現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 先進のV10直噴ツインターボを搭載。第2世代RS6は意外性に満ちていた【アウディRS6の20年・C6】

ここから本文です

先進のV10直噴ツインターボを搭載。第2世代RS6は意外性に満ちていた【アウディRS6の20年・C6】

掲載 13
先進のV10直噴ツインターボを搭載。第2世代RS6は意外性に満ちていた【アウディRS6の20年・C6】

2002年に誕生した「アウディ RS6 アバント」が、2022年で20周年を迎えた。第2世代となるC6は、2008年にデビューしている。モータースポーツ由来のテクノロジーを備えたV10ユニットを、あくまでさりげなく乗りこなす楽しみを満喫させてくれた。

「まるで芸術作品のような」パワートレーン。最高速度は300km/h越え
最初のRS6から6年後の2008年、第2世代モデルC6系が発表された。搭載されるパワーユニットはなんとV10、排気量は5Lまで拡大、直噴化された上で先代同様ツインターボで過給された。最高出力は580ps、最大トルクは650Nmをわずか1500rpmから発生している。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

このエンジンはただパワフルなだけでなく、コーナリング時にもスムーズにオイル供給を確保するために、モータースポーツから生まれたドライサンプ潤滑が採用するなど、機構的にも先進的だった。オイルタンクを独立させたことで、エンジンは極めて低い位置に搭載され、クルマ全体の重心位置を下げることが可能になった。

当時、開発を担当したステファン・レイル氏(現・ネッカーズルム工場技術開発責任者)は、「C6系RS6のエンジンコンパートメントほど、整然と効率的に配置されたレイアウトを私は見たことがありません。ふたつのターボチャージャーとマニホールドを備えた姿は、エンジンそのものがまるで芸術作品のようでもありました」と語っている。

組み合わされたティプトロニック付き6速ATは、大幅な改良を受けていた。冷却性能、電子制御、シフトスピードに至るまで、すべてがグレードアップしていたのだ。結果的にアウディは、RS6プラスで初めて、303km/hを超える最高速度を手に入れた。標準のRS6も、最高速度は250km/hに達し、オプションで280km/hまで高めることができた。

0→100km/h加速もライバルを凌ぐ。セダンで4.5秒、アバントでも4.6秒で走り切ることができた。相対的に優れた制動性能が必要になり、オプションながら初めて、セラミックブレーキが市販モデルに投入されている。

ラストバージョンは限定500台。もっと特別なRS6となった。
RSの伝統である、スポーティでありながら快適で扱いやすい日常性能も、しっかり磨かれている。DRCサスペンションを標準装備として設定するとともに、3段階調整式のサスペンションがオプションで用意された。

高められたパフォーマンスとは裏腹に、アウディは新しいRS6の外観を「これ見よがし」に飾ることはない。それでも標準で19インチ、オプションで20インチが設定された大径タイヤと、それを収めるために張り出したフェンダー(35mm拡大)はやはりベースモデルとは一線を画すインパクトを備えていた。

C6はまた、生産ラインから隣接するquattroGmbHホールに直接行き、広範な改良を行いました。そこでは、労働者は前身モデルと同じように車を完成させました。そのフィナーレのために、C6はRS 6プラススポーツまたはRS6プラスアウディエクスクルーシブとして終わりました。

C6系RS6はシリーズの最後に、「RS6 プラス スポーツ」と「RS6 プラス アウディエクスクルーシブ」と呼ばれる限定モデルが生産されている。ネッカーズルム工場からロールアウトしたのは、合計500台。そのインテリアにはシリアルナンバー入りのバッヂ、5本スポークデザインの専用アロイホイール、レザー張りのインストルメントパネルに「RS6」ロゴが描かれたフロアマットが付属していた。

■アウディ RS6アバント 主要諸元
●全長×全幅×全高:4930×1890×1475mm
●ホイールベース:2845mm
●車両重量:2160kg
●エンジン:V10DOHCツインターボ
●排気量:4991cc
●最高出力:580ps/6250-6700rpm
●最大トルク:650Nm/1500-6250rpm
●駆動方式:4WD
●トランスミッション:6速AT
●車両価格:1660万円(2008年当時)

[ アルバム : アウディRS6の20年・C6 はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

BYDの日本での本気度が伝わる! いよいよ全国のディーラーで認定中古車制度をスタート!! 中古EVの価値も安定するのか?
BYDの日本での本気度が伝わる! いよいよ全国のディーラーで認定中古車制度をスタート!! 中古EVの価値も安定するのか?
ベストカーWeb
ゴールデンウイークにレンタカーを使って出かけたい観光スポットランキング
ゴールデンウイークにレンタカーを使って出かけたい観光スポットランキング
@DIME
トヨタ「新型ランドクルーザー250」発売! 15年越し「全面刷新」でめちゃ高性能化! 価格は1.5倍に… 従来の“プラド”から何が進化した?
トヨタ「新型ランドクルーザー250」発売! 15年越し「全面刷新」でめちゃ高性能化! 価格は1.5倍に… 従来の“プラド”から何が進化した?
くるまのニュース
ミドルクルーザー「スーパーメテオ650」にロイヤルエンフィールドの技術力と資金力とヤル気を感じる!!
ミドルクルーザー「スーパーメテオ650」にロイヤルエンフィールドの技術力と資金力とヤル気を感じる!!
バイクのニュース
レッドブル&HRC密着:スプリント予選で状況は一変。フェルスタッペンはセットアップに満足もタイヤの温度が上がらず4番手
レッドブル&HRC密着:スプリント予選で状況は一変。フェルスタッペンはセットアップに満足もタイヤの温度が上がらず4番手
AUTOSPORT web
EVの下取り価格が激減するって…マジ?? それとも大丈夫??
EVの下取り価格が激減するって…マジ?? それとも大丈夫??
ベストカーWeb
マツダ「ボンゴ」の一族17台が埼玉の山奥でキャンプ! 発起人は河原でDIYオールペンしたインフルエンサーでした
マツダ「ボンゴ」の一族17台が埼玉の山奥でキャンプ! 発起人は河原でDIYオールペンしたインフルエンサーでした
Auto Messe Web
偉大すぎる9人の男達! 日本のモータースポーツ史は彼らの活躍なくして語れない!!
偉大すぎる9人の男達! 日本のモータースポーツ史は彼らの活躍なくして語れない!!
WEB CARTOP
ヤマハ発動機、「MT-09」「XMAX300」がドイツの国際デザイン賞 13年連続で受賞
ヤマハ発動機、「MT-09」「XMAX300」がドイツの国際デザイン賞 13年連続で受賞
日刊自動車新聞
ハミルトン2番手「雨の到来でマシンが生き生きしてきた」2セット目のインター投入も奏功/F1中国GPスプリント予選
ハミルトン2番手「雨の到来でマシンが生き生きしてきた」2セット目のインター投入も奏功/F1中国GPスプリント予選
AUTOSPORT web
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像
カー・アンド・ドライバー
JAOSがトヨタ『ランドクルーザー250』用各種カスタマイズパーツをリリース
JAOSがトヨタ『ランドクルーザー250』用各種カスタマイズパーツをリリース
レスポンス
[BYD]が都内有数の輸入車販売激戦区[東京・目黒]に正規ディーラーをオープン! 日本での出店ペースが加速!!
[BYD]が都内有数の輸入車販売激戦区[東京・目黒]に正規ディーラーをオープン! 日本での出店ペースが加速!!
ベストカーWeb
ザウバーF1、アウディワークス化を背景に来季ドライバー市場でも強気の姿勢?「我々は傍観者ではなくプレイヤーになった」
ザウバーF1、アウディワークス化を背景に来季ドライバー市場でも強気の姿勢?「我々は傍観者ではなくプレイヤーになった」
motorsport.com 日本版
スバルが新型「レガシィ“セダン”」発表! “精悍顔”が超カッコイイ「スポーティセダン」日本導入は? 米で発表もなぜ日本では「セダン」ないのか
スバルが新型「レガシィ“セダン”」発表! “精悍顔”が超カッコイイ「スポーティセダン」日本導入は? 米で発表もなぜ日本では「セダン」ないのか
くるまのニュース
どっちが燃えやすいか知ってる? バイクの燃料に使われるレギュラーとハイオク
どっちが燃えやすいか知ってる? バイクの燃料に使われるレギュラーとハイオク
バイクのニュース
豊田章男会長の想いが詰まったLBXの生産ライン公開! 東北の復興を支えたトヨタ自動車東日本の新たな挑戦
豊田章男会長の想いが詰まったLBXの生産ライン公開! 東北の復興を支えたトヨタ自動車東日本の新たな挑戦
ベストカーWeb
BMWの4ドアEVクーペ『i4』、改良新型を発表へ
BMWの4ドアEVクーペ『i4』、改良新型を発表へ
レスポンス

みんなのコメント

13件
  • もう14年前なのか。
    V10は知ってたけどツインターボとは知らなかった。
    この時代で580馬力のステーションワゴンとか凄いね。
    欧州の金持ち御用達かな?
  • これ系を検討したんだが、
    ノンターボのs6ですらセンサーを
    替えるのにエンジン降ろすとのことと、
    八本もある!?ほぼ嫌がらせ。
    ターボあるRSはどうなることやら?
    とメンテに不安を感じ断念した。
    v10のM5のはまた違う魅力があんだがね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

725.0746.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

68.8418.0万円

中古車を検索
C6の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

725.0746.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

68.8418.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村