サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヒットの法則389】カイエン GTSはポルシェらしい「スポーツカーのようなSUV」だった

ここから本文です
2007年秋、初代ポルシェ カイエンに新グレード「GTS」が登場。「GTS」というモデル名は、快適な長距離走行と優れたスポーツ性能を高いレベルで両立させたモデルだ。カイエンGTSはどんなモデルに仕上がっていたのか。ここではポルトガルで行われた国際試乗会の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2008年1月号より)

俊敏な動力性能と印象的なエクステリア
フェイスリフトされたカイエンの販売は相変わらず絶好調である。生産を担当するライプチヒ工場は現在、日産180台というペースでフル稼働していて、これ以上の増産は不可能なほどだという。

おすすめのニュース

サイトトップへ