現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 売ってくれ!! 最新フェアレディZ「サファリ仕様」登場!! 知ってる人も知らない人も大興奮

ここから本文です

売ってくれ!! 最新フェアレディZ「サファリ仕様」登場!! 知ってる人も知らない人も大興奮

掲載 更新 10
売ってくれ!! 最新フェアレディZ「サファリ仕様」登場!! 知ってる人も知らない人も大興奮

 日産自動車は、世界最大の自動車部品トレードショーであるSEMAショー2023(10月31日~11月3日)において、「Z(日本名:フェアレディZ)」のラリー仕様カスタマイズカー「サファリ ラリー Z トリビュート」を出展した。

 「Zのラリー仕様!??」と驚く人もいるかも知れないが、本モデルはモータースポーツファンならピンとくるはずのオマージュカスタム。「サファリ ラリー Zトリビュート」の詳細をご紹介しよう。

売ってくれ!! 最新フェアレディZ「サファリ仕様」登場!! 知ってる人も知らない人も大興奮

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:NISSAN

ラリー初出場でいきなり総合優勝!!

 「サファリラリー」は、アフリカのケニアで開催される伝統的なレースだ。1960年代には、日本の自動車メーカーが過酷な環境の中でクルマの耐久性をアピールするためにこぞって参戦しており、ブルーバード410/510で参戦していた日産は、当時圧倒的な強さを世界に見せつけていた。

 510で参戦した1970年には、日産車として初優勝。「サファリの日産」を確立させるも、翌1971年のレースでは、なんとルートが変更になり、前年のマシンセッティングは使えなくなるという羽目に。高速セクションが設けられたため、日産は「ダットサン240Z(S30型ラリー仕様)」に車両を変えて参戦、240Zは初出場で、いきなり総合優勝を果たした。

 翌年の1972年こそ優勝を逃したものの、1973年には再び総合優勝を果たし、日産Zの技術力の高さ、そして日産チームのレーシングスピリットの強さを世界に印象づけた。この出来事は日産のレースシーンを語る上で欠かせないマイルストーンとなっている。

ダットサン240Zラリー仕様(レプリカ)。1971年のサファリラリーに初参戦にして総合優勝を飾った

こちらが、「Z(日本名:フェアレディZ)」のラリー仕様カスタマイズカー「サファリ ラリー Z トリビュート」

[usedcar-search brand_cd="1015" body_cd="1" car_cd="10151006" keyword="フェアレディZ" limit=30]

スキッドプレート装着など、本気のラリー仕様

 そのダットサン240Zをオマージュしたのが、今回のSEMAショー2023に出展された「サファリラリーZトリビュート」というわけだ。1971年に参戦したダットサン240Zと同様、深紅のボディカラーにブラックのボンネットというカラーリングが施され、KW社製サファリサスペンションとNISMOサスペンションにより、車高は2インチ(約5cm)高められ、17×7.5インチのNISMO製サファリホイールに、ダート用の「ヨコハマ GEOLANDAR M/T G003」タイヤを装着する。

 過酷なラリーレイドをこなすためにはフロントセクションをしっかり保護する必要があるが、このカスタムカーは、フォルムを妨げずに機能性を高めるバンパーガードとスキッドプレートで武装されている。またNISMO製オフロードLEDライトにより、ナイトレースにもしっかり対応させている。

 搭載されるVR30DDTTエンジンは、AMS社によって400馬力以上にチューニングされ、NISMOトラックキャットバックエキゾーストシステム、エアインテーク、カーボンファイバーのエンジンカバー、拡張された冷却水タンク、ヒートエクスチェンジャー、ストリートツインクラッチ&フライホイールなどで強化。インテリアには、ボディカラーに調和したレッド×ブラックのトリムが採用され、4点式ハーネスを備えたカスタムロールバーと、インテリアカラーにカスタムされたレカロのポールポジションシートが確認できる。

サファリラリーZトリビュートのフロントセクション。スキッドプレート装着で本気のラリー仕様だ

クルマの面白さ、楽しさを伝えてくれた!!

 SEMAショー2023では、この「サファリラリーZトリビュート」と、1971年に総合優勝を飾った「ダットサン240Z」のレプリカが並べて展示されていた。前述したように、1971年のサファリラリーで前年に優勝したブルーバードに代わって出場したダットサン240Zだが、優雅なクーペスタイルのスポーツカーが過酷なラリーを制することで、その性能を最高の形でアピールできたと思う。

 あれからおよそ50年が経過し、電動化やライフスタイルが変わることで日産の伝統的なモデルがラインアップから次々に姿を消しつつあるが、フェアレディZは、純ガソリン車のスポーツカーとしていまも残されている。

 そのZの初代モデルがサファリラリーでおさめた成功を、日産は最新のZでオマージュしたわけだ。現在も日産は、スーパーGTやスーパー耐久、そしてフォーミュラE世界選手権など、数々のレースに参戦しているが、ラリーという印象はない(もしくは忘れている)人は多いと思う。そんななかで出展された今回のサファリラリーZトリビュートは、日産の輝かしい歴史を知らしめて(思いださせて)くれたものであり、ゼロ・エミッションだけが取り上げられがちな流れの中で、クルマの面白さ、楽しさを、クルマファンにこうした形で伝えてくれたことは、クルマ好きとしては嬉しいこと。今後もZの活躍を期待したい!!

サファリラリーZトリビュートのインテリア。ボディカラーに合わせたトリムが雰囲気を盛り上げる

こんな記事も読まれています

テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
ベストカーWeb
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
ベストカーWeb
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
ベストカーWeb
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
AUTOSPORT web
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
AUTOCAR JAPAN
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
ベストカーWeb
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
AUTOCAR JAPAN
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
グーネット
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
乗りものニュース

みんなのコメント

10件
  • ora********
    サファリの前に普通にZを買えるようにしてくれ
  • yuz********
    普通のも走ってるの見た事無い
    どこ行ったら見れるん?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

539.9920.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.02800.0万円

中古車を検索
フェアレディZの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

539.9920.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.02800.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村