現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【功労車のボヤき】「オペルとは思えないほどイカしてる!」というトホホな褒め言葉に涙した日もあったけど……。オペル一族の逆襲!?

ここから本文です

【功労車のボヤき】「オペルとは思えないほどイカしてる!」というトホホな褒め言葉に涙した日もあったけど……。オペル一族の逆襲!?

掲載 更新 4
【功労車のボヤき】「オペルとは思えないほどイカしてる!」というトホホな褒め言葉に涙した日もあったけど……。オペル一族の逆襲!?

いいえ、電気会社ではありません

はぁ~。

【功労車のボヤキ】シリーズの過去記事はこちら

最近じゃ「OPEL(オペル)」と、堂々と名字を名乗ったところで、そんなメーカーは知らないって人ばかり……。

挙句の果てに、フロントグリルの稲妻マークを見て、どこの電気会社っすか? なんて訊かれる始末……。

さらに、生まれはドイツだって言うと本気で意外な顔をされるし。1899年から自動車の製造を始めて、かつては(といっても第一次世界大戦前の話だけど)あのベンツと肩を並べるメーカーだったんだぞ、なんて自慢しようものなら、さらに驚かれる。

あぁ、ワーゲン、ベンツ、ビーエム、アウディ、ポルシェと、同胞たちは今もみんな元気に頑張っているのに……。わがオペル一族ときたら、なんでこんなことになってしまったのやら……。

え? そもそもおまえは誰だって? オレが、オペル ヴィータさ!

やっぱり、知らないんかい……泣。 

実は、初代「いすゞ ジェミニ」にもオペル一族の血が!

かつて、オペルと言えばドイツ車らしい実直な車づくりで、本国はもとより日本でもツウ好みの車として知られた存在だったんだ。

古いところでは、1968年に登場したオペル「GT」兄さん。

小粋な2シータ―のスポーツカーで、アメリカでも人気を集めたもんさ。スモールコルベットなんて呼ばれてさ。もちろん、日本にも結構な台数が海を渡ってやって来た。

ちなみに、価格は当時のトヨタ 2000GT級のスーパーカーだったんだぜ。

そして、大衆車として長年にわたってオペルの屋台骨を支えたのが「カデット」兄さんだ。  カデット兄さんは、1936年に初代が登場して以来、6代目まで進化を遂げ、1991年の生産終了まで半世紀以上も活躍したんだ。1972年にはなんと、晩年のビートルを抜いて旧西ドイツでナンバーワンの売上げを記録したことだってある。カデット兄さんこそ、まさに一族が誇る功労車よ。

70年代には、4代目のカデット兄さんが親会社であるGMの「グローバルカー構想」の一環として登場し、従兄弟車たちが世界中に広まっていった。日本では、いすゞの初代ジェミニのベースにもなったんだ。

オペル一族の中で日本で一番売れたのは、1995年に発売された「ヴィータ」だな。オレだよ、オレ。

本名はコルサって言うんだけど、当時、トヨタさんに同じ名前を名乗る車があったから、日本ではヴィータと名乗らせてもらっていたんだけどね。

コンパクトなサイズと低価格、さらにはTVのトレンディドラマで主役の女の子の愛車として登場したもんだから思わぬ大ヒットさ。

だけどオレ、つまりヴィータに続く人気の弟分を世に送り出せなかったのが、一族の敗因のような気がする。今となってはかなり悔やまれるな……。 

地味ながらも他のドイツ車にはない渋さが魅力

わがオペル一族には、地味ながらも他のドイツ車にはない渋い魅力があった。だから、イメージよりも堅実さを大事にする人たちに重宝されたものさ。

派手さはないけど、だからこそ魅力的だった「アストラカブリオ」兄さん。

決してお洒落とは言い難いけど、実用車としての使い勝手に優れた「オメガワゴン」兄さん。

いつの世にも、ありきたりなモデルに背を向けたがる車好き(車馬鹿とも呼ばれる)がいて、そういう連中からも、今で言うところの「ハズし車」的な存在として、その渋すぎる個性がウケていた。  もちろん、スペシャルなスポーツカーだってあったんだぜ。2003年に登場したミッドシップのオープンカー、その名も「スピードスター」さ。

スピードスター兄さんのベースとなったのはロータス エリーゼで、その低く構えたスタイリングは「オペルとは思えないほどイカしてる!」と大評判さ。

「オペルとは思えないほど」って言い方が若干気になるところだけど……。 まあ、それでも質実剛健なオペルらしいスポーツカーとして、車好きからの注目度は高かったな。

ただ、堅実剛健という個性をもっていたにもかかわらず、残念ながら兄弟たちの販売は伸びず、オレたちオペル一族は、2006年をもって日本での販売が終了してしまったのさ。 

【朗報!】今年の夏から日本でも新車販売が復活!

今にして思えば、低価格で人気を集めたオレ、ヴィータが、わが一族のブランド価値を逆に下げてしまったのかもしれない、という気がしないでもない。

その後は、高級感を打ち出して低価格路線を変更しようにも、ベンツやビーエムのバカ高い壁に阻まれ、結局のところは「地味でプレミアム性に欠ける安いドイツ車」ってイメージが定着してしまった。

ブランド価値は高まることなく、日本での販売は伸びず(輸入元がコロコロ変わったのも原因のひとつだろう)、さらには親会社であるGMの経営が悪化と最悪なパターンに……。

もしかしたら、わが一族の悲運は、不況下だった1931年に早々とGMの完全子会社となってしまったことから始まっていたのかもしれない。きちんと真っ直ぐに走る優れた車を作りながらも、会社そのものは右往左往と蛇行を続けてきたんだもんな……。

ところが!(ピッカーン!)

2009年に破綻したGMの後を受けて、2017年に欧州のPSAグループがわがオペル一族を受け入れてくれることになったんだ!

おかげで、今はヨーロッパでの販売が絶好調さ。つまり息を吹き返したってわけだ。

そして、さらに! さらに! 今年の夏から、日本での販売が復活することになった(日本導入予定は3車種)。どうだい、勢いを感じるだろう?  これで、また日本でもオペル一族の名を耳にする機会が増えるに違いない。

今現在(2021年6月現在)カーセンサーnetでオペル名を検索しても、計13台の生き残った兄貴たちしかヒットしないが、ここからがわが一族のリベンジの始まりってわけだ。

昨今の世の中はEV化に向かっている。当然、わが一族の末っ子には、すでにEVも誕生している(シボレーボルトの姉妹車)。その子がいつ日本にやってくるのかはわからないけど、導入されれば、今度はフロントグリルに輝く稲妻マークがEVの象徴としてその役割を果たしてくれるはずだ。

どこの電気会社? と訊かれることなど、もはやなくなるだろう。

というか、日本で一番売れたオレ、ヴィータの中古車がすでに絶滅しちゃてるってどういうこと?? オペルの中古車を探す▼検索条件オペルの中古車すべて×全国文/夢野忠則 写真/カーセンサー、オペル

【功労車のボヤキ】シリーズの過去記事はこちらカーセンサーEDGE.netはこちら

こんな記事も読まれています

マグヌッセン、F1シート喪失の可能性を認めるも「そういうことは脇に置いて、マシンに乗ってベストを尽くせる」
マグヌッセン、F1シート喪失の可能性を認めるも「そういうことは脇に置いて、マシンに乗ってベストを尽くせる」
AUTOSPORT web
約900万円の「2人乗り軽オープン」発売! スズキ製ターボエンジン搭載×アルミボディ採用!? レトロな「スーパーセブン600CE」登場
約900万円の「2人乗り軽オープン」発売! スズキ製ターボエンジン搭載×アルミボディ採用!? レトロな「スーパーセブン600CE」登場
くるまのニュース
日本の新規チーム「チーム エトワール」のヨーロッパ拠点ってどんな場所? レーシングライダー大久保光が徹底レポート
日本の新規チーム「チーム エトワール」のヨーロッパ拠点ってどんな場所? レーシングライダー大久保光が徹底レポート
バイクのニュース
三菱自動車、『デリカミニ』と『eKスペース』の改良新型を発表…サイバー攻撃のリスク増加に対応
三菱自動車、『デリカミニ』と『eKスペース』の改良新型を発表…サイバー攻撃のリスク増加に対応
レスポンス
「モンベル撥水コース」を選べるコインランドリーが都内に2店目をオープン!梅雨対策に撥水性能の回復は必須!  
「モンベル撥水コース」を選べるコインランドリーが都内に2店目をオープン!梅雨対策に撥水性能の回復は必須!  
モーサイ
「みなかみ町公式LINE開設記念フォトコンテスト」が実施中!お気に入りの「みなかみ町」を撮るのだ!  
「みなかみ町公式LINE開設記念フォトコンテスト」が実施中!お気に入りの「みなかみ町」を撮るのだ!  
モーサイ
ケータハム スーパーセブン 600 & 2000を、2024年6月21日より日本発売開始。'70 & '80年代の人気モデルを現代風にアレンジ
ケータハム スーパーセブン 600 & 2000を、2024年6月21日より日本発売開始。'70 & '80年代の人気モデルを現代風にアレンジ
Webモーターマガジン
ダニエル・リカルド「ユウキはとても良い、挑戦しがいのある走りをしている」フィードバックも合致し今では名コンビ?
ダニエル・リカルド「ユウキはとても良い、挑戦しがいのある走りをしている」フィードバックも合致し今では名コンビ?
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「エスティマ」!? 斬新「タマゴ型」×スポーティデザインが超カッコイイ! 「超静音モデル」化予想のCGに反響も
トヨタ新型「エスティマ」!? 斬新「タマゴ型」×スポーティデザインが超カッコイイ! 「超静音モデル」化予想のCGに反響も
くるまのニュース
クラッシュゲート事件起こしたフラビオ・ブリアトーレ復帰、批判の声もアルピーヌ代表が一蹴「過去は気にしていない。未来を見ている」
クラッシュゲート事件起こしたフラビオ・ブリアトーレ復帰、批判の声もアルピーヌ代表が一蹴「過去は気にしていない。未来を見ている」
motorsport.com 日本版
空席だったウイリアムズF1の空力責任者に、ボウルズ代表の元同僚が昇進。メルセデス時代は空力グループのトップ
空席だったウイリアムズF1の空力責任者に、ボウルズ代表の元同僚が昇進。メルセデス時代は空力グループのトップ
AUTOSPORT web
現存「わずか5%未満」!? 激レアすぎる「ナンバープレート」ってナニ? 「目撃談」すら話題になる“当時モノナンバー”とは
現存「わずか5%未満」!? 激レアすぎる「ナンバープレート」ってナニ? 「目撃談」すら話題になる“当時モノナンバー”とは
くるまのニュース
「ニュートラル」は、なぜ1速と2速の間にあるの?
「ニュートラル」は、なぜ1速と2速の間にあるの?
バイクのニュース
【自動車業界初】 アルファ・ロメオ・トナーレ NFT技術を活用したデジタル認証機能を導入
【自動車業界初】 アルファ・ロメオ・トナーレ NFT技術を活用したデジタル認証機能を導入
AUTOCAR JAPAN
「雨が多い月」こそ洗車の季節!! 疲労も時間も半分以下で済む洗車お役立ち時短グッズ4選
「雨が多い月」こそ洗車の季節!! 疲労も時間も半分以下で済む洗車お役立ち時短グッズ4選
ベストカーWeb
海底速度335キロを達成! ベントレー新型「コンチネンタルGT スピード」は日本時間の6月26日午前零時に発表です!
海底速度335キロを達成! ベントレー新型「コンチネンタルGT スピード」は日本時間の6月26日午前零時に発表です!
Auto Messe Web
いまどきのタクシーはATが主流……となると気になるAT限定免許しかもってなくても「二種免許」は取得できるのか?
いまどきのタクシーはATが主流……となると気になるAT限定免許しかもってなくても「二種免許」は取得できるのか?
WEB CARTOP
アルピーヌF1代表、ジャック・ドゥーハンが2025年の「候補リストに入っている」と認める
アルピーヌF1代表、ジャック・ドゥーハンが2025年の「候補リストに入っている」と認める
AUTOSPORT web

みんなのコメント

4件
  • 車を擬人化した記事って気持ち悪い。

    オペルはドイツの大衆車なのにプレミア感なんてあるわけがない。
  • 息を吹き返したとか、経営母体が変わったとか言ったって、かつての撤退という汚名がある限りマイナスからのスタートなんだよね。
    日本の海はさんで隣国のHマークさんも復活を試みているようだが、同じだね。
    それ言ったら、大国のFさんもか。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

169.5232.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索
ヴィータの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

169.5232.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村