サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > THEスポーツカーの空力ボディ! 初のロータリー搭載ピュアスポーツ「初代RX-7」とは

ここから本文です
走りにこだわったエンジンとハンドリングに注目

 マツダが世界で唯一量販化したロータリー・エンジンを、最初に搭載してリリースされた市販モデルは1967年に登場した2シーターのコスモスポーツでした。当時としては群を抜くハイパフォーマンスを発揮していましたが、これがスポーツカーか、となると意見が分かれるところです。ところが、1978年に登場したサバンナRX-7がスポーツカーであることは疑いを挟む余地がありません。そんなサバンナRX-7を振り返ります。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン