現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なんか家より快適じゃね? 最近のクルマのスゴすぎて「なんじゃこりゃ~!」な室内装備5選

ここから本文です

なんか家より快適じゃね? 最近のクルマのスゴすぎて「なんじゃこりゃ~!」な室内装備5選

掲載 14
なんか家より快適じゃね? 最近のクルマのスゴすぎて「なんじゃこりゃ~!」な室内装備5選

 この記事をまとめると

■自宅のリビングにいるように感じられるクルマの快適装備を紹介

クルマ好きたるもの全部知っておくべし! インパネとか一括りにできないクルマの室内の各部の名前

■飛行機のファーストクラスをイメージしたようなシートまでも存在する

■匂いや音でドライバーや車内を癒すようなシステムも搭載されている

 まるで家にいるような車内がいま増えている!?

 クルマで移動することが多い人なら、その時間を極上のものにしてくれる快適性を重視したいものですよね。ひと昔前なら、それはシートの座り心地や広さ、静かさや乗り心地の良さなどが指標となっていたのではないでしょうか。

 でもいまや、自宅のリビングより快適かもしれない? なんて思ってしまうほど、最新モデルの快適装備は進化しています。ここで代表的なものをご紹介したいと思います。

 まずは、プライベートジェット機のプレミアムシートを目指したという、新型アルファード/ヴェルファイアの2列目シート。しっかりと足を支えてくれるオットマンや折りたたみテーブル、手もとでエアコンやオーディオ、サンシェードやランプなどなんでもタッチパネルで操作できるタブレット型のリヤマルチオペレーションパネルなど、見るからに至れり尽くせりなシートなのですが、そこには夢のマッサージ機能が進化して搭載されています。

 タブレット操作でリラクゼーションをタッチすると、大腿部から肩までを心地よくエアポンプの力で押してくれ、しかも強弱が選べるようになっています。あまりグイグイと指圧されるような感じではないですが、オンにしているといつの間にか眠りについてしまいそうな心地よさ。多忙を極めるビジネスマンや、育児に奮闘するパパ、ママなどは移動時間をリフレッシュする時間にできそうです。

 続いては、夏がどんどん過酷な暑さになっているいま、求める人が多くなりつつあるのがシートベンチレーション。シートの座面や背もたれを温めてくれるシートヒーターは、軽自動車にも搭載されるくらいポピュラーな快適装備になっていますが、シートベンチレーションは、シートから風を送り出したり空気を吸い込んで送風することで、シートに接している身体を冷やしてくれる装備です。

 高級車など一部のクルマに装備されはじめ、乗車中に汗をかいてもベタベタせず、身体が冷えるのでエアコンの設定も控えめで済むなど、メリットを感じている人が多いようです。レクサスLXやES、マツダCX-60などに搭載されています。

 クルマがほかにない癒し空間に!

 次に、クルマの電動化が進んでくると、とくにBEVは走行中も静かな室内が保たれるわけですが、それを生かして「音」による移動時間の演出を行うモデルが多くなってきました。

 たとえばヒョンデIONIQ5に初めて試乗したときには、東京都心からスタートしたのに、今日はやけに鳥のさえずりが多く聞こえるなぁ、なんて思いながら走っていたのですが、それは実際に鳥が鳴いているのではなく、IONIQ5に搭載されている「自然の音」というものだったのです。

 ディスプレイのメニューから「自然の音」を選択すると、鳥のさえずりだけでなく、暖炉の音、雨の音、雪が積もる音といった、聞いていて心が癒されるような音がラインアップされています。

 これはヒョンデのニューモデルであるKONAではさらに進化していて、「春の訪れ」「夏夜のひととき」「瞑想の時間」といったさまざまなテーマの音が流れるようになっています。好きな音を選んで、移動しながら心を整えられるというのがいいですね。

 続いて、音の次は香り。メルセデス・ベンツの多くのモデルには、グローブボックスの内部に「パフュームアトマイザー」が設置できるようになっていて、上質なムードを演出する上質なアロマがたくさん用意されています。

 花やウッド、シトラスといった自然の香りもあるのですが、メルセデスらしい香りといえば、AMGらしいエキサイティングなドライビングを演出するための「AMG#63」や、さわやかでスポーティな気分を盛り上げる「SPORTS MOOD」といったものもあります。香りのオン、オフも選べるようになっているので、自分以外の香りが苦手な人が同乗するときでも安心です。

 さて、昨今はルーフいっぱいまでガラスになっているような、いわゆるパノラマルーフを採用するモデルが増えている印象ですが、なんといってもメリットは解放感がアップし、室内が明るくなるというところ。後席に座る人の圧迫感もやわらぐので、どの席でも心地よく過ごせる室内になるというのも、人気の理由でしょう。

 ただし、夏場などよく晴れている日にずっと乗っていると、いくらUVカット機能があるガラスで、シェードも備えているとはいえ、直射日光恐るべし。エアコンの効きが悪くなってきたり、頭を触ってみると熱くなっていてビックリしたり。やはり、暑さには弱いことがわかります。

 でも、トヨタ・ハリアーやレクサスRZなどに採用されているパノラマルーフは、サンシェードを廃止した代わりに、スイッチを押すだけで遮光機能がオンになり、光と熱を遮ってくれるようになっているのです。

 これは、シェードレス化にあわせて紫外線99%カットのガラスを採用し、遮熱・断熱効果のある「Low-Eコート」で直射日光や紫外線を遮断して室内を快適に保つことを可能にしているもの。パノラマルーフは欲しいけど、暑いのは困るという人は、これなら安心だと思います。

 というわけで、クルマのなかで過ごす時間が多いという人は、ぜひ最新の快適装備に注目してみてくださいね。

こんな記事も読まれています

26年落ちスバル「インプレッサ」が約2000万円!? 修復歴ありでも「超極上」! 感涙モノの「爆レアマシン」米で落札に「嫉妬で狂いそう」! なにがそんなに”大事件”だったのか
26年落ちスバル「インプレッサ」が約2000万円!? 修復歴ありでも「超極上」! 感涙モノの「爆レアマシン」米で落札に「嫉妬で狂いそう」! なにがそんなに”大事件”だったのか
くるまのニュース
[15秒でわかる]日産『インタースター』新型…初の大型商用EVも設定
[15秒でわかる]日産『インタースター』新型…初の大型商用EVも設定
レスポンス
なんと首都高は路肩の雪をすべて人力で除雪していた! いくらなんでも丁寧すぎないか?【清水草一の道路ニュース】
なんと首都高は路肩の雪をすべて人力で除雪していた! いくらなんでも丁寧すぎないか?【清水草一の道路ニュース】
ベストカーWeb
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは
Auto Messe Web
2月24日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
2月24日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
Auto Prove
ベストバイは、フラッグシップの「SPORT RS」で決まり! トヨタ・クラウンスポーツPHEVモデル 試乗インプレッション
ベストバイは、フラッグシップの「SPORT RS」で決まり! トヨタ・クラウンスポーツPHEVモデル 試乗インプレッション
月刊自家用車WEB
FIA F2参戦ダムス・ルーカスオイルがB.R.Mと複数年契約。コラボレーションウォッチも登場
FIA F2参戦ダムス・ルーカスオイルがB.R.Mと複数年契約。コラボレーションウォッチも登場
AUTOSPORT web
マツダが新型「軽自動車」発表! “鼓動”感じるスポーティな「ターボエンジン」搭載! マツダ初の「先進機能」も採用した“期待の新型モデル”に反響多数!
マツダが新型「軽自動車」発表! “鼓動”感じるスポーティな「ターボエンジン」搭載! マツダ初の「先進機能」も採用した“期待の新型モデル”に反響多数!
くるまのニュース
えっまだ売ってたの?……日本ではそんな存在!? クライスラー復活の象徴だった「300C」がひっそり終売していた
えっまだ売ってたの?……日本ではそんな存在!? クライスラー復活の象徴だった「300C」がひっそり終売していた
WEB CARTOP
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「日産 スカイラインGT-R」から全4問!
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「日産 スカイラインGT-R」から全4問!
レスポンス
レーシング・ブルズのリカルド、テスト2日目は5番手。マシンに好感触も「アストンのようなおとぎ話にはならない」
レーシング・ブルズのリカルド、テスト2日目は5番手。マシンに好感触も「アストンのようなおとぎ話にはならない」
AUTOSPORT web
レッドブル&フェルスタッペンの走りに開幕前から諦めムード? アロンソ「19人のドライバーは今季タイトルが無理だと分かっている」
レッドブル&フェルスタッペンの走りに開幕前から諦めムード? アロンソ「19人のドライバーは今季タイトルが無理だと分かっている」
motorsport.com 日本版
スバル「新型SUV」実車公開! 斬新「光るフェンダー」&ブルー×グレーツートン採用!イエローライトもカッコイイ「アウトバック」市販化の可能性は?
スバル「新型SUV」実車公開! 斬新「光るフェンダー」&ブルー×グレーツートン採用!イエローライトもカッコイイ「アウトバック」市販化の可能性は?
くるまのニュース
【2024年F1新車情報:レッドブル】独自の哲学で進化を遂げたRB20。新たなインレットが登場
【2024年F1新車情報:レッドブル】独自の哲学で進化を遂げたRB20。新たなインレットが登場
AUTOSPORT web
ビッザリーニ、日本市場に進出:復活のV12スーパーカー
ビッザリーニ、日本市場に進出:復活のV12スーパーカー
レスポンス
ハミルトン「メルセデスはまだ望んだ場所にはいない」テストで改善確認もトップまで遠いと認識
ハミルトン「メルセデスはまだ望んだ場所にはいない」テストで改善確認もトップまで遠いと認識
motorsport.com 日本版
【開幕前テストの要点/2日目】期待高まる今季の角田裕毅。難コーナーで見えたレーシング・ブルズ新車の素性の良さ
【開幕前テストの要点/2日目】期待高まる今季の角田裕毅。難コーナーで見えたレーシング・ブルズ新車の素性の良さ
AUTOSPORT web
スペックや装備表といくらにらめっこしてもダメ! 長く愛せるクルマかどうかを見極める至極単純な要素とは?
スペックや装備表といくらにらめっこしてもダメ! 長く愛せるクルマかどうかを見極める至極単純な要素とは?
WEB CARTOP

みんなのコメント

14件
  • umi********
    なんか家というより火葬場みたいな車が紛れてるね
  • kit********
    家にはエアコンがなくても車にはカーエアコンが付いている。家にはラジカセしかなくても車にはカーステレオが付いている。昔はこんな人がたくさんいました。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

540.0872.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.02299.0万円

中古車を検索
アルファードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

540.0872.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.02299.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村