サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「戦場で生き残るために」 スバル水平対向エンジンを「火砲」に搭載! 自走可能な「155mm榴弾砲FH70」とは

ここから本文です

■スバルの水平対向エンジンを積んだ火砲「155mm榴弾砲FH70」とは

 陸上自衛隊の野戦特科部隊(砲兵)が保有する火砲でもっとも数が多いのが「155mm榴弾砲FH70」です。
 
 このFH70には、スバルの水平対向エンジンを搭載されていますが、どのような特徴を持つ火砲なのでしょうか。

1両3000万円の装甲付きジープ!? 自衛隊の「軽装甲機動車」は他国から羨望の存在だった?

 このFH70火砲は1963年に西ドイツ、イギリス、イタリアの3か国が「牽引・自走両用の近接支援用榴弾砲」として共同開発を開始しました。

 普段はトラックにけん引されて移動しますが、自走もできるというのがFH-70の特徴のひとつです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン