現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタRAV4のハイブリッドに待望のアドベンチャー顔!…価格は約380万円!? 

ここから本文です

トヨタRAV4のハイブリッドに待望のアドベンチャー顔!…価格は約380万円!? 

掲載 更新 2
トヨタRAV4のハイブリッドに待望のアドベンチャー顔!…価格は約380万円!? 

■RAV4アドベンチャーにハイブリッドがなかった理由
新型ランドクルーザー(300系)のオフロード試乗会場に意味アリ気に展示されていたのが、トヨタハイブリッドのシンボルマークを付けたRAV4アドベンチャーだ。

RAV4ハイブリッド アドベンチャーはこの9月、欧州で2022年モデルとして先行発表されている。だが、展示車は完全な日本仕様。つまり、国内向けのプロトタイプである。

トヨタ「大変残念」…日本製鉄がトヨタと中国の鋼鉄大手を特許侵害で提訴

【画像】RAV4はやっぱりこの顔だよね…人気のアドベンチャー

RAV4の国内販売比率はガソリン車がハイブリッド車(HV)を上まわっている。なかでも人気を牽引してきたグレードが、現行RAV4のキャラクターを象徴するアドベンチャー。いっそうワイルドな専用エクステリアやスポーティシートなどを備え、ユーザーからもHVの登場を望む声は少なくなかったに違いない。

これまでアドベンチャーにHVが設定されなかった最大の理由は、4WDシステムにある。アドベンチャーの世界観にもっとも似合うのは、悪路走破性やラフロードのハンドリングを高めた新開発のダイナミックトルクベクタリングAWDとマルチテレインセレクトの組み合わせ。つまり、ガソリン車というわけだ。

しかし、HVアドベンチャー プロトタイプの4WDは従来のRAV4 HVと同じく、後輪モーター駆動のE-Four(+トレイルモード)である。

プロトタイプを眺めまわすと、ほかにも既存のRAV4とは異なる点が散見できる。

LEDヘッドライトは内部が新しいデザインで、フォグランプも新たにLED化。マット塗装のアルミホイールも新意匠だ。室内では、ルームランプにLEDを採用。コンソールのドリンクホルダーは細い缶にも対応すべく、可動式のツメが増設されている。基本的には前述した欧州向けの2022年モデルと共通のようだ。

一方、バンパーやグリルといった大物は従来のまま。現行型は国内発売から2年半、北米では3年を迎えるが、開発担当者によれば、とりあえず定例のマイナーチェンジは行われないようだ。新意匠のヘッドライトをグレードに応じて採用するなど、一部改良にとどまるもよう。販売はグローバルで好調が続いており、それなりのコストをかけてまで変える理由は見当たらない。


■CO2削減のための第一歩

話を戻すと、アドベンチャーがダイナミックトルクベクタリングAWDを理想とした点からすると、HV+E-Fourの搭載はお客様ニーズに応えるための妥協ということになるが…。

この点を、開発を指揮した佐伯禎一さん(現SUV事業性チーフプロジェクトリーダー)に突っ込むと、いわく「RAV4の将来に向けた一手」。

RAV4は昨年PHVの発売で電動化が強化されたが、フロントフェイスが2段グリルの標準タイプがベース。アドベンチャーはこのHVが初の電動化であり、将来のカーボンニュートラル実現に向けた新しいステップだという。確かにRAV4シリーズ全体でCO2排出量をさらに削減するなら、ガソリン車よりHVの販売比率を高める必要がある。

世界的な半導体不足やコロナ禍といった不安定要素で、国内の導入時期はまだ明言できないとか。それでも「(2021)年内には何とか発売したいと思ってがんばっています」(佐伯さん)というから、期待していいはずだ。現在のハイブリッドGとG“Zパッケージ”の価格差(49万円)からすると、値付けは380万円あたりか!?

〈文=戸田治宏 写真=澤田和久〉

こんな記事も読まれています

スバルはブース全体で4Rを意識して環境に配慮、電気はバイオマス…人とくるまのテクノロジー展2024
スバルはブース全体で4Rを意識して環境に配慮、電気はバイオマス…人とくるまのテクノロジー展2024
レスポンス
2024年カンヌ国際映画祭でBMWがナオミ キャンベルとコラボしたショーカー「BMW XM ミスティーク アリュール」
2024年カンヌ国際映画祭でBMWがナオミ キャンベルとコラボしたショーカー「BMW XM ミスティーク アリュール」
AutoBild Japan
ホンダ『N』の魅力大研究 ~人気シリーズ全車解説&ライバル比較~
ホンダ『N』の魅力大研究 ~人気シリーズ全車解説&ライバル比較~
グーネット
東京の謎の並行道路「五日市街道」「井ノ頭通り」どう違うの!? どちらが使いやすい? 至近距離に2本も道路がある「歴史的理由」とは
東京の謎の並行道路「五日市街道」「井ノ頭通り」どう違うの!? どちらが使いやすい? 至近距離に2本も道路がある「歴史的理由」とは
くるまのニュース
ランボルギーニの新型スーパーカー、V8ツインターボ+3モーターで900馬力超え…『ウラカン』後継
ランボルギーニの新型スーパーカー、V8ツインターボ+3モーターで900馬力超え…『ウラカン』後継
レスポンス
ジャパンモビリティショー2024はビジネスイベントに…10月に幕張メッセでの開催が決定
ジャパンモビリティショー2024はビジネスイベントに…10月に幕張メッセでの開催が決定
レスポンス
運転士不足の特効薬として大型のバスやトラックにもAT限定免許を導入! でも大型車はまだまだMTだらけという現状
運転士不足の特効薬として大型のバスやトラックにもAT限定免許を導入! でも大型車はまだまだMTだらけという現状
WEB CARTOP
1.6Lターボ搭載のレクサス「小さな高級車」実車展示! 黄色アクセントのスポーティ仕様「LBX MORIZO RR」 どんな特徴?
1.6Lターボ搭載のレクサス「小さな高級車」実車展示! 黄色アクセントのスポーティ仕様「LBX MORIZO RR」 どんな特徴?
くるまのニュース
[おすすめ工具] 輸入工具に強いワールドインポートツールズ横浜で見つけた、ガレージに常備したい工具×7選
[おすすめ工具] 輸入工具に強いワールドインポートツールズ横浜で見つけた、ガレージに常備したい工具×7選
WEBヤングマシン
限定341台! ドゥカティがアイルトン・セナに敬意を表した「モンスター・セナ」を発売
限定341台! ドゥカティがアイルトン・セナに敬意を表した「モンスター・セナ」を発売
バイクのニュース
ダイハツ・タントとスバル・シフォンの10万台超をリコール…スタビライザが折損
ダイハツ・タントとスバル・シフォンの10万台超をリコール…スタビライザが折損
レスポンス
日野自動車がエンジン認証不正再発防止策の進捗を報告…ISO9001認証取得など
日野自動車がエンジン認証不正再発防止策の進捗を報告…ISO9001認証取得など
レスポンス
【ホンダ初代モンキーZ50M】(1967年)を詳細解説「遊園地の乗り物から発展した公道最小のバイク」
【ホンダ初代モンキーZ50M】(1967年)を詳細解説「遊園地の乗り物から発展した公道最小のバイク」
モーサイ
中国・台湾で暮らした私が「ライドシェア」をもっと推進すべきと考える当然の理由 “日本版”は明らかな失敗作である!
中国・台湾で暮らした私が「ライドシェア」をもっと推進すべきと考える当然の理由 “日本版”は明らかな失敗作である!
Merkmal
ホンダ・フィット ハイブリッドが3代目で初登場、シンプルで高効率なシステムが話題に【10年ひと昔の新車】
ホンダ・フィット ハイブリッドが3代目で初登場、シンプルで高効率なシステムが話題に【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
【最新モデル試乗】素直でプレーン、そしてリーズナブル。ホンダWR-Vに愛着がわく理由
【最新モデル試乗】素直でプレーン、そしてリーズナブル。ホンダWR-Vに愛着がわく理由
カー・アンド・ドライバー
ベントレーの第4世代「コンチネンタルGT」が登場、新しいパワートレイン「ウルトラパフォーマンスハイブリッド」を搭載
ベントレーの第4世代「コンチネンタルGT」が登場、新しいパワートレイン「ウルトラパフォーマンスハイブリッド」を搭載
@DIME
三菱「新型“タフ系”SUV」世界初公開へ! 伝説の「パジェロ」復活か? 三菱事業計画で“本格四駆”の存在「匂わせた」? 26年度以降に米に登場へ
三菱「新型“タフ系”SUV」世界初公開へ! 伝説の「パジェロ」復活か? 三菱事業計画で“本格四駆”の存在「匂わせた」? 26年度以降に米に登場へ
くるまのニュース

みんなのコメント

2件
  • そうさぁ~
    いまこっそ
  • 「既存の」っていう言い方、「まだ残っている」みたいに聞こえ、なんか嫌です。
    「現行(モデル)の」で良くないですか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

353.8563.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

59.1565.0万円

中古車を検索
RAV4ハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

353.8563.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

59.1565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村