現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「マークII クオリス」には4WDモデルがあった! 直6ではなくV6搭載だったのも中身が「カムリ グラシア」だったからでした

ここから本文です

トヨタ「マークII クオリス」には4WDモデルがあった! 直6ではなくV6搭載だったのも中身が「カムリ グラシア」だったからでした

掲載 11
トヨタ「マークII クオリス」には4WDモデルがあった! 直6ではなくV6搭載だったのも中身が「カムリ グラシア」だったからでした

実用的なステーションワゴンとして一定の評価を集めた

1997年4月にトヨタ「マークII ワゴン」の新型モデルとして登場したのが「マークII クオリス」でした。フロントマスクやテールランプこそ8代目マークIIによく似たデザインを纏っていましたが、プラットフォームは、FRのマークII用ではなくFFの「カムリ グランシア」用を採用。先代にはなかった4WDモデルがラインアップされた理由とは?

トヨタ「ナディア」は時代を先取りしすぎていた!? 今ならヒットしたはずの斬新なコンセプトとは?

エンジンは直4とV6をラインアップ

現在はセダン需要の冷え込みもあって姿を消してしまったトヨタのミドルクラスセダンであったマークII(とその後継車種であるマークX)。多くの人にとってはマークII=4ドアセダン(ハードトップ)というイメージが強いかもしれないが、実は初代モデルからステーションワゴンモデルも存在していた。

ただ、モデルチェンジに合わせてワゴンも新型となっていたのは1984年に登場した5代目モデルまで。そのあとは4ドアモデルがフルモデルチェンジを実施してもワゴン(とバン)は5代目モデルが小変更を繰り返しながら継続販売が続いていたのだった。

そんなマークIIワゴンが一新されたのが1997年4月のこと。前年に8代目へとマークIIがフルモデルチェンジを果たし、およそ半年後に「マークII クオリス」と車名を一新して登場したのだ。このマークII クオリス、フロントマスクやテールランプこそ8代目マークIIによく似たデザインを纏っていたが、中身は前年に登場したカムリ グラシアの兄弟車となっていた。

そのため搭載エンジンはマークIIの主力となっていた直列6気筒は存在せず、横置きの直列4気筒かV型6気筒となっており、駆動方式も前輪駆動と前輪駆動ベースの4WDとなっていた。ただマークIIの名前を冠するだけあって上級なキャラクターが与えられており、カムリグラシアにはラインアップされないV6 3Lエンジンを搭載するグレードも用意されていたのが大きな違いだった。

なお、過去のマークIIワゴンは当然ながら後輪駆動で4WDの設定はなかったため、降雪地帯に住むユーザーにとっては歓迎すべき変更となっていたようだ。

また前輪駆動レイアウトとしたことで広い室内空間を実現しており、ややキャビンはミニマムであったものの、実用的なステーションワゴンとして一定の評価を集めたのだった。

ただやはりマークIIの名前を冠しているのに前輪駆動レイアウトというのは古くからのユーザーにイマイチ受け入れられなかったようで、マークIIが9代目へとフルモデルチェンジを実施した2年後に正真正銘マークIIをベースとしたステーションワゴンの「マークII ブリット」が登場するとバトンタッチをする形でマークII クオリスは終売となっている。

その後マークIIがマークXへと一新した際には再び前輪駆動レイアウトのステーションワゴン、マークXジオが登場しているが、こちらもやはり往年のユーザーには評価されず不人気車の烙印を押されることになってしまった。

こんな記事も読まれています

トヨタ「次期型エスティマ」どうなる!? “天才的”なタマゴデザインも継承? 新型「まんまるミニバン」に期待大!
トヨタ「次期型エスティマ」どうなる!? “天才的”なタマゴデザインも継承? 新型「まんまるミニバン」に期待大!
くるまのニュース
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
ベストカーWeb
全長5m級! トヨタが新型「ラージSUV」発売! 唯一の“上質ブルー内装”で車中泊できる!? 17年ぶり「クラウンエステート」復活!
全長5m級! トヨタが新型「ラージSUV」発売! 唯一の“上質ブルー内装”で車中泊できる!? 17年ぶり「クラウンエステート」復活!
くるまのニュース
商用車なのに前後ダブルウイッシュボーンってやっぱりホンダは走りへのやる気が半端ない! そのお陰で荷室が狭くなっちゃった「パートナー」という残念なバン
商用車なのに前後ダブルウイッシュボーンってやっぱりホンダは走りへのやる気が半端ない! そのお陰で荷室が狭くなっちゃった「パートナー」という残念なバン
WEB CARTOP
15年ぶり復活の「インテグラ」実車公開! 美麗デザインが超カッコイイ「スポーティ“ハッチバック”」! 6速MTもある「最新型モデル」米に登場で反響も
15年ぶり復活の「インテグラ」実車公開! 美麗デザインが超カッコイイ「スポーティ“ハッチバック”」! 6速MTもある「最新型モデル」米に登場で反響も
くるまのニュース
マツダ初の乗用車「R360クーペ」は軽自動車初のAT搭載! 360ccなのに大きなナンバープレートを装着している理由とは
マツダ初の乗用車「R360クーペ」は軽自動車初のAT搭載! 360ccなのに大きなナンバープレートを装着している理由とは
Auto Messe Web
トヨタ新型「エスティマ」!? 斬新「タマゴ型」×スポーティデザインが超カッコイイ! 「超静音モデル」化予想のCGが公開
トヨタ新型「エスティマ」!? 斬新「タマゴ型」×スポーティデザインが超カッコイイ! 「超静音モデル」化予想のCGが公開
くるまのニュース
まるで三菱「ギャランGTO」のような「ミニカスキッパー」は360cc!「パーツはストックしてずっと維持していきます」
まるで三菱「ギャランGTO」のような「ミニカスキッパー」は360cc!「パーツはストックしてずっと維持していきます」
Auto Messe Web
マツダ新型「CX-5」登場へ! 自社製ハイブリッド搭載に「楽しみ!」「大きく変えないで」の声も!? 次期型の反響は?
マツダ新型「CX-5」登場へ! 自社製ハイブリッド搭載に「楽しみ!」「大きく変えないで」の声も!? 次期型の反響は?
くるまのニュース
三菱「新型SUV」公開! めちゃスポーティ感ある「エリートLE」! 3列7人乗りもある「パジェロS」尼に登場
三菱「新型SUV」公開! めちゃスポーティ感ある「エリートLE」! 3列7人乗りもある「パジェロS」尼に登場
くるまのニュース
トヨタ「新型ラージSUV」17年ぶり復活へ 全長5m切り“上質デザイン”×「画期的ラゲッジ」採用! 期待の「めちゃ便利なクラウン」はどんなモデル?
トヨタ「新型ラージSUV」17年ぶり復活へ 全長5m切り“上質デザイン”×「画期的ラゲッジ」採用! 期待の「めちゃ便利なクラウン」はどんなモデル?
くるまのニュース
新車価格154万円って最高すぎる!! MTだけなのがアツすぎ! 今が狙い目[走り]のマーチ12SR
新車価格154万円って最高すぎる!! MTだけなのがアツすぎ! 今が狙い目[走り]のマーチ12SR
ベストカーWeb
初代キューブに触発!? キャパってコスパ最強じゃない!? 
初代キューブに触発!? キャパってコスパ最強じゃない!? 
ベストカーWeb
新型スイフトにRSなし!? スイフトは走りが最高なのよ!! 先代スイフトRSの中古がめっちゃアリ!
新型スイフトにRSなし!? スイフトは走りが最高なのよ!! 先代スイフトRSの中古がめっちゃアリ!
ベストカーWeb
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
ベストカーWeb
中古200万円超えにも納得!! 1.5Lターボが超刺激的! コルトの超絶モデル[ラリーアート]
中古200万円超えにも納得!! 1.5Lターボが超刺激的! コルトの超絶モデル[ラリーアート]
ベストカーWeb
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
くるまのニュース
え、軽なのにセルシオ並のシートってマジ!? 超絶斬新だった[ソニカ]が鳴かず飛ばずに終わったワケ
え、軽なのにセルシオ並のシートってマジ!? 超絶斬新だった[ソニカ]が鳴かず飛ばずに終わったワケ
ベストカーWeb

みんなのコメント

11件
  • 鈴木一幸
    ラゲッジルームあたりがやっつけ仕事のようなデザインだったブリットや、オデッセイになりたくてなれなかったジオよりも、このクオリス/グラシアの方が自然体でカッコよく見えたなぁ。
  • may********
    デザイン的には後の豚マンボディのジオより纏まっててソコソコ見かけたなぁ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

246.8354.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9510.0万円

中古車を検索
マークIIの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

246.8354.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9510.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村