現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 愛着の湧く小さなボディ スズキ・イグニスで1週間を過ごす 悪路性能は想像以上 後編

ここから本文です

愛着の湧く小さなボディ スズキ・イグニスで1週間を過ごす 悪路性能は想像以上 後編

掲載 6
愛着の湧く小さなボディ スズキ・イグニスで1週間を過ごす 悪路性能は想像以上 後編

木曜日 好感が持てるアスファルト上での走り

スズキ・イグニスと一緒に過ごし始めて4日目。この日は、普段あまり走らない道を運転した。

【画像】愛着の湧く小さなボディ スズキ・イグニス 同クラスのコンパクト・クロスオーバーと比較 全135枚

午前中はロンドンの北、レスターシャー州へフォトグラファーとともに向かい、美しい景色の中でニューモデルへ試乗。見応えのある写真も撮れたようだ。午後はイグニスのオフロード性能を確かめるべく、近場にある採石場へ向かった。

アスファルト上でのイグニスには、とても好感が持てる。洗練されているとはいえないかもしれないが、とても正直なクルマだ。

ステアリングは期待以上に正確で、手のひらへ感触も伝わってくる。シフトレバーは適度に軽く、クラッチペダルは繋がった感覚がちゃんとわかる。寒い朝にはスラストベアリングが少し鳴くが、それも機械を操っている感じがして嫌いではない。

サスペンションは若干突っ張り、バタバタすることもある。でも、不思議なことに好感すら覚える。

コーナーを積極的に攻めるには、その前に充分なスピードへ乗せるための意欲的な運転が必要になる。一度ペースを掴めば、不足ないグリップ力を発揮し、横方向の姿勢制御に不安感がないことへ気付ける。

全幅は1690mmしかないから、狭い道を少ない気づかいでこなせる。小さく軽く、適度な動力性能を備えたクルマは、やはり運転が楽しいのだ。

想像以上に高いオフロードの走破性

そんなことを確かめながら、採石場へ到着。イグニスの最低地上高は180mmと、さほど高いわけではない。履いているタイヤは、ブリヂストン・エコピアという街乗り用。四輪駆動とはいえ、複雑な起伏やぬかるんだ路面で苦労するのでは、と想像していた。

ところが、それはまったくの杞憂。イグニスのトラクション・コントロールにはオフロード用モードが備わり、勾配で活躍するヒルディセント・コントロールも付いている。小さなヤギが身軽に山岳部を歩くように、意に介することなく悪路を進んでいく。

オフロードでも、小さく軽いボディは武器になる。背の高い草が生えた、ぬかるんだ窪地もクリアしていた。急な丘を登る場面では、1速に入れてある程度の助走とフルパワーが必要だったが。

極端に大きな凹凸を避けることも必至ではあった。流石に、小径のオンロード用タイヤとシンプルなサスペンションでは手に負えない。丁寧にスピードを調整しながら、ラインを選んで運転することになる。

それでも機敏なイグニスは、走行不能に陥ることはなかった。悪路の走破性は想像以上といえ、目指せないような目的地は少ないといえる。

土曜日 日常的な家族のニーズを快適にこなす

この日は、子どもたちのサッカークラブの試合に合わせて早起き。午後も通常通り、お父さんとしての運転手業務をこなす、忙しい週末を迎えた。

イグニスは、多くの親が必要とする、頻繁な短距離移動を前提に作られているのだろう。ちょい乗りがしやすい。ランドローバーが止めにくいような狭い駐車場にも、問題なく入っていける。

しかし、ボディが大きいモデルにも有利な点はある。友人のお宅へ子どもが泊まりがけで遊びに行くようなシーンも、その1つだろう。

とはいえ、2名分の折りたたみ式マットレスと寝袋を、問題なくイグニスの荷室に積むことができた。リアシートには子どもが座れ、助手席には着替えやおもちゃも載せられた。

家族4名ぶんの荷物を載せて、遠くの場所まで数日の旅行をするという乗り方は、キャパオーバーだとは思う。日帰りの遠出や郊外のアウトレットへの買い物なら問題ないものの、せいぜい1泊分の荷物くらいしか載せられない。

もっとも、今週末にそんな予定はなし。日常的なソーンダース家のニーズを、すべて快適にこなしてくれた。

日曜日 運転が楽しく愛着が湧くクルマ

1週間を一緒に過ごしてきたスズキ・イグニス。実際に体験してみて、やはり魅力的なモデルだった。

確かに、成長期にある子どもが2人いるような、4人家族の唯一のファミリカーとしては少し役不足かもしれない。多少の制限は生まれると思う。しかし、現代のコンパクトカーに対する考えを改めるのには充分。運転が楽しく、愛着が湧いてくる。

もし自分のクルマだったら、少しリフトアップして、オフロード用タイヤを履かせるだろう。ルーフラックにLEDスポットライトを並べて、フィアット・パンダ風のモディファイを楽しむと思う。きっとカッコいい。

「お父さん、フェラーリSF90の値段で、イグニスは何台変えるかな?」。テールゲートを開いて、荷物を降ろしていた筆者に次男が聞いてきた。「数えきれないくらいかもね」。と答えた。でも、もちろん1台だけで満足できる小さなクロスオーバーだ。

スズキ・イグニス 1.2ブースタージェット・ハイブリッド 4WD SZ5(英国仕様)のスペック

英国価格:1万7499ポンド(約237万円)
全長:3700mm
全幅:1690mm
全高:1605mm
最高速度:165km/h
0-100km/h加速:12.8秒
燃費:18.4km/L
CO2排出量:123g/km
車両重量:940kg
パワートレイン:直列4気筒1197cc自然吸気+ISG
使用燃料:ガソリン
最高出力:83ps/6000rpm
最大トルク:10.9kg-m/2800rpm
ギアボックス:5速マニュアル

こんな記事も読まれています

え、キャリイがジムニー並みのオフローダー!? フツーの人が軽トラを買うワケ
え、キャリイがジムニー並みのオフローダー!? フツーの人が軽トラを買うワケ
ベストカーWeb
MINI、日本初公開モデルをお披露目!東京・渋谷で試乗もできる体感イベント開催
MINI、日本初公開モデルをお披露目!東京・渋谷で試乗もできる体感イベント開催
グーネット
フィアット「500(チンクエチェント)/500C」国内販売終了。累計販売13万台の人気車
フィアット「500(チンクエチェント)/500C」国内販売終了。累計販売13万台の人気車
グーネット
いよいよガソリンはリッター200円に!? 補助金の終了が間近に迫ってきた!
いよいよガソリンはリッター200円に!? 補助金の終了が間近に迫ってきた!
ベストカーWeb
1900馬力のピニンファリーナ「バッティスタ」と10台限定の「B95」が日本上陸! イタリア大使館でお披露目された超弩級ハイパーカーとは
1900馬力のピニンファリーナ「バッティスタ」と10台限定の「B95」が日本上陸! イタリア大使館でお披露目された超弩級ハイパーカーとは
Auto Messe Web
日産エクストレイルがマイナーチェンジ。合わせて90周年記念車をリリース
日産エクストレイルがマイナーチェンジ。合わせて90周年記念車をリリース
カー・アンド・ドライバー
カマルザマン「ドライのマップに変えた」と雨の決勝でベテランの技。Team Frontierは8耐トライアウト首位通過
カマルザマン「ドライのマップに変えた」と雨の決勝でベテランの技。Team Frontierは8耐トライアウト首位通過
AUTOSPORT web
急きょ出場のデビュー戦でファステストラップの爪痕「シングルシーターでも速いことを示せた」バーニコート/SF第2戦
急きょ出場のデビュー戦でファステストラップの爪痕「シングルシーターでも速いことを示せた」バーニコート/SF第2戦
AUTOSPORT web
可能性は感じる ケド「宿題」も多い オモダ5 プロトタイプへ試乗 1.6Lターボの新型SUV
可能性は感じる ケド「宿題」も多い オモダ5 プロトタイプへ試乗 1.6Lターボの新型SUV
AUTOCAR JAPAN
過去最高! 2630台を3カ月で販売したランボルギーニが2024年も好調な業績を維持している理由とは
過去最高! 2630台を3カ月で販売したランボルギーニが2024年も好調な業績を維持している理由とは
Auto Messe Web
深夜バス相次ぎ廃止 一般系統も“整理”へ 京成バスダイヤ改正
深夜バス相次ぎ廃止 一般系統も“整理”へ 京成バスダイヤ改正
乗りものニュース
1200馬力超え“V12”搭載! 「クワッド“バイク”」世界初公開! バイクとクルマ混ぜちゃった! パワーウエイトレシオ1kg/hpの“絶叫マシン”「エングラー V12」英で発表
1200馬力超え“V12”搭載! 「クワッド“バイク”」世界初公開! バイクとクルマ混ぜちゃった! パワーウエイトレシオ1kg/hpの“絶叫マシン”「エングラー V12」英で発表
くるまのニュース
ストロール、優れたタイヤ管理と戦略で入賞「ニコや裕毅をパスできて楽しかった」アストンマーティン/F1第7戦
ストロール、優れたタイヤ管理と戦略で入賞「ニコや裕毅をパスできて楽しかった」アストンマーティン/F1第7戦
AUTOSPORT web
日本限定の『コンチネンタルGTアズール』がベントレー&マリナーから登場。世界10台のみ、4165万円
日本限定の『コンチネンタルGTアズール』がベントレー&マリナーから登場。世界10台のみ、4165万円
AUTOSPORT web
世界に1台 超高級車ブランド「オーダーメイド」に注力 ロールス・ロイス本社工場拡張へ
世界に1台 超高級車ブランド「オーダーメイド」に注力 ロールス・ロイス本社工場拡張へ
AUTOCAR JAPAN
なつかしの「Auto Roman」といえばアルピナ!「ウルフカウンタック」1号車を日本に持ち込んだ名ショップのいまを紹介
なつかしの「Auto Roman」といえばアルピナ!「ウルフカウンタック」1号車を日本に持ち込んだ名ショップのいまを紹介
Auto Messe Web
ベッテルがセナのマクラーレンMP4/8でイモラを走行「国旗を掲げた瞬間に感情が爆発した」
ベッテルがセナのマクラーレンMP4/8でイモラを走行「国旗を掲げた瞬間に感情が爆発した」
AUTOSPORT web
6年ぶりビッグネーム復活!? 新開発のV12エンジンが搭載されるフラッグシップGTとは
6年ぶりビッグネーム復活!? 新開発のV12エンジンが搭載されるフラッグシップGTとは
レスポンス

みんなのコメント

6件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.1199.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.5208.0万円

中古車を検索
イグニスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.1199.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.5208.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村