サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマの「ポールアンテナ」中央後 右後 右前 なぜ設置位置まちまち? ベスト角度は?

ここから本文です

軽自動車では特にまちまちな取り付け位置

 クルマのアンテナには様々な種類がありますが、軽自動車やコンパクトカーでは、可倒式の「ポールアンテナ」が多く見られます。日産「ノート」やホンダ「フィット」といったコンパクトカーでは、屋根の後方中央に設置される傾向ですが、特に軽自動車では取り付け位置が車種によりまちまちです。

「やけに赤信号に捕まる…」には理由あり ドライバーが気づかない信号の仕組み

 たとえばスズキでは、「ワゴンR」「ハスラー」「スペーシア」など多くの車種で、屋根後方の右側に設置されています。一方ダイハツでは、「ミラ」シリーズや「ムーヴキャンバス」「タント」「ウェイク」など、運転席上に設置されているものが多いです。

おすすめのニュース

サイトトップへ