サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「マツダロータリー研究室OBの愛機はフルチューンFC3S!?」自作ブリッジポートでサーキットを楽しむ!

ここから本文です

”ロータリーは日本の宝”が信条

東洋工業ロータリー研究室OBのサーキット遊び用FC3S!

「マツダロータリー研究室OBの愛機はフルチューンFC3S!?」自作ブリッジポートでサーキットを楽しむ!

還暦を過ぎてからFC3Sを購入し、プライベートでロータリーチューニングを行いながらサーキット走行を楽しんでいるオーナーの登場だ。

実はこの人物、単なるロータリー好きカーガイではなく、かつてはマツダ本社(当時の東洋工業)のRE研究部に所属し、ロータリーエンジン開発の中で信頼性や耐久性のテストを担当していたという経歴の持ち主だったりする。

その証拠に、退職時に研究部の仲間達から贈られた“寄せ書き”を今でも大切に所持しているのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ