サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「あえて邪道を突き進むR31スカイライン改」SR20DET+Vマウント化で旋回性能に磨きをかける!

ここから本文です

「あえて邪道を突き進むR31スカイライン改」SR20DET+Vマウント化で旋回性能に磨きをかける!

6気筒の拘りを捨ててハンドリング重視の4気筒化に挑む!

オーバーハングの軽量化を狙ってVマウント化も実行

「あえて邪道を突き進むR31スカイライン改」SR20DET+Vマウント化で旋回性能に磨きをかける!

7代目のR31型、通称“セブンス”スカイラインの登場は1985年8月。当初は4ドアセダン/ハードトップ、ワゴンでの展開だったが、翌86年5月に2ドアクーペがラインナップされた。

エンジンは2.0L直6のRB20シリーズを軸に展開され、ツインカムターボDET(180ps/23.0kgm)、ツインカムDE(グロス165ps/19.0kgm)、シングルカムE(グロス130ps/18.5kgm)の3種類が用意された。

ここで紹介する車両は、7thスカイラインの専門ショップとして有名な“R31ハウス”が手がけたチューンド。そのアプローチは非常に独特で、なんとスカイラインオーナーが拘りがちな6気筒エンジンに見切りを付け、S15用のSR20DETを搭載しているのである。

さらにインタークーラーとラジエターをワンオフでVマウント化。フロントオーバーハングの重量を軽減させて、徹底的に回頭性能の向上を狙ったのだ。

タービンはS15純正のままだが、それでも4気筒エンジンのパンチは6気筒のスムーズさに負けない魅力がある。エンジンマネージメントはシルビア純正ECU+トラストのeマネージだ。

エンジン換装と同時に、ミッションもS15シルビア用の6速を搭載してギヤ比を最適化。アピールする意味も込めて(!?)シフトレバーもシルビア純正を使っている。

また、年式的にも不安になってくるハブ&ブレーキ周辺も抜かりなし。フロントサスペンションは、S15シルビアやR32スカイラインのパーツを組み合わせながら移植している。

5穴ハブ化した上で、ホイールにはツインスポークが美しい18インチのAVSモデル5をチョイス。タイヤにはポテンザRE-01(F225/40-18 R255/35-18)を組み合わせる。

ブレーキは前後ともR32スカイラインのキャリパー(F4ポット R2ポット)を流用して強化済みだ。

室内はノーマルの雰囲気を活かしつつ、メーターパネルにスタックのST8100をビルトイン。信頼性はもちろん、最新チューンド感を演出する。

カーボンボンネットをはじめ、外装を覆うエアロパーツは全てR31ハウスのオリジナル製品だ。

「軽快感は随一ですね。直6で煮詰めて行くのが正攻法ですが、あえて変化球で攻めるのもアリだと思うんですよね」とはR31ハウスの柴田さん。これまでに様々な仕様を手がけてきた専門チューナーの金言、さすがに説得力があるというものだ。

●取材協力:R31ハウス 岐阜県加茂郡坂祝町黒岩1081 TEL:0574-28-0899

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します