現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 罰金最高50万円!車検切れ車の取締りへ「ナンバー自動読取取得装置」いよいよ本格運用開始

ここから本文です

罰金最高50万円!車検切れ車の取締りへ「ナンバー自動読取取得装置」いよいよ本格運用開始

掲載 更新
罰金最高50万円!車検切れ車の取締りへ「ナンバー自動読取取得装置」いよいよ本格運用開始

■うっかり車検切れでも公道を走ることは想像以上の「重罪」

 車検切れのまま公道を走っている車は国交省の試算から約20万台いるといいます。国交省は車検切れのまま公道を走る車のナンバーを自動で読み取って取り締まる、可搬式「ナンバー自動読取取得装置」の運用をいよいよ本格スタートするといいます。いったいどのようなシステムなのでしょうか。

「希望ナンバー」20年 今の人気番号は? 品川でなぜか多い「3298」とは

 日本全国で保有されている車は8000万台強ですが、国交省の調査によると、そのうち車検が切れている自動車は2017年度末で約510万台(クルマ+バイク合計)もあります。ほとんどは車検が切れた後、放置された車とみられており、実際510万台のうち約345万台は5年以上車検が切れたままの車だそうです。

 しかし、車検切れのまま公道を走っている車も国交省の試算から20万台ほどいるとのことで、ドライバーが気付かないまま乗っているのか、切れているのを知っていて乗っているのかは不明ですが、20万台という数字には驚きです。

「車検切れ=自賠責保険切れ」のケースが多いはずなので、いわゆる「無保険車」がそれに近い台数走っている、ということにもなります。

「車検が切れた途端にクルマが危険になったり、環境に悪影響を与えたりするわけじゃないのに重罪?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、車検切れ(+自賠責保険切れ)のまま、公道を走行することは「無車検運行」と「無保険運行」という犯罪に相当します。

 速度違反や駐禁とは比べ物にならない重さで、罰金だけで比較すると酒気帯び運転に相当します。もちろん取り締まりで切られるのは「赤切符」で、原則として裁判所で罰則内容を言い渡される事になります。

●車検切れ・6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金・違反点数6点・30日間の免許停止(過去3年間に免停・免取の前歴が無い場合)

●自賠責保険切れ(車検切れ=自賠責切れのケースが多いので)・1年以下の懲役または50万円以下の罰金・違反点数6点・30日間の免許停止(過去3年間に免停・免取の前歴が無い場合)

 実際、筆者の知人は車検切れに気づかないまま数か月乗っていて、ヘッドライトが切れていた(これは本人の認識あり)ことでパトカーに停められ、車検切れが発覚しました。そして罰金35万円!を納めることになったのです。自賠責も切れていたので本来なら罰金は50万円となるのですが、前歴がないことや、新車で買って最初の車検でうっかりミスだったことなどから、ヘッドライトの球切れと合わせて35万円となったようです。

■車検切れの街頭検査 全国5か所で先行調査した結果

 2017年9月、国交省は車検切れのまま公道を走る車やバイクのナンバーを自動で読み取って、車検切れを取り締まる新システムを公開しました。このシステムは「可搬式」(持ち運びができる)ことがポイントで、カメラとパソコン端末で構成されており、カメラの前を車検切れの車が通ると、瞬時にナンバーを読み取り、パソコン画面に「HIT」の文字が大きく表示され、警察官が車を停止させる、というものです。

 ナンバー読み取り装置といえば、幹線道路や高速道路に設置される「Nシステム」が有名ですが、それとはまた違うシステムとのことでした。そして、同年9月末から全国5か所で実証実験を行った結果がこの度発表されました。結果は以下の通りです。

●<可搬式「ナンバー自動読取取得装置」の試行運用実施結果>

・北海道 札幌市10月10日13:30~15:30 読み取り車両652台 / 車検切れ0台 / 無保険率 0%

・沖縄県 宜野湾市11月17日13:45~15:45 読み取り車両960台 / 車検切れ3台 / 無保険率 0.31%

・長崎県 佐世保市12月 6日13:30~15:00 読み取り車両602台 / 車検切れ1台 / 無保険率 0.16%

・茨城県 坂東市12月13日13:30~15:30 読み取り車両611台 / 車検切れ1台 / 無保険率 0.16%

・兵庫県 西宮市12月15日10:00~12:00 読み取り車両871台 / 車検切れ2台 / 無保険率 0.22%

(※可搬式「ナンバー自動読取取得装置」での抜き打ち検査はクルマのみ対象です)

■車検切れの取り締まりを強化する理由とは?

 国交省の試算によると、全国で約20万台の無車検車が公道を走行しているとのことですが、なぜ急に無車検車の取り締まりを強化するのでしょうか? 国土交通省自動車局整備課に聞いてみました。

――車検切れの車に対してはこれまでどんな対応を?

 車検切れの車はバイクを含めると全国で約510万台存在します。そこから無作為に抽出して、引き続き運行する場合は車検を受けてくださいという注意喚起のはがきを送ってきました。

 また、平成26年度から、幹線道路にカメラを一定期間固定してナンバーを読み取り、そこから車検切れの車を検出し、ハガキで警告をしてきました。しかし、ハガキ送付だけでしたので可搬式ナンバー自動読取装置を導入し、対面で指導することとしました。

――2018年度から本格導入されるそうですが、いつ頃になるのでしょうか?

 昨年9月末より全国5か所で実証実験を行った結果から、現在、機器の見直しを行っています。それが終われば、全国の運輸局に一斉導入して、警察と連携して行う街頭検査で使用することとしています。

 詳細な時期はお伝え出来ないのですが、数か月以内には導入の予定です。可搬式なので、固定して同じ場所で検査をするのではなく、様々な場所で行います。

――車検切れ車が見つかった場合、どうなるのでしょうか?

 車検が切れた車のドライバーに警告書を交付し、その後警察に引き渡します。車検切れの車は公道を走ることはできませんので、その場で車載専用車等により移動していただくことになります。

 ※ ※ ※

 2018年度中に導入される車検切れ検知の新システムは、移動式オービスで速度違反を取り締まる方式に似ていますが、発覚するとそれ以降、車に乗れなくなる(移動させられる)ことが大きな違いです。

 車検の時期は家族で共有する車両であったり、会社の車だったりすると、あまり気に留めないこともあるかもしれません。今一度、フロントガラスに貼ってある車検ステッカーや車検証をチェックして、車検がいつまでなのかをしっかり確認しておきましょう。

関連タグ

こんな記事も読まれています

絶賛発売中!!  MF GHOST マンガ&アニメ完全ガイドブック Tuned by ベストカー
絶賛発売中!! MF GHOST マンガ&アニメ完全ガイドブック Tuned by ベストカー
ベストカーWeb
BYDとメルセデスベンツのEV合弁「デンツァ」、電動SUV出展へ…ジュネーブモーターショー2024
BYDとメルセデスベンツのEV合弁「デンツァ」、電動SUV出展へ…ジュネーブモーターショー2024
レスポンス
バイクニュース今週のダイジェスト(2/19~22)
バイクニュース今週のダイジェスト(2/19~22)
バイクブロス
なぜ「軽トラック」が海外でブームに? 日本の“中古軽トラ”が高騰中 大型モデルの多いアメリカで人気の理由とは
なぜ「軽トラック」が海外でブームに? 日本の“中古軽トラ”が高騰中 大型モデルの多いアメリカで人気の理由とは
くるまのニュース
カワサキバイクの代表格「Ninja(ニンジャ)」40周年!どんな歴史を辿ってきたのか?
カワサキバイクの代表格「Ninja(ニンジャ)」40周年!どんな歴史を辿ってきたのか?
バイクのニュース
なぜ人気モデル「ミニ・クラブマン」は生産終了!?  最後の1台が英国工場から出荷 55年の歴史に幕を閉じた理由とは
なぜ人気モデル「ミニ・クラブマン」は生産終了!? 最後の1台が英国工場から出荷 55年の歴史に幕を閉じた理由とは
VAGUE
す、凄い! 日産「フェアレディZ」復活!? 約6年ぶりに「完成」なるか 赤色が鮮やかな「Z」とは
す、凄い! 日産「フェアレディZ」復活!? 約6年ぶりに「完成」なるか 赤色が鮮やかな「Z」とは
くるまのニュース
ポルシェの4ドアセダンがより速くより遠くまで走れるようになった! 新型「パナメーラ4 E-ハイブリッド」と「パナメーラ4S E-ハイブリッド」が登場
ポルシェの4ドアセダンがより速くより遠くまで走れるようになった! 新型「パナメーラ4 E-ハイブリッド」と「パナメーラ4S E-ハイブリッド」が登場
WEB CARTOP
トヨタ・ランドクルーザーの新世代中核モデル「250」シリーズが米国で発売
トヨタ・ランドクルーザーの新世代中核モデル「250」シリーズが米国で発売
カー・アンド・ドライバー
【よーし偉いぞCX-30】「マツダCX-30 e-SKYACTIV X」過酷な10万km耐久テストを乗り切る お疲れさまー 最終評価は?
【よーし偉いぞCX-30】「マツダCX-30 e-SKYACTIV X」過酷な10万km耐久テストを乗り切る お疲れさまー 最終評価は?
AutoBild Japan
異常時にランプ点灯! 便利な「タイヤ空気圧監視システム」は、なぜ日本で普及しないのか
異常時にランプ点灯! 便利な「タイヤ空気圧監視システム」は、なぜ日本で普及しないのか
Merkmal
「一体どこがビジネスバイクなのか!?」お蔵入りになったホンダ125ccスクーターの真相
「一体どこがビジネスバイクなのか!?」お蔵入りになったホンダ125ccスクーターの真相
モーサイ
12月の新車販売ランキングで登録車はトヨタ一強状態! だがダイハツ不正の影響で「ルーミー」「ライズ」が今後厳しくなる可能性
12月の新車販売ランキングで登録車はトヨタ一強状態! だがダイハツ不正の影響で「ルーミー」「ライズ」が今後厳しくなる可能性
WEB CARTOP
SHOEI「GT-Air 3 REALM」 シリーズ最新モデル初のグラフィックモデル登場
SHOEI「GT-Air 3 REALM」 シリーズ最新モデル初のグラフィックモデル登場
バイクのニュース
東北・北関東道に「半固定式オービス」新登場! カメラが“神出鬼没”? 謎の新システムは従来の「オービス」と何が違うのか
東北・北関東道に「半固定式オービス」新登場! カメラが“神出鬼没”? 謎の新システムは従来の「オービス」と何が違うのか
くるまのニュース
[低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
[低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
レスポンス
アルピナ B3Sビターボはパワーよりも丹念な作り込みがポイントだった【10年ひと昔の新車】
アルピナ B3Sビターボはパワーよりも丹念な作り込みがポイントだった【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
【最新モデル試乗】そろそろBEVと考えさせるレクサスの本気モデル、RZ450eFスポーツパフォーマンスと300eに乗った!
【最新モデル試乗】そろそろBEVと考えさせるレクサスの本気モデル、RZ450eFスポーツパフォーマンスと300eに乗った!
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村