サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 失敗続きだった「小さい高級車」とノートオーラが成功した理由

ここから本文です
 ノートオーラの躍進がつづいている。2022年5月のノートシリーズ(ノート、ノートオーラ、ノートオーテック、ノートオーテッククロスオーバー)の販売台数は6626台、そのうち2756台がノートオーラ(NISMO含む)と、ベースのノートよりも60万も高いのにも関わらず、約4割もオーラが占めている状況だ。

 これまで、国産車において「プレミアムコンパクト」を名乗るモデルは、どれも失敗していた。メディアの評価はそこそこよかったにもかかわらず、市場では評価されず、長続きせずに消滅していった。なぜ、国産プレミアムコンパクトは失敗続きだったのか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン