現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 航続距離は600km超え!! 新型CR-Vは水素自動車で復活! 日本初の外部充電機能までついて完全無敵のデキ

ここから本文です

航続距離は600km超え!! 新型CR-Vは水素自動車で復活! 日本初の外部充電機能までついて完全無敵のデキ

掲載 8
航続距離は600km超え!! 新型CR-Vは水素自動車で復活! 日本初の外部充電機能までついて完全無敵のデキ

 CR-Vが日本市場から消えて早1年……待ち望んだ復活の時が来た! しかもまさかの燃料電池車? 日本初を備えた完璧すぎるその出来に涙が止まらない。ということで今回は、ホンダの新型燃料電池車CR-Vの最新情報を徹底解説していこう!

※本稿は2024年3月のものです
文/ベストカー編集部、写真/奥隅圭之、HONDA
初出:『ベストカー』2024年4月10日号

航続距離は600km超え!! 新型CR-Vは水素自動車で復活! 日本初の外部充電機能までついて完全無敵のデキ

■日本で初となるプラグイン機能付き燃料電池車

FCEVとして日本市場に復活するホンダ CR-V

 復活したCR-V最大の注目点。それはなんといっても『外部充電可能なプラグイン機能付き』だろう。燃料電池車というと、真っ先にトヨタミライを思い浮かべる人も多いが、そのミライにはプラグイン機能は備わっていない。つまり新型CR-Vは日本で初となるプラグイン機能付き燃料電池車なのだ。

 開発コンセプトは「Eライフジェネレーター」。水素ならではの短いチャージ時間と長い航続距離に加え、プラグイン機能による給電を可能にすることでより利便性を高めるものとしている。

■燃料電池のいいトコと電気のいいトコをこの一台で

CR-V e:FCEVの透視図。水素タンクは後部座席下とラゲッジスペースに配置し、使い勝手が悪くならないようレイアウトされる

 ホンダと水素の歴史は1998年のプロトタイプから始まった。FCXなどを経て、2016年にはクラリティ・フューエルセルをリース販売してきた歴史がある。

 今回のCR-Vも、これまで培ってきた知見を反映・進化させている。例えばFCスタックについてはクラリティと比較して低コスト化と耐久性アップを実現しているといい、他にもここには書き切れないほど、多数の進化点がある。一充填走行可能距離は600km以上、EV電力走行可能距離は60km以上だという。

 進化といえば、デザインも燃料電池車と一目でわかるスタイリッシュなフロントフェイス、かつ冷却といった要件をすべて満たせるようにリファインしている。

 価格や詳しい諸元についてはまだ不明。今回は撮影のみで試乗もまだなので、続報があればすぐお伝えします!

こんな記事も読まれています

明治通り「完全分断」計画に反響多数!? 「これは歩きやすい」 池袋駅東口の再開発で大変化へ 「新・明治通り」も進行中!?
明治通り「完全分断」計画に反響多数!? 「これは歩きやすい」 池袋駅東口の再開発で大変化へ 「新・明治通り」も進行中!?
くるまのニュース
ダニエル・リカルド、イモラ初日苦労も改善を目指す……絶好調角田裕毅と揃ってQ3進出へ「ユウキは良いラップを走ったからね」
ダニエル・リカルド、イモラ初日苦労も改善を目指す……絶好調角田裕毅と揃ってQ3進出へ「ユウキは良いラップを走ったからね」
motorsport.com 日本版
イギリスにも偽パトカーいた!「栃木県警察」が捕まった驚愕の理由
イギリスにも偽パトカーいた!「栃木県警察」が捕まった驚愕の理由
乗りものニュース
ホンダ新型「フリード」発売へ! 「エアー」と「クロスター」どっちが人気? 斬新すぎる“SUV風”の評価はどう?
ホンダ新型「フリード」発売へ! 「エアー」と「クロスター」どっちが人気? 斬新すぎる“SUV風”の評価はどう?
くるまのニュース
同じにはならない「セカンドマシン問題」。2027年以降の新マシン規則/MotoGPの御意見番に聞くフランスGP
同じにはならない「セカンドマシン問題」。2027年以降の新マシン規則/MotoGPの御意見番に聞くフランスGP
AUTOSPORT web
W12エンジンのフィナーレを飾るベントレーの高性能ラグジュアリーオープン「バトゥール コンバーチブル」が登場
W12エンジンのフィナーレを飾るベントレーの高性能ラグジュアリーオープン「バトゥール コンバーチブル」が登場
カー・アンド・ドライバー
日野自動車、「標準電池パックイメージモデル」を初公開…人とくるまのテクノロジー展 2024で予定
日野自動車、「標準電池パックイメージモデル」を初公開…人とくるまのテクノロジー展 2024で予定
レスポンス
ピンク・ジャガーは純正色!「Eタイプ シリーズIII」がなんと約1320万円で落札! V12エンジンが再評価されています
ピンク・ジャガーは純正色!「Eタイプ シリーズIII」がなんと約1320万円で落札! V12エンジンが再評価されています
Auto Messe Web
EV開発で大注目! 結局「全固体電池」は何がスゴいのか
EV開発で大注目! 結局「全固体電池」は何がスゴいのか
Merkmal
海外ライターF1コラム:F1カレンダー24戦の椅子取りゲーム。新規参入を狙う国々と、既存GPの契約状況
海外ライターF1コラム:F1カレンダー24戦の椅子取りゲーム。新規参入を狙う国々と、既存GPの契約状況
AUTOSPORT web
アウディF1はドライバー選択を急がずも、今年の後半に決断を下すべく「活発に活動している」とザイドルCEOが認める
アウディF1はドライバー選択を急がずも、今年の後半に決断を下すべく「活発に活動している」とザイドルCEOが認める
AUTOSPORT web
【このi8なんぼ?】BMWのハイブリッドスポーツカー 走行距離58,000kmの「i8 ロードスター」がeBayで販売中
【このi8なんぼ?】BMWのハイブリッドスポーツカー 走行距離58,000kmの「i8 ロードスター」がeBayで販売中
AutoBild Japan
DS社フラッグシップSUVに限定仕様車 DS 7リヴォリEテンス4x4 シックで上質感のあるインテリア
DS社フラッグシップSUVに限定仕様車 DS 7リヴォリEテンス4x4 シックで上質感のあるインテリア
AUTOCAR JAPAN
マイアミGPでの初優勝から2週間……ノリス、初日はトラブルもあり中団に沈むも手応え「マシンの感触は良いし、改善できた」
マイアミGPでの初優勝から2週間……ノリス、初日はトラブルもあり中団に沈むも手応え「マシンの感触は良いし、改善できた」
motorsport.com 日本版
若き女性レーサーの躍進はホンモノか? 「F1公言」で肝心の走りはいかに スーパーフォーミュラ第2戦が気になるぞ
若き女性レーサーの躍進はホンモノか? 「F1公言」で肝心の走りはいかに スーパーフォーミュラ第2戦が気になるぞ
ベストカーWeb
スバル最強マシン!? 最新「ニュル参戦車両」公開! “速さ”と“信頼性”大幅アップデートされたSTIマシンで24時間レースに挑む
スバル最強マシン!? 最新「ニュル参戦車両」公開! “速さ”と“信頼性”大幅アップデートされたSTIマシンで24時間レースに挑む
くるまのニュース
ホンダ新型「最速SUV」登場! 全長5m超えで“NSX超え”「タイプS」設定! 新型「ZDX」米で納車開始
ホンダ新型「最速SUV」登場! 全長5m超えで“NSX超え”「タイプS」設定! 新型「ZDX」米で納車開始
くるまのニュース
4WDのパイオニアの意地の結晶! スバル「レオーネ3ドアクーペRX / II」とは
4WDのパイオニアの意地の結晶! スバル「レオーネ3ドアクーペRX / II」とは
バイクのニュース

みんなのコメント

8件
  • g********
    電池のみはムリ。水素を今回は買わなくても出してくださることが有難い。
    色々の全てが進歩していくわけだから。
  • e_m********
    やっぱり水素タンク大きいですね。荷室に張り出しますからね。上手く荷室の広さは確保していますが。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

336.2418.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.9404.6万円

中古車を検索
CR-Vの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

336.2418.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.9404.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村