サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 個性的すぎて賛否両論あり!? 評価が微妙だったミニバン5選

ここから本文です

個性的すぎて賛否両論あり!? 評価が微妙だったミニバン5選

■個性的すぎた!? 評価が微妙だったミニバンがあった

 現在、日本のファミリーカーといえばミニバンですが、ルーツはアメリカといわれています。大型のフルサイズバンに対して、乗用車をベースにしたやや小さめのトールワゴンをミニバンと呼んでいました。

ミニバンは嫌、でも7人乗り欲しい… 200万円台から選べる話題の「3列シートSUV車」5選

 現行のミニバンラインナップは、ホンダ「フリード」などコンパクトサイズから、トヨタ「アルファード」など大型なもの、三菱「デリカD:5」のような機能性に特化したタイプと、多種多様です。

 さらに、数年前まではいまよりもミニバンの種類が多く、ブームとなっていたころがありました。しかし、なかにはヒットすることなく消えていったモデルも存在。

 そこで、賛否両論の評価だったミニバンを5車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「エリシオン」

 2004年に、ホンダのミニバンラインナップのフラッグシップとしてデビューした「エリシオン」は、それまで国内導入していた北米版オデッセイである「ラグレイト」よりも、やや小型で扱いやすさを追求したモデルです。

 大開口部を有する両側パワースライドドアや、チップアップ&スライド機構の採用で2、3列目への乗降を容易にするなど、乗る人すべてが上質な空間と心地良い走りが味わえることをコンセプトとしていました。

 搭載されたエンジンは最高出力250馬力を発揮する3リッターV型6気筒と、160馬力の2.4リッター直列4気筒の2種類で、3リッター車は走行状況に応じて6気筒燃焼と3気筒燃焼を切り替える、「VCM」可変シリンダーシステムを採用して、燃費を向上させています。

 トランスミッションは5速ATのみ、駆動方式はFFとフルタイム4WDが選べ、安全装備も充実したフラッグシップにふさわしいミニバンとなっていました。

 さらに、2007年からは300馬力を誇る3.5リッターV型6気筒エンジンを搭載した上級グレードの「PRESTIGE(プレステージ)」を発売。大型ワイドグリルの採用などにより、エリシオンの弱点だった押し出し感の強さをアピールします。

 しかし、アルファードや日産「エルグランド」に比べ、約100mm全高が低いエリシオンは小ぶりに見えてしまうからか、ライバルほど人気がなく、2013年に一代限りで国内販売を終了。

 なお、全高を高くできなかった理由は、工場のラインによる制限があったからといわれています。

●日産「ラフェスタ」

 2004年に、日産「プレーリー/リバティ」の後継モデルとして登場した7人乗りミニバンの「ラフェスタ」は、5ナンバーサイズのミドルクラスミニバンです。

 特徴としては、多彩なシートアレンジなどにより使い勝手の良さと、国産車最大の開口部のサンルーフを全車に標準装備することで、後部座席でも開放感が高められていたことが挙げられます。

 搭載されたエンジンは最高出力129馬力の2リッター直列4気筒で、新開発のCVTが組み合わされました。

 発売の翌年から高級感を演出した内装の特別仕様車や、専用エアロパーツや16インチアルミホイールなどを採用した「ハイウェイスター」が追加されるなど、さまざまな仕様が登場しました。

 しかし、前述した特徴以外に光るものが無く、デザインもおとなしいイメージで人気が向上することはなく、2012年に販売を終了。

 後継車はマツダ「プレマシー」のOEM車で「ラフェスタ ハイウェイスター」の車名で販売されていましたが、こちらも2018年に販売を終了しています。 

●三菱「ディオン」

 2000年にデビューした三菱「ディオン」は、同社のコンパクトカー「ミラージュディンゴ」のホイールベースを延長して3列シートの装着を可能にした7人乗りミニバンです。

 車名はギリシャ神話の喜びを表す神からとったもので、乗る人すべてに新たな喜びを提供するクルマをコンセプトとしていました。

 使い勝手の面では、3列目シートが床下に格納可能でフラットな荷室が得られるだけでなく、停車時には後ろ向きにしてベンチとしても使えたほか、2列目シートは左右独立分割のロングスライド機構とウォークイン機構を採用し、チャイルドシート装着時でも3列目シートへ容易にアクセスできる工夫がされていました。

 搭載されたエンジンは2リッター直列4気筒直噴「DGI」で、最高出力は135馬力を発揮。コラム式4速ATが組み合わされ、発売当初は全車FFでしたが、後にフルタイム4WDも追加されました。

 2002年には165馬力の1.8リッター直列4気筒ターボエンジン搭載車をラインナップして、バリエーションを拡充します。

 しかし、使い勝手の良さを追求した一方、デザインは不評で、2002年にフロントフェイスを変更するなどテコ入れがおこなわれましたが、2006年に販売を終了。後継車は無く、一代限りで消滅してしまいました。

■マツダ最後のミニバンはアグレッシブなデザインで賛否両論!?

●トヨタ「アイシス」

 日本国内専用車として開発され、2004年に発売された7人乗りミニバンのトヨタ「アイシス」は、助手席側センターピラーをドアに内蔵することで大開口を実現した「パノラマオープンドア」や、多彩なシートアレンジの採用により、優れた乗降性と積載性を誇るミニバンです。

 7人乗りのシート配列は2人/3人/2人で、折り畳めば広いセンターキャビンとなる助手席タンブルシートやチップアップ機構付セカンドシート、5:5分割の床下格納機構付サードシートと、多彩な室内空間を実現。

 搭載されたエンジンは最高出力132馬力の1.8リッター直列4気筒と、155馬力の2リッター直列4気筒の2種類を設定。トランスミッションは1.8リッター車が4速AT、2リッター車はCVTが組み合わされました。

 2009年には新世代の「バルブマチック」エンジンを搭載して出力の向上とともに、装備の充実が図られました。

 しかし、ライバルのホンダ「ステップワゴン」や日産「セレナ」、自社の「ノア/ヴォクシー」ほどの人気は得られずに、2017年に販売を終了。

 なお、アイシスは一度もフルモデルチェンジすることなく、13年間も販売された長寿モデルです。

●マツダ「ビアンテ」

 2008年に発売されたマツダ「ビアンテ」は、ライバルの人気に追随すべく「プレマシー」をベースに新開発されたトールタイプのミニバンです。

 全長4715mm×全幅1770mm×全高1835mm(2WD)の3ナンバー専用ボディにより、同クラスで最大級の室内空間を誇っていました。

 また、室内は後列にいくに従いヒップポイントが高くなるようにレイアウトされ、どこのシートに座っても良好な前方視界が得られることで閉塞感を低減。

 2列目シートの足元に前後長863mmの広々としたスペースを確保して、開放感を高める「リビングモード」、2列目シートを左右に分割する「ウォークスルーモード」、そして荷物を満載に積み込むことができる「ラゲッジモード」など、多彩なシートアレンジを実現していました。

 搭載されたエンジンは最高出力144馬力の2リッター直列4気筒直噴と、165馬力の2.3リッター直列4気筒の2種類を設定。

 そして、ビアンテ最大の特徴は、ヘッドライトからAピラーにつながる有機的なフロントのデザインでしたが、かなり好き嫌いが別れてしまいます。

 2017年にマツダはミニバン市場から撤退し、SUVに注力すると宣言。同年にビアンテの生産を終了しました。

※ ※ ※

 今回紹介したミニバンのなかで印象的だったのがラフェスタ、ディオン、アイシスで、共通項としては1600mm台の全高かつスライドドアという点があります。

 全高が低ければ、セダンなどからの乗り換えでも違和感なく運転できるメリットがりますが、乗降性では劣ってしまいます。

 ホンダ「オデッセイ」は3代目と4代目で、低床化技術により1550mm以下の全高を実現して高評価でしたが、ヒンジドアで、5代目では全高を高くしてスライドドアになりました。

 やはり、スライドドアで低い全高というのが、3車がヒットしなかった一番の理由だったのかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します