現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今度のスバル「新型フォレスター」はレイバック要らず!? ラゲッジスペースの拡大で全方位SUVに進化!

ここから本文です

今度のスバル「新型フォレスター」はレイバック要らず!? ラゲッジスペースの拡大で全方位SUVに進化!

掲載 22
今度のスバル「新型フォレスター」はレイバック要らず!? ラゲッジスペースの拡大で全方位SUVに進化!

 すでに北米市場では新型モデルが2024年2月のシカゴショーで実車が公開されている新型フォレスター。日本国内ではまだ現行モデルが販売されているが、唯一の弱点ともいえるラゲッジ容量が新型では解消されるとか!?

文/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、写真/スバル

今度のスバル「新型フォレスター」はレイバック要らず!? ラゲッジスペースの拡大で全方位SUVに進化!

■スバルの屋台骨を支えるモデルだが、ラゲッジにはユーザーから不満が……

北米ではすでに新型6代目モデルが登場したフォレスター

 日本での登場も待たれる新型フォレスター。従来型よりも大幅に進化しそうなのがラゲッジスペースの拡大だ。その背景には2023年に誕生したレヴォーグの派生モデル、クロスオーバーSUVであるレヴォーグレイバックの存在がある。

 そもそもスバルの現行SUVラインナップはフラッグシップのレガシィアウトバックを皮切りに、フォレスター、クロストレック、そしてライズのOEMモデルとなるレックスで形成される。

現行5代目フォレスター。総合的なSUVとしての実力は高いものの、ラゲッジ容量の物足りなさがユーザーから指摘されていた

 スバルSUV群で問題となっていたのは、実はラゲッジの容量だった。グローバルで売れ筋モデルとなっている現行型フォレスターのラゲッジ容量はVDA方式で509~520L。もちろん、ミドルサイズSUVとして過不足はないものの、ディーラーによれば若干余裕がないことを指摘するユーザーが多かったというのだ。

 これに対して、フラッグシップモデルのレガシィアウトバックは559L、ステーションワゴンのレヴォーグは561Lを確保していた。このラゲッジ容量の違いがレヴォーグレイバック誕生につながった。

 サイズを見ると、レガシィアウトバックは全長4870×全幅1875×全高1670~1675mm、ホイールベース2745mm。現行フォレスターは全長4640×全幅1815×全高1715~1730mm、レヴォーグは全長4755×全幅1795×全高1500mm、ホイールベースはいずれも2670mm。

[articlelink]

■新型フォレスターはサイズアップに伴い、ラゲッジ容量は若干拡大へ

新型フォレスターのボディサイズ全長4655×全幅1828×全高1730mmと現行型から若干サイズアップされている

 現行フォレスターはミドルSUVとしての実力は確かなものがあり、市場でも評価されていたのだが、国内ユーザーから指摘されていたラゲッジ容量の問題が数少ない現行フォレスターの弱点だったと言えるだろう。

 また、北米市場をはじめ、現行型フォレスターはグローバルでのスバルの売れ筋SUVに成長していたのだが、レヴォーグとレヴォーグレイバック、WRX S4にインプレッサ、そしてクロストレックとレガシィアウトバックと主力モデルのシャシーは、スバルグローバルプラットフォームにフルインナーフレーム構造をプラスした「第2世代」となっている。

 つまり、スバルの主力モデルでは唯一、旧世代のシャシーのままなのが現行フォレスターなのだ。6代目となる新型フォレスターではプラットフォームがいよいよフルインナーフレーム構造のものとなり、構造用接着剤の適用拡大、サスペンション取り付け部の剛性向上で、動的質感が大幅に向上しているという。

新型フォレスターのラゲッジスペース。現行型よりもアップしているのか?

 その北米仕様のボディサイズは現行型から若干アップとなる全長4655×全幅1828×全高1730mm、ホイールベース2670mmで最低地上高は221mmとやや上げてきた。全長が30mm、全幅が13mmアップしており、懸念されていたラゲッジ容量も向上させているのは間違いないだろう。

 2023年11月のLAショーで発表された北米モデルが搭載するエンジンは2.5Lの水平対向4気筒DOHC。そのスペックは最高出力180ps/最大トルク24.6kgmだが、日本仕様にはまた別のパワーユニットが採用されるはず。

■日本仕様にはストロングハイブリッド搭載か?

北米仕様に搭載されている水平対向4気筒、2.5LDOHCは日本仕様に採用される可能性が薄い

 スバルの現在のアキレス腱といえばCAFE(企業平均燃費)対策。その切り札がストロングハイブリッドになるのは間違いないが、このあたりはクロストレックなどほかのSUVに積まれる可能性もあり、スバル初のストロングハイブリッド搭載モデルがどれになるのかは未定だ。

新型フォレスターのインパネ。レヴォーグやクロスバックに準ずるスバル最新版のインテリアとなる

 ただし、そうなると価格の上昇は避けられないだろう。現行モデルが2Lマイルドハイブリッドと1.8Lターボの2本立てで価格は306万9000~374万円なのに対し、新型がもしストロングハイブリッドを採用すれば車両本体価格が400万円超えとなるであろうことは想像に難くない。

 いずれにせよ、2025年春までには日本市場でも新型フォレスターが登場する。現行モデルのネガをどこまで潰して登場してくるのか、今からその登場が楽しみでならない!

こんな記事も読まれています

フェラーリやランボルギーニの元デザイナー、中国の小鵬汽車がデザイン責任者に起用
フェラーリやランボルギーニの元デザイナー、中国の小鵬汽車がデザイン責任者に起用
レスポンス
トヨタ 新型「4人乗りアルファード」登場! 斬新「後ろ向きシート」×設定無い「2トーン内装」採用! トヨタの「スゴい技術」搭載した謎の個体とは
トヨタ 新型「4人乗りアルファード」登場! 斬新「後ろ向きシート」×設定無い「2トーン内装」採用! トヨタの「スゴい技術」搭載した謎の個体とは
くるまのニュース
背中やお尻が涼しい! 運転を超快適にしてくれる「ファン付き車シート」が最高だ
背中やお尻が涼しい! 運転を超快適にしてくれる「ファン付き車シート」が最高だ
月刊自家用車WEB
メルセデス・ベンツ CL63 AMGの新しい5.5L V8エンジンは想像よりはるかに洗練されていた【10年ひと昔の新車】
メルセデス・ベンツ CL63 AMGの新しい5.5L V8エンジンは想像よりはるかに洗練されていた【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
【買っておきたい21世紀名車】速さを研ぎ澄まし、安心の一体感を追求したシビック・タイプR(FL5型)の肖像
【買っておきたい21世紀名車】速さを研ぎ澄まし、安心の一体感を追求したシビック・タイプR(FL5型)の肖像
カー・アンド・ドライバー
スズキ「快適軽ワゴン」がスゴい! 6年ぶり全面刷新で“クラス超え”「豪華リアシート」採用! “日本イチ売れてる”「スペーシア」の特徴は?
スズキ「快適軽ワゴン」がスゴい! 6年ぶり全面刷新で“クラス超え”「豪華リアシート」採用! “日本イチ売れてる”「スペーシア」の特徴は?
くるまのニュース
赤と白の「ロータリーエンジン搭載スポーツカー」再び実車展示! 市販化の可能性が急上昇!? マツダ「アイコニックSP」の魅力とは
赤と白の「ロータリーエンジン搭載スポーツカー」再び実車展示! 市販化の可能性が急上昇!? マツダ「アイコニックSP」の魅力とは
VAGUE
ほぼ初体験のサルト・サーキットも「目標は優勝」。強力な体制を得て小泉洋史がル・マンに挑む
ほぼ初体験のサルト・サーキットも「目標は優勝」。強力な体制を得て小泉洋史がル・マンに挑む
AUTOSPORT web
フル充電まで1.5時間! 急速充電のポータブル電源『PowerArQ S10 Pro』に新色ブラックが登場
フル充電まで1.5時間! 急速充電のポータブル電源『PowerArQ S10 Pro』に新色ブラックが登場
月刊自家用車WEB
23年ぶり復活!? ホンダ新型「プレリュード」に絶えぬ反響! 美麗すぎる「スペシャリティクーペ」どんなモデルになるのか
23年ぶり復活!? ホンダ新型「プレリュード」に絶えぬ反響! 美麗すぎる「スペシャリティクーペ」どんなモデルになるのか
くるまのニュース
クルマのバックモニターが義務化されたって知ってた? 非装着車にも後付けが必要?
クルマのバックモニターが義務化されたって知ってた? 非装着車にも後付けが必要?
月刊自家用車WEB
ホンダ「新型軽バン」発表! 斬新「“黒すぎ”ボンネット」&めちゃカッコイイ“デカール”設定! 新型N-VAN e:用「純正アクセ」10月発売
ホンダ「新型軽バン」発表! 斬新「“黒すぎ”ボンネット」&めちゃカッコイイ“デカール”設定! 新型N-VAN e:用「純正アクセ」10月発売
くるまのニュース
豊田章男会長が「喜一郎じいちゃん」に会いに行く!? クルマ好きは必読の価値あり 『トヨタの子』から読み解くトヨタの真髄
豊田章男会長が「喜一郎じいちゃん」に会いに行く!? クルマ好きは必読の価値あり 『トヨタの子』から読み解くトヨタの真髄
ベストカーWeb
ヤマハ「シグナス グリファス」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ヤマハ「シグナス グリファス」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
初ル・マンで好調維持する宮田莉朋。欧州で身につけた“新たなメンタル”も武器に
初ル・マンで好調維持する宮田莉朋。欧州で身につけた“新たなメンタル”も武器に
AUTOSPORT web
青好き必見! ブルーのボディとインテリアが個性的なダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
青好き必見! ブルーのボディとインテリアが個性的なダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、[ジムニー顔]イグニス販売終了!! スズキの歴史凝縮デザイン&乗ればいいクルマだったのに!! 隠れた名車説を追う
ええ、[ジムニー顔]イグニス販売終了!! スズキの歴史凝縮デザイン&乗ればいいクルマだったのに!! 隠れた名車説を追う
ベストカーWeb
打倒[アルファード]なんて考えるな!! デリカはそのままでいいの!! 新型デリカも我が道行け!
打倒[アルファード]なんて考えるな!! デリカはそのままでいいの!! 新型デリカも我が道行け!
ベストカーWeb

みんなのコメント

22件
  • mst********
    顔面、一昔前のフォードのエクスプローラーやん
  • keitter
    カタログの数値だけ並べて、ちゃんと実車を見てないことがバレバレの記事。
    カタログの容量は、床下収納も含めた数値。
    実際に普段荷物を載せるスペースはアウトバックよりもレイバックよりも、フォレスターのほうが広く使える。
    高さがあるのとリヤゲートが立っているので、デッドスペースが少ない。
    同クラスの他社SUVと比べても、圧倒的に積めるのはフォレスター。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5390.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

26.0444.1万円

中古車を検索
フォレスターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5390.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

26.0444.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村