現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「新型スポーティセダン」初の実車展示! 全長5m級&流麗ボディの「最上級モデル」一般公開! 新型「アコード」24年春に登場

ここから本文です

ホンダ「新型スポーティセダン」初の実車展示! 全長5m級&流麗ボディの「最上級モデル」一般公開! 新型「アコード」24年春に登場

掲載 11
ホンダ「新型スポーティセダン」初の実車展示! 全長5m級&流麗ボディの「最上級モデル」一般公開! 新型「アコード」24年春に登場

■新型「アコード」初の実車披露 発売までに各地で展示

 ホンダは2023年11月23日から4日間、ポートメッセなごや(名古屋市港区)で開催された「名古屋モビリティショー2023」に出展しました。
 
 同社のブースでは新型「アコード」が一般向けに初公開されています。

【画像】「えっ…!」 これが「ホンダ新最上級セダン」です! 画像で見る(40枚)

 アコードは1976年に登場後、「人と時代に調和したクルマ」という思想のもと、ホンダを代表するモデルとして50年近くにわたって展開されています。

 北米などの市場ではホンダの主力モデルとしてラインナップされる一方で、日本では先代(10代目)が2023年1月に販売終了。国内ではセダンモデルが消滅していました。

 今回投入される11代目アコードは2022年11月に発表後、すでに北米や東南アジア地域で販売されているモデルです。

 ホンダによれば、アコードを国内に再投入する背景について「ホンダのセダンを乗り継ぐユーザーやホンダのファンのために日本に投入することを決めた」と説明します。

 新型アコードは、国内のホンダ車をけん引する新たなフラッグシップモデルに位置し、上質さや高い走行性能はそのままに、最新の運転支援システム「ホンダ センシング 360」を国内初採用したほか、先進感を高めた機能装備などが採用されたことが特徴です。

 日本仕様車のボディサイズは非公開ですが、ホイールベースや全高は先代モデルからは変化させず、全長を延長することでクーペのような流麗なフォルムを表現。

 なお北米仕様車のボディサイズは全長4971mm×全幅1862mm×全高1450mm、ホイールベースは2830mmで、これとほぼ同一サイズになると見られます。

 また、フルLEDの薄型ヘッドライトや横一文字のテールライトを採用し、ワイド感と先進感を向上。ロー&ワイドなプロポーションが強調されています。

 インテリアは近年のトレンドである水平基調のインパネデザインと、フロントグリルをイメージさせる一体加飾を採用。トリム部にはソフトパットを用いたり、ステッチ加工を施すなど上質なイメージをもたせました。

 さらに、日本仕様車ではほかの仕向地にはない装備も設定されました。

 そのひとつが、センターコンソール中央に初採用した、「エクスペリエンス セレクション ダイヤル」です。

 回して押すという直感的な動作でエアコンやオーディオ、イルミネーションを操作するほか、お気に入りの車両状態を登録することで、車内の雰囲気を一変させるカスタムモードを用意しています。

 このほか、エアコンや車両状態でカラーが変化するアンビエントライトや12.3インチインフォテインメントシステム、10.2インチのバイザーレス液晶メーターを採用するなど、上質さに加え、先進感を表現しています。

 後席の快適性も高められており、助手席肩口部にはパワーシートのスイッチが設けられているほか、リアシートヒーターやウインドウサンシェードも装備するなど、上級セダンのような装備も持っています。

 パワートレインは、新世代の2リッターハイブリッドシステム「e:HEV」を採用。エンジンや2モーター内蔵式CVT(無段変速機)を刷新することで、燃費の向上と意のままの走りを実現しました。

 先進運転支援システムには「ホンダ センシング 360」を国内モデル初採用。2025年には高速道路走行時ハンズオフ機能が追加されます。

 ホンダ センシング360は、5台のレーダーにフロントカメラを組み合わせ、前方交差車両警報、車線変更時衝突抑制機能、車線変更支援機能を設定。360度の車両監視が可能になっています。

※ ※ ※

 今回の名古屋モビリティショーでは、新型アコードが一般向けに初公開されました。

 発売までに全国のディーラーにおいて、特別先行展示が実施される予定です。

 なお、先行予約は2023年12月に開始予定で、価格やパワートレイン、装備などの詳細情報は追って明かされるとみられます。

こんな記事も読まれています

電動キックボード「RICHBIT ES1 PRO」がヤマダ電機の自転車取扱店舗にて販売開始!(動画あり)
電動キックボード「RICHBIT ES1 PRO」がヤマダ電機の自転車取扱店舗にて販売開始!(動画あり)
バイクブロス
ホンダの「ミッドシップSUV」登場! 日産じゃないけど”クールな”「Z」!? めちゃコンパクトな「26年落ち軽SUV」米でいくらになった?
ホンダの「ミッドシップSUV」登場! 日産じゃないけど”クールな”「Z」!? めちゃコンパクトな「26年落ち軽SUV」米でいくらになった?
くるまのニュース
極上の日産「R34スカイラインGT-R」が英国オークションに登場! 低走行の“VスペックII” 気になる落札価格とは
極上の日産「R34スカイラインGT-R」が英国オークションに登場! 低走行の“VスペックII” 気になる落札価格とは
VAGUE
今年はルーフにカーナンバー入り! 王座奪還目指すスバルがスーパーGT・GT300のBRZをシェイクダウン
今年はルーフにカーナンバー入り! 王座奪還目指すスバルがスーパーGT・GT300のBRZをシェイクダウン
motorsport.com 日本版
スバル注目モデル購入ガイド~走りの実力/おすすめグレード他~
スバル注目モデル購入ガイド~走りの実力/おすすめグレード他~
グーネット
VW『ティグアン』新型のPHEV、EVモードの航続は120kmに…受注を開始
VW『ティグアン』新型のPHEV、EVモードの航続は120kmに…受注を開始
レスポンス
中国のEVブランド「ZEEKR」のセダン『007』、1万台目がラインオフ…納車開始から2か月足らず
中国のEVブランド「ZEEKR」のセダン『007』、1万台目がラインオフ…納車開始から2か月足らず
レスポンス
進化する車高調整の世界。全長調整式とネジ式、エアサスの比較~カスタムHOW TO~
進化する車高調整の世界。全長調整式とネジ式、エアサスの比較~カスタムHOW TO~
レスポンス
[15秒でわかる]日産『ジューク』改良新型…初代で人気を集めたカラーを復活
[15秒でわかる]日産『ジューク』改良新型…初代で人気を集めたカラーを復活
レスポンス
東名高速「あおり運転」に再び懲役18年、東京高裁差し戻し控訴審[新聞ウォッチ]
東名高速「あおり運転」に再び懲役18年、東京高裁差し戻し控訴審[新聞ウォッチ]
レスポンス
フィアットがSUVコンセプト発表…新デザイン言語を導入
フィアットがSUVコンセプト発表…新デザイン言語を導入
レスポンス
BYDが欧州に初めてPHEVを投入、SUV『シールU』に設定…ジュネーブモーターショー2024
BYDが欧州に初めてPHEVを投入、SUV『シールU』に設定…ジュネーブモーターショー2024
レスポンス
ルノー『5』復活、航続400kmのEVに
ルノー『5』復活、航続400kmのEVに
レスポンス
4/10申込締切  タイの次世代自動車市場:Bangkok International Motor Show 2024取材レポート
4/10申込締切 タイの次世代自動車市場:Bangkok International Motor Show 2024取材レポート
レスポンス
[car audio newcomer]マツダ CX-8(大久保卓哉さん)by サウンドエボリューション ログオン 後編
[car audio newcomer]マツダ CX-8(大久保卓哉さん)by サウンドエボリューション ログオン 後編
レスポンス
即レース可能なホンダ CBR250RR! 戦闘力を向上…東京オートサロン2024
即レース可能なホンダ CBR250RR! 戦闘力を向上…東京オートサロン2024
レスポンス
マクラーレンの電動スーパーカー『アルトゥーラ』、オープン「スパイダー」発表
マクラーレンの電動スーパーカー『アルトゥーラ』、オープン「スパイダー」発表
レスポンス
KDDIとソニー・ホンダモビリティが協業、「AFEELA」のグローバル展開を支援
KDDIとソニー・ホンダモビリティが協業、「AFEELA」のグローバル展開を支援
レスポンス

みんなのコメント

11件
  • irw********
    アコード、デカくなったなぁ
  • ....
    最近またスポーティーって書いときゃ何とかなるって思ってるライター増えたね。
    またこの言葉出るかな?
    スポーティーで高級感があって欧州車の様な車ですねぇ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8425.9万円

中古車を検索
アコードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8425.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村