現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 3列シートのマツダ[CX-80]発表! CX-60と違うのはめちゃ長い全長と6&7人乗り 日本発売は2024年秋頃!

ここから本文です

3列シートのマツダ[CX-80]発表! CX-60と違うのはめちゃ長い全長と6&7人乗り 日本発売は2024年秋頃!

掲載 4
3列シートのマツダ[CX-80]発表! CX-60と違うのはめちゃ長い全長と6&7人乗り 日本発売は2024年秋頃!

 4月18日(現地時間20時)、マツダの欧州部門、マツダモーターヨーロッパは、3列シートのクロスオーバーSUV、CX-80をワールドプレミア。このCX-80は欧州だけでなく日本への導入を予定している。はたして、その中身はいかに!

文/ベストカーWeb編集部、写真/マツダモーターヨーロッパ

3列シートのマツダ[CX-80]発表! CX-60と違うのはめちゃ長い全長と6&7人乗り 日本発売は2024年秋頃!

■CX-60のボディ長い3列シート版!

欧州で発表された新型CX-80(PHEV)

 マツダの欧州部門、マツダモーターヨーロッパは、CX-80を世界初公開。このCX-80は、CX-60のボディサイズを拡大し、3列シートにしたモデルで、欧州では2024年5月に予約受注を開始し、2024年秋の発売を予定している。

 CX-60とほぼエクステリアデザインは変わらないが、Cピラーの形状が異なる。CX-80はウインドウ全体にメッキ加飾が施され、太いCピラーが目立つ。

CX-80のリアスタイル

 欧州向けのパワートレーンには、 2.5L、直4ガソリンエンジンをベースとしたプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」と、3.3L、直6ディーゼルエンジンとM Hybrid Boost(48Vマイルドハイブリッド)を組み合わせた「e-SKYACTIV D」の2種類を設定。 おそらく日本市場向けにもこの2種類のパワートレーンがラインナップされるだろう。

 安全面では、欧州向けとしては初採用となるクルージング&トラフィックサポート(CTS、緊急停止支援機能付き)がトピックス。

 クルージング&トラフィックサポート使用中に手放し運転やドライバーの居眠り、脇見を検知した場合には、注意喚起を段階的に行ない、体調急変や漫然運転などドライバーの原因による事故リスクの低減を図るという。また注意喚起をしてもドライバーの状態に変化がない場合は、被害衝突軽減のため車両の減速、停止を支援する。

M Hybrid Boostを搭載するCX-80

こんな記事も読まれています

堂々デザインで衝撃デビュー!! マツダの高級3列シートSUV[CX-80]が魅力の塊! 2024年秋に日本上陸なるか!?
堂々デザインで衝撃デビュー!! マツダの高級3列シートSUV[CX-80]が魅力の塊! 2024年秋に日本上陸なるか!?
ベストカーWeb
まるで[高級スニーカー]のようなクルマ!? 新型SUV[キックス]はe-POWERのみで2025年日本上陸か
まるで[高級スニーカー]のようなクルマ!? 新型SUV[キックス]はe-POWERのみで2025年日本上陸か
ベストカーWeb
[破格]ロッキーは170万円で広々空間!! マツダはクラス超えのカッコよさ! 300万円で買えるSUV6選
[破格]ロッキーは170万円で広々空間!! マツダはクラス超えのカッコよさ! 300万円で買えるSUV6選
ベストカーWeb
新型フリードに対抗!? シエンタが5月20日に一部改良! え、こんなんでいいの?
新型フリードに対抗!? シエンタが5月20日に一部改良! え、こんなんでいいの?
ベストカーWeb
マツダ[新型CX-5]はどうなる? 自社製のストロングハイブリッドを搭載することを明言! 今わかっている最新情報すべて!
マツダ[新型CX-5]はどうなる? 自社製のストロングハイブリッドを搭載することを明言! 今わかっている最新情報すべて!
ベストカーWeb
日産はなぜ日本で出さない? 早く乗りたいVCターボ!! 中国仕様[パスファインダー]試乗したらスゴかった
日産はなぜ日本で出さない? 早く乗りたいVCターボ!! 中国仕様[パスファインダー]試乗したらスゴかった
ベストカーWeb
そりゃヤリスクロスに負けるわ……キックス高くね!? 新型キックスカッコいいけどいくらかね!?
そりゃヤリスクロスに負けるわ……キックス高くね!? 新型キックスカッコいいけどいくらかね!?
ベストカーWeb
マツダ新型「CX-5」登場へ! 自社製ハイブリッド搭載に「楽しみ!」「大きく変えないで」の声も!? 次期型の反響は?
マツダ新型「CX-5」登場へ! 自社製ハイブリッド搭載に「楽しみ!」「大きく変えないで」の声も!? 次期型の反響は?
くるまのニュース
エクストレイルとキックスが黒金フェイス!! 特別仕様車が激アツ!! しかも一部改良で充実機能で勝負
エクストレイルとキックスが黒金フェイス!! 特別仕様車が激アツ!! しかも一部改良で充実機能で勝負
ベストカーWeb
マツダの新型SUV『CX-70』、ターボ+ハイブリッド搭載…メキシコ市場に導入へ
マツダの新型SUV『CX-70』、ターボ+ハイブリッド搭載…メキシコ市場に導入へ
レスポンス
ホンダの[新型WR-V]が高コスパ!! カロクロ超えの1位は? 各社コンパクトSUV勢のオススメ
ホンダの[新型WR-V]が高コスパ!! カロクロ超えの1位は? 各社コンパクトSUV勢のオススメ
ベストカーWeb
トヨタ新型「コンパクトSUV」発表! 驚きの”レクサス顔”に進化!? 顔面刷新の”最売れモデル”「カローラクロス」亜で登場
トヨタ新型「コンパクトSUV」発表! 驚きの”レクサス顔”に進化!? 顔面刷新の”最売れモデル”「カローラクロス」亜で登場
くるまのニュース
全長5m級! ホンダの「最上級セダン」登場! “流麗デザイン”×めちゃ「上質インテリア」採用! 「新型アコード」どんな人が買ってる?
全長5m級! ホンダの「最上級セダン」登場! “流麗デザイン”×めちゃ「上質インテリア」採用! 「新型アコード」どんな人が買ってる?
くるまのニュース
マツダから「次期CX-5」登場! 上質な“ミドルSUV”全面刷新へ  自社ハイブリッド搭載明らかに
マツダから「次期CX-5」登場! 上質な“ミドルSUV”全面刷新へ 自社ハイブリッド搭載明らかに
くるまのニュース
なぜホンダは日本で売らないのか? [インスパイア]PHEVは乗り味滑らかなFFサルーンに仕上がっているのに!!!
なぜホンダは日本で売らないのか? [インスパイア]PHEVは乗り味滑らかなFFサルーンに仕上がっているのに!!!
ベストカーWeb
新しいボディカラーも追加! スズキ 軽トラック「キャリイ」「スーパーキャリイ」ほか一部仕様変更 ハイゼットトラック追撃なるか?
新しいボディカラーも追加! スズキ 軽トラック「キャリイ」「スーパーキャリイ」ほか一部仕様変更 ハイゼットトラック追撃なるか?
ベストカーWeb
キャデラックの最高級SUV『エスカレード』、大胆フェイスで今夏デビューへ…デザイン大予想
キャデラックの最高級SUV『エスカレード』、大胆フェイスで今夏デビューへ…デザイン大予想
レスポンス
BMWが14車種の新型車を発売へ…『X3』や『1シリーズ』に新型 2024年
BMWが14車種の新型車を発売へ…『X3』や『1シリーズ』に新型 2024年
レスポンス

みんなのコメント

4件
  • hirokazu****
    SUVというより普通にミニバンなスタイル…。MPVとしてスライドドアの方が良さそうな気もしますが。
  • bla********
    リアドアが結構長いな。3列目の昇降性が良さそう。2列目のスライド量が長ければリムジンぽく使えて良いかもね。中国の富裕層が好きなやつだ。
    車好き目線だとカッコ悪いけど、ロングホイールベースでリアシートが快適なSUVは女性からの支持は受けそう。全長短くて運転しやすい方が良いけれど。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

322.3567.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

269.9646.3万円

中古車を検索
CX-60の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

322.3567.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

269.9646.3万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村