サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 名門中の名門クラウンはどこへゆく…? 偉大な歴史と揺れる進化の行方

ここから本文です

 「いつかはクラウン」のキャッチコピーで知られ、日本を代表する高級車として60年以上君臨してきたトヨタのクラウン。だが、近年はかつてほどの勢いがなく、シリーズ存続の危機やSUVのみへの転向もウワサされている。クラウンとはどんなクルマだったのか? 今回は、転換期に立つクラウンの歴史を振り返るとともに、社会に与えた影響なども考察していこう。

文/長谷川 敦、写真/トヨタ

スポーツEVはMR2の再来か!? S660終了で渇望されるミドシップスポーツの正体

[gallink]

日本の復興をけん引した功労者

記念すべきクラウンの初代モデル。1.5リッターエンジンは48馬力を発生し、公称最高速度は100km/h。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン