現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > サーキットの名門が「悪路に降臨」したらもの凄い強かった! そもそもなぜ「HKS」がダートラに挑戦しているのか?

ここから本文です

サーキットの名門が「悪路に降臨」したらもの凄い強かった! そもそもなぜ「HKS」がダートラに挑戦しているのか?

掲載 15
サーキットの名門が「悪路に降臨」したらもの凄い強かった! そもそもなぜ「HKS」がダートラに挑戦しているのか?

 この記事をまとめると

■全日本ダートトライアル選手権に「HKSランサーエボリューション」が参戦している

タワーバー・マフラー・ダンパー! クルマの定番チューニングは実際何が変わる?

■HKSワークスカラーの同車はデビュー戦をいきなり優勝で飾った

■HKSが手がけるHKSランサーエボリューションにはいくつもの独自アイディアが注ぎ込まれている

 ダートラでデビューウィンを飾ったHKSランエボ

 全日本ダートトライアル選手権・第3戦「DIRT-TRIAL in NASU」が4月29日~30日、栃木県の丸和オートランド那須で開催された。好天に恵まれた29日の公開練習から激しいタイム争いが展開され、最高峰のDクラスでは各チームのモンスターマシンがアグレッシブな走りを見せていたのだが、そのなかでひときわ注目を集めていたのが、HKSワークスカラーの三菱ランサー、04号車の「HKSランサーエボリューション」だった。

 同マシンのステアリングを握るのは、国内外のラリーを経て、現在は全日本ダートトライアル選手権のDクラスで活躍している田口勝彦で、昨年まで投入していた自社開発のフォード・フィエスタから、HKSが開発したランサーにスイッチ。開幕戦の京都で、同マシンのデビューウインを果たすなど、いきなり素晴らしいパフォーマンスを披露していたのである。

 それにしてもHKSが全日本ダートトライアル選手権にワークス体制で参戦するのは極めて珍しい。ご存じのとおり、HKSはレース用エンジンおよびパーツの開発・製造を目的に1973年に設立されたアフターパーツメーカーで、1986年に富士GCレースに参戦したほか、1991年にはRRCドラッグレースで0-400mにおいて7秒91をマークし、日本新記録を樹立するなど黎明期より活躍。1992年には「HKSスーパーオイル」の発売に合わせて、全日本ツーリングカー選手権にワークスカラーの日産スカイラインGT-Rを投入するほか、1994~1997年にはオペル・ベクトラで参戦するなど、主にサーキットを舞台にしたレース競技で活躍していた。

 2001年にドリフト競技のプロ選手権、D1グランプリがスタートすると、HKSはワークス参戦を開始したほか、2006年には国内主要サーキットでチューニングカー最速タイムアタックに挑戦。まさにHKSの活動の舞台は舗装路が中心となっていたのだが、その名門チームが突如として未舗装路のタイムアタック競技にチャレンジしているのである。

「当社が創立50周年という節目の年を迎えたこともあり、新しいチャレンジを開始していこうという話になりました。過去にサプライヤーとしてエンジンチューニングの部分でユーザーをサポートしたことはありましたが、会社の独自のチームとして未舗装路の競技にチャレンジしたことがなかったので、50周年を機に参戦を開始しました」。

 そう語るのはHKSでモータースポーツプロジェクトを担当する大森 継氏で、さらに大森氏は「当社が最後に公式競技に参戦していたのは、9年前のD1グランプリが最後になりますので、それ以降に入社したスタッフが競技の現場を知らない。だんだん、そういった社員も増えてきましたので、10名程度をチームに帯同させてモータースポーツの現場を経験させるなど、人材育成も目的になっています」と付け加える。

 HKSでは昨年まで田口のフィエスタのエンジンチューニングを担当していたことから、このプロジェクトのドライバーとして田口を抜擢したことは、極めて自然の流れだったのだろう。

 HKSランサーエボリューションの復活に期待

 こうしてダートトライアルでの挑戦を決定したHKSは、数年前からマシンの基礎開発を進め、2022年のJAFカップオールジャパンダートトライアルで自社開発のランサーを投入し、JD1クラスで3位入賞。そして、前述のとおり、2023年の開幕戦・京都で全日本ダートトライアル選手権への参戦を開始し、デビュー戦を勝利で飾っていたのだが、それもそのはず、同社が手がけたHKSランサーエボリューションには独自のアイディアが注ぎ込まれている。

 近年のD車両はラジエターをリヤに搭載するマシンが主流となっているが、「できるだけ重量物を中央に置きたかった」と大森氏が語るように、HKSランサーエボリューションは助手席にラジエータを搭載。そのために、バルクヘッドに穴を開けて空気を導入するほか、エアクリーナーの吸入口も助手席にマウントするなど独自のレイアウトが行われている。

 さらに、同モデルの特徴は「空力のために、できるだけ腹下をフラットにしたかった」と大森氏が語るように、サーキットを舞台にとするレーシングカーのように、アンダーガードでフラットボトム化を追求。そのために、センタートンネルとマフラーをリフトアップするなど、大胆なモディファイが実施されている。

 そのほか、回頭性を高めるべくメンバー位置を変更してホイールベースを短縮するなど、細部の作り込みに余念がない。

 HKSランサーエボリューションの車両重量は約1250kg、エンジンの最高出力も約470馬力とライバル車両と比較しても飛び抜けた数値ではないが、これらの独自のアイディアを注ぎ込むことにより、抜群のパフォーマンスを発揮しているようだ。

 事実、ステアリングを握る田口は「いままでにないランサーですね。ハンドリングがいいのでコントロールしやすいし、動きがクイックです。パワーや軽量化など、まだ課題はありますが、スタートのパッケージとしては悪くない。高速コースから中低速コースまでオールマイティに速いと思います」と好感触。

 その言葉を証明するように、第2戦の丸和でも、ドライで行われた土曜日の公開練習で4番手タイムをマークするなど順調な立ち上がりを見せいていた。

 それだけに、日曜日の競技本番でも田口×HKSランサーエボリューションの躍進が期待されていたのだが、雨に祟られた第1ヒートで予想外のハプニングが発生。「たぶん、駆動系の問題だと思うけど、右コーナーを抜けるところで、クルマが左に進んでそのまま側面に乗り上げてしまった」と田口が語るように、痛恨のロールオーバーを喫し、そのままリタイアになってしまったのである。

 まさに田口×HKSにとっては悔しいリザルトであり、トラブルの原因や今後のリペアの可否、第4戦・砂川以降の活動プランが未定という状況となった。

 それでも「開幕戦の京都からアンチラグの制御を変更するなど確実に進化しています」と田口が手応えを語っていたほか、HKSの大森氏も「ブランド戦略的にHKSは未舗装路でも速いというイメージをつけたいし、ダートトライアルを盛り上げたいという気持ちもあります」と語っているだけに、HKSランサーエボリューションの復活に期待したい。

こんな記事も読まれています

こんなヒトは合宿向き!? “自動車教習所のセンセイ”達に聞いた、免許取得の実態とは
こんなヒトは合宿向き!? “自動車教習所のセンセイ”達に聞いた、免許取得の実態とは
グーネット
「ホイールナットが手で緩むんですけど……」 若き「学生整備士」が地域を救った!! 八丈島から日本を変える愛車無料点検イベントってなんだ
「ホイールナットが手で緩むんですけど……」 若き「学生整備士」が地域を救った!! 八丈島から日本を変える愛車無料点検イベントってなんだ
ベストカーWeb
エスクードサイズのBEVが日本でも発売!? インド生産のコンパクトSUV「eVX」が2025年登場か
エスクードサイズのBEVが日本でも発売!? インド生産のコンパクトSUV「eVX」が2025年登場か
ベストカーWeb
Juju担当の“ジェネレーションギャップ”/コーナー名、通じず/トゲトゲしてる?etc.【SFメディアデー・ダイジェスト】
Juju担当の“ジェネレーションギャップ”/コーナー名、通じず/トゲトゲしてる?etc.【SFメディアデー・ダイジェスト】
AUTOSPORT web
R’Qs MOTOR SPORTS、2024年もメルセデスAMGでGT300参戦へ。ドライバーは4名体制
R’Qs MOTOR SPORTS、2024年もメルセデスAMGでGT300参戦へ。ドライバーは4名体制
AUTOSPORT web
DSオートモビル「DS3」華やかなインテリア 匠のワザ光る特別モデル登場
DSオートモビル「DS3」華やかなインテリア 匠のワザ光る特別モデル登場
グーネット
トヨタ「ランドクルーザー250」米国版はターボハイブリッド! レトロな“1958”モデルも
トヨタ「ランドクルーザー250」米国版はターボハイブリッド! レトロな“1958”モデルも
グーネット
残るひとつのシートの行方は。TGM Grand Prixから参加するハイマン「今回のテストにかかっている」
残るひとつのシートの行方は。TGM Grand Prixから参加するハイマン「今回のテストにかかっている」
AUTOSPORT web
フォレスターBEVが誕生!? 2025年にスバル独自開発のBEVを投入!! 航続距離700kmを目指す!
フォレスターBEVが誕生!? 2025年にスバル独自開発のBEVを投入!! 航続距離700kmを目指す!
ベストカーWeb
戦闘機感あふれる限定カラー「アームズグレー」がオススメ! レイズ「VERSUS VV21S」のロービジ塗装に注目です
戦闘機感あふれる限定カラー「アームズグレー」がオススメ! レイズ「VERSUS VV21S」のロービジ塗装に注目です
Auto Messe Web
ショウエイ「グラムスター」に HEIWA MOTORCYCLE オリジナルデザインのグラフィックモデルが登場!
ショウエイ「グラムスター」に HEIWA MOTORCYCLE オリジナルデザインのグラフィックモデルが登場!
バイクブロス
ショウエイのツーリングフルフェイス GT-Air3 にグラフィックモデル「REALM/レルム」が登場!
ショウエイのツーリングフルフェイス GT-Air3 にグラフィックモデル「REALM/レルム」が登場!
バイクブロス
【24’ 2/19最新】レギュラーガソリン平均価格174.3円 6週連続の値下がり
【24’ 2/19最新】レギュラーガソリン平均価格174.3円 6週連続の値下がり
グーネット
「高速PAがゴルフ練習場」見納めへ 阪神高速のオアシス「路外PA」施設閉鎖に惜しむ声
「高速PAがゴルフ練習場」見納めへ 阪神高速のオアシス「路外PA」施設閉鎖に惜しむ声
乗りものニュース
見た目は旧式 中身は最新! EVなら悪路が簡単になる MWモーターズ・スパルタンへ試乗 
見た目は旧式 中身は最新! EVなら悪路が簡単になる MWモーターズ・スパルタンへ試乗 
AUTOCAR JAPAN
1日に短縮で転倒相次ぐSBKテスト。BMWのラズガットリオグルが首位、鍵となるタイヤライフに各メーカーが苦戦
1日に短縮で転倒相次ぐSBKテスト。BMWのラズガットリオグルが首位、鍵となるタイヤライフに各メーカーが苦戦
AUTOSPORT web
シートベルトしめて!!「後部座席の半数以上が未着用」義務化から15年以上経過 改善みられず?
シートベルトしめて!!「後部座席の半数以上が未着用」義務化から15年以上経過 改善みられず?
乗りものニュース
アルファロメオ、最新SUV『トナーレ』に“ヴェローチェ・スマート・パッケージ”を160台限定導入
アルファロメオ、最新SUV『トナーレ』に“ヴェローチェ・スマート・パッケージ”を160台限定導入
AUTOSPORT web

みんなのコメント

15件
  • オフロード速い人は
    オンロードめちゃくちゃ速い
    雨も平気だし
  • HKSといえば、WRCで勝ちまくってた頃のランエボのエンジン組んでたはず。ダートらに直接参戦しても別に驚かない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

324.5540.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

95.01025.0万円

中古車を検索
ランサーエボリューションの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

324.5540.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

95.01025.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村