サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マンション住まいで「EV」買える? 充電設備はどこに置く? 設置費用や電気代…クリアすべき課題とは

ここから本文です

■普通充電設備の設置費用 補助金で実質30万円

 このところ、さまざまなバッテリーEV(BEV)の新型車が登場し、今後さらに需要が拡大しそうなのが「EV用充電設備」です。

【画像】シートがソファ!? 軽のクオリティ超えた新型EV 日産「サクラ」実車を見る(34枚)

 すでに全国の高速道路のSA/PAや道の駅、ショッピングモール、コンビニ、ホテルなどに設置が進んでいますが、普段生活している住宅地などにも充電設備の設置が急がれるところです。

 とくにマンションなど集合住宅に住んでいる人にとって、敷地内の駐車場に充電設備を設置してほしいところですが、残念ながら越えるべきハードルがいくつもあって普及が遅れているのが現状です。

おすすめのニュース

サイトトップへ