現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 加速ヤバい! 300馬力のホンダ「爆速高級ミニバン」に驚いた人多数!? 超大型なのに「速すぎる」最強仕様が凄かった!

ここから本文です

加速ヤバい! 300馬力のホンダ「爆速高級ミニバン」に驚いた人多数!? 超大型なのに「速すぎる」最強仕様が凄かった!

掲載 78
加速ヤバい! 300馬力のホンダ「爆速高級ミニバン」に驚いた人多数!? 超大型なのに「速すぎる」最強仕様が凄かった!

■ホンダの「爆速ミニバン」に反響集まる!

 トヨタは2023年6月に、新型高級ミニバン「アルファード」と「ヴェルファイア」を発売。
 
 また2023年秋にはレクサスブランドの新型高級ミニバン「LM」を日本でも発売することを公表していることから、日本の大型高級ミニバン市場が活気づいています。
 
 その2台の中でも、最大出力279馬力をというハイパワーを発揮する新型ヴェルファイアが高い注目を集めていますが、実はホンダは過去に新型ヴェルファイア以上にパワフルな「高級大型ミニバン」を販売していました。

【画像】この顔は恐すぎ!? 中国仕様のホンダ「エリシオン」の凄いデザインを見る(52枚)

 そのクルマとは、ホンダが2007年に発売した「エリシオン プレステージ」。

 上級ミニバン「エリシオン」ベースにさらなるハイパワー&高級化したモデルで、そのボディサイズは全長4920mm×全幅1845mm×全高1790-1810mmと、現在のホンダの国内ラインナップには存在しない巨大な車体に300馬力の大パワーを発揮するエンジンを搭載した、ホンダ史上もっともパワフルな大型高級ミニバンでした。

 ベース車のエリシオンは、当時のホンダのラインナップにおける最大サイズのミニバンだった「オデッセイ」を上回る全長や全幅、全高を持つ、より大型のモデルとして2004年に登場。

 上位グレードには最高出力250馬力を発揮する3リッターV型6気筒エンジンをラインナップし、加速力や走行性能に一切の不足もなく快適な走行を可能としていましたが、ライバル車であるトヨタ「アルファード」や日産「エルグランド」との販売競争で優位に立つべく、ホンダはさらなる上位モデルの開発を決行します。

 それが先述した最上位ミニバンとなるエリシオン プレステージでした。

 同車が新たに採用した3.5リッターV型6気筒エンジンは、当時のホンダの最高級セダンである「レジェンド」に当時搭載していたエンジンと同じもの。

 そのスペックは最高出力300馬力・最大トルク36.0kgm。この巨大なパワーは1940kgというエリシオン プレステージのボディを軽々と動かすもので、0-100km/h加速が7秒台前半という、スポーツカー並みの性能を大型ミニバンで発揮します。

 これに加えて、プレステージ専用の迫力を増したフロントデザインとも相まって、当時は「国産最強・最速のミニバン」と評価されていました。

 このエリシオン プレステージについてはSNSでも様々な評価が投稿されており、「乗っていたけど本当にミニバンとは思えないほど鋭い加速が凄かった」「速いだけじゃなくてシートの快適さや乗り心地が最高だった」「3列目もゆったり乗れたし今でも最高のミニバンだと思ってる」など、所有あるいは乗ったことのある人からの高い評価が見られます。

 また、「エリシオンはステップワゴンやオデッセイとは違うフォーマルな性格も良かった」「独特な世界観があったよね~」「また作って欲しい!」「もし販売が続いていたらアルファードのライバルとして進化していたのかな?」といった、ホンダに新しいエリシオンを作って欲しいという声も。

 そのほか、「快適でエンジンフィールも良く運転も楽しい最高のクルマだっったけど、燃費は悪かった…」「ほとんど一人乗りで使っていたからもったいなかったな」「シートは分厚くて座り心地がいい反面、荷室は意外にも狭いクルマだった。6人乗り高級セダンって感じ」と、大きくて重いボディゆえの欠点などに言及する人もいました。

※ ※ ※

 ホンダ渾身の大型高級ハイパワーミニバンだったエリシオン プレステージですが、残念ながらライバルを上まわるほどの人気を獲得するには至らず、ベースモデルのエリシオンとともに、2013年には生産を終了しました。

 しかし、エリシオン プレステージのミニバンらしからぬ加速性能や運転の楽しさは現在においてファンから支持されており、フル加速の速さを紹介する動画もSNSなどで見られます。

こんな記事も読まれています

スポーツカーでもミニバンでもOKだった! でも技能検定車には基準あり! 知られざる「教習車」の選ばれ方を元教習所教官が解説
スポーツカーでもミニバンでもOKだった! でも技能検定車には基準あり! 知られざる「教習車」の選ばれ方を元教習所教官が解説
WEB CARTOP
電動アシスト自転車、24年モデルが続々ラインアップ…新型ヤマハ『PAS』のバラエティ豊かな5機種を一挙紹介
電動アシスト自転車、24年モデルが続々ラインアップ…新型ヤマハ『PAS』のバラエティ豊かな5機種を一挙紹介
レスポンス
「本田宗一郎とともにホンダを創業した藤澤武夫の功績」【自動車業界の研究】
「本田宗一郎とともにホンダを創業した藤澤武夫の功績」【自動車業界の研究】
LE VOLANT CARSMEET WEB
金色”ド迫力”エアロが凄い日産「新型GT-R」実車公開へ! 極太センターマフラー&巨大ウィングで「最高の称号」も獲得!? ゴールデンな爆裂エレガントモデルとは
金色”ド迫力”エアロが凄い日産「新型GT-R」実車公開へ! 極太センターマフラー&巨大ウィングで「最高の称号」も獲得!? ゴールデンな爆裂エレガントモデルとは
くるまのニュース
運気アップなドライブがしたい人は要チェック!【週末ドライブ占い】2024年4月20~21日
運気アップなドライブがしたい人は要チェック!【週末ドライブ占い】2024年4月20~21日
月刊自家用車WEB
山形の「ヨコ軸」が延伸! 東北中央道につながる快走路「新庄古口道路」2024年度全通
山形の「ヨコ軸」が延伸! 東北中央道につながる快走路「新庄古口道路」2024年度全通
乗りものニュース
ハミルトンの後任候補アントネッリがメルセデスで初のF1テスト「F1のパワーとダウンフォースを味わえて最高の気分」
ハミルトンの後任候補アントネッリがメルセデスで初のF1テスト「F1のパワーとダウンフォースを味わえて最高の気分」
AUTOSPORT web
10年ぶりの全面改良で4代目になった「ミニ3ドア」はどう進化? EVの「クーパーSE」とガソリン車「クーパーS」はなぜサイズもデザインも微妙に違う?
10年ぶりの全面改良で4代目になった「ミニ3ドア」はどう進化? EVの「クーパーSE」とガソリン車「クーパーS」はなぜサイズもデザインも微妙に違う?
VAGUE
トヨタが全長5m「新型ラージSUV」発売! 17年ぶり復活エステートやランドスケープ実車展示! 全国でアクティブライフ発信へ
トヨタが全長5m「新型ラージSUV」発売! 17年ぶり復活エステートやランドスケープ実車展示! 全国でアクティブライフ発信へ
くるまのニュース
【インタビュー】元SBKライダーのチャズ・デイビス選手が解説する、電動バイクレースMotoEの戦い方
【インタビュー】元SBKライダーのチャズ・デイビス選手が解説する、電動バイクレースMotoEの戦い方
バイクのニュース
懐かしのオープン軽トラ「バモスホンダ」を2台所有! 2年がかりでカタログと同じ仕様に仕上げたアンデスイエローの美車を紹介します
懐かしのオープン軽トラ「バモスホンダ」を2台所有! 2年がかりでカタログと同じ仕様に仕上げたアンデスイエローの美車を紹介します
Auto Messe Web
エクリプスクロスにディーゼル追加も1年で廃止!? PHEV追加で商品力爆増!! 定期的な改良で商品力をキープ
エクリプスクロスにディーゼル追加も1年で廃止!? PHEV追加で商品力爆増!! 定期的な改良で商品力をキープ
ベストカーWeb
【MotoGP】ランキング首位好調マルティン、ライバルはやっぱりバニャイヤ? 「マルケスやアコスタもいる」と警戒
【MotoGP】ランキング首位好調マルティン、ライバルはやっぱりバニャイヤ? 「マルケスやアコスタもいる」と警戒
motorsport.com 日本版
特別仕様車は限定8,000台! トヨタ「ランドクルーザー」、中核モデルの新型車「250」シリーズ発売
特別仕様車は限定8,000台! トヨタ「ランドクルーザー」、中核モデルの新型車「250」シリーズ発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
【ハーレー】6/1に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」ライブステージの出演者を発表!
【ハーレー】6/1に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」ライブステージの出演者を発表!
バイクブロス
元世界チャンプ「北川圭一」氏がアナタにアドバイス!2024年度の「スズキ北川ライディングスクール」は4回開催!  
元世界チャンプ「北川圭一」氏がアナタにアドバイス!2024年度の「スズキ北川ライディングスクール」は4回開催!  
モーサイ
ハンモックの最高傑作が上陸! 3秒設置で軽くて丈夫なポータブルハンモック「anymaka(エニーマカ)」【車に積みたいアウトドアアイテム】
ハンモックの最高傑作が上陸! 3秒設置で軽くて丈夫なポータブルハンモック「anymaka(エニーマカ)」【車に積みたいアウトドアアイテム】
月刊自家用車WEB
マツダ、3列シートの新型SUV「CX-80」を世界初公開 日本は年内発売
マツダ、3列シートの新型SUV「CX-80」を世界初公開 日本は年内発売
日刊自動車新聞

みんなのコメント

78件
  • エリシオンに乗った事ありますがハッキリ言って高級感は足りなかった。
    ホンダに高級車を作るのは無理だと感じた車です。
  • これはアルファードと違って上品な人が乗ってるよなあ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

297.0361.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.0136.0万円

中古車を検索
エリシオンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

297.0361.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.0136.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村