索
ヴォクシー ハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

344.0396.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.0632.4万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村