サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 商品開発にも影響絶大!? N-BOX大ヒットで変わったホンダ車の功罪

ここから本文です

 2020年度も軽販売No.1。N-BOXのバカ売れがホンダに招いた功と罪とは?

 2017年以降、国内販売の1位はホンダ N-BOXの独走状態だ。今ではN-WGNも堅調に売れて、2020年度に国内で売られたホンダ車のうち、54%を軽自動車が占めた。

まさに「ポスト・クラウン」!? 今年が勝負! 岐路に立たされたクルマたち

 過去を振り返ると、1990年頃のホンダの軽自動車比率は35%、乗用車に限れば14%程度だった。2000年頃でも、ホンダの乗用車における軽自動車比率は約35%だったから、N-BOXの登場で大幅に拡大した。

 このように軽自動車の販売比率が増えると、ホンダにはさまざまな影響が生じる。そこを考えたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ