現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 20代でオーナーになる!と宣言して手に入れた2012年式メルセデス・ベンツ C63AMG パフォーマンスパッケージ(W204型)

ここから本文です

20代でオーナーになる!と宣言して手に入れた2012年式メルセデス・ベンツ C63AMG パフォーマンスパッケージ(W204型)

掲載 更新 98
20代でオーナーになる!と宣言して手に入れた2012年式メルセデス・ベンツ C63AMG パフォーマンスパッケージ(W204型)

いつか欲しいと思うクルマを手に入れる・・・。

Hナンバーの愛車は漆黒のアルファ ロメオ!ドイツ人の画家・スチューデントさんにインタビュー

この「いつか」はいくらでも先延ばしできます。しかし、あまり先延ばしすると、タイミングを逃すばかりか、近い将来、内燃機関のクルマが楽しめない時代に突入しているかもしれません。



今回「20代でメルセデス・ベンツ C63AMG(それも6.3リッターNAのM156型エンジンを搭載する)を買うんだ!」と宣言して、本当に実現させたオーナーさんを取材してまいりました。いざというときの行動力と決断力、大事ですね。



── オーナー紹介&どんな仕事をされているのですか?

19才のときに整備士学校を卒業しました。以来、クルマの整備士として10年間仕事をしています。最初の仕事を経て、国産車の整備を6年間経験したあと、輸入車の世界に足を踏み入れて2年経ちました。



6年間、国産車を経験してから(以前はスバル)、輸入車の整備の世界に入って今年で2年目です。



── PONさんの愛車について教えてください

2012年式メルセデス・ベンツ C63AMG パフォーマンスパッケージ(W204型)です。手に入れて1年半ほど経ちました。



── C63AMGの存在を知ったきっかけを教えてください

当時所有していたスバル エクシーガを運転してパーキングエリアを出ようとしたとき、背後から1台のクルマが猛スピードで走ってきたんです。走り去る音とスピードに魅了されてしまいました。



そのクルマのテールランプに見覚えがあったので、調べてみるとC63AMGだと分かったんですね。



その後、地下駐車場でたまたまC63AMGを見掛けまして。「このクルマがC63AMGか!」と一発で惚れてしまいました。



とはいえ、当時はまだ20代半ば。当時は国産車の整備に携わっていたこともあり「輸入車なんて縁遠い世界」だと思っていました。その後、転職して輸入車の整備に携わるようになったことが、C63AMGを手に入れるうえで大きな足掛かりになったと思います。



── C63AMGを買おうと決断したのはいつ頃でしたか?

26、7才ころだったと思います。それまでは輸入車に対しての関心もそれほどありませんでしたから。ましてやメルセデス・ベンツなんて、おじさまやおばさまが乗るクルマだと思っていたんです。



── そのときの希望の仕様について教えてください

クーペor4ドアは不問、左ハンドル、ボディーカラーはブラックかグレー、走行距離少なめ」という条件で探しました。そんななか、走行距離が39,900kmという個体と縁があり、手に入れることができたのが現在の愛車です。ボディーカラーは希望の色ではなかったけれど、ソリッドのホワイト系ではなく、オプションカラーのパールホワイト(ダイヤモンドホワイト)だし、自分としてはもう大満足です。



左ハンドルにこだわったというわけではなく、右ハンドル仕様より足元が広いんですね。右ハンドルだとオフセットされる分、狭く感じるんです。それが左ハンドル仕様を希望した理由です。最近もそうですが、当時(2012年)の時点でもノーマルのCクラスはもちろんのこと、右ハンドル仕様のC63AMGが多かったように感じます。



── 実際にC63AMGオーナーになって初めて気づいたことはありましたか?

ボディの固さ、頑丈さですね。ねじれやきしみは皆無です。



あと、リアタイヤの減りが早いです。フロントはそれほどでもないのですが・・・。車重1770kg、487ps/61.2kgmの重さとパワーを2輪で受け止めているからでしょうか。現在はADVAN NEOVAを履いています。



手に入れてから1年半経ちますが、乗るたびに緊張しています。憧れていたクルマを手に入れることができただけに、まだ借りて乗っているような感覚があります。そんなとき、美容院などの窓ガラスに運転中の自分の姿が映ると「オレ、ホントにC63AMGに乗ってるんだなぁ」と実感しますね。



大排気量のFR車というクルマの成り立ちはもちろんのこと、C63AMGに相応しい運転をしたいという想いが強いですね。・・・といっても、最初の出会いのときのように飛ばすのではなく、高速道路の流れに乗って走る・・・。6.3リッター、M156型エンジンのパワーを絞り出すよりも、ゆとりを感じながら運転していることが多いです。



── 6.3リッターエンジンだけに、失礼ながら燃費が気になります

実際に計測したことはないんです(笑)。



カタログ値だと4.7km/Lでしたが、実際には4km/Lくらいだと思います。不思議なことに、アクセルを踏み込んで走ったときと、渋滞のなかをトロトロ走った場合の燃費がそれほど変わらないんです。



それと、かなり熱を発するクルマなので、真夏はあまり乗らないようにしています。これからの涼しい時期に乗ってあげたいなと思っていた矢先に・・・最近はガソリンが高くなっていますよね。なかなか乗れずにいます。



── 友だちの反応はいかがでしたか?

手に入れたばかりの頃は、みんなをとっかえひっかえ乗せましたよ(笑)。左ハンドルの経験者の友人には運転してもらったり。



クルマ好きの友人には「トルクとエンジン音がすごいね。ファーストアイドルがうるさいね」といわれました。最近はもう慣れたみたいですけれど・・・。



友人を誘って、このC63AMGで釣りにも行きます。トランクスルー機構を使えばリアシートを倒して釣り竿が乗りますし、クーラーボックスも積んで川魚を釣りにいったり・・・。



── モディファイした箇所があったら教えてください

社外品カーボン製のフロントリップスポイラーとリアウィンドウ上部のエアロ、リアバンパー部分のディフューザーの追加、サーキット走行にも耐えられるブレーキパッドに交換したくらいです。エアロは専門の業者さんに取り付けていただいたので、フッティングもバッチリです。純正オプションと間違われることもあります。



以前、メルセデス・ベンツ関連のイベントに参加したとき、他にも数名C63AMGオーナーさんがいらっしゃいました。みなさんさりげなくモディファイしていますよね。後日、SNSを観ていたら、私のクルマに装着しているリアバンパーのディフューザーを装着した方が2名いました(笑)。



後付けのエアロはカーボンですけれど、フロントグリルなど、ありとあらゆるところをカーボン柄にするつもりはないんです。グリルやドアハンドルおよびモールにはクロームメッキ調のシートを貼っています。シールというといかにもですが、まるでオリジナルのように馴染んでいますよ(筆者注:PONさんが教えてくれるまでまったく気がつかないほど自然な仕上がりでした)。



スライディングルーフのHIMEHINAのラッピングは(創作ガイドラインを確認したうえで)自分で施工しました。



── C63AMGを手に入れて良かった点、苦労している点は?

●手に入れて良かった点



楽しいクルマですよね。あと、優越感もあります(笑)。



サービスエリアなどでおじさまたちに「カッコいいね」と話し掛けていただけるのも嬉しいです。W221型のSクラスや、W212型E63AMGのオーナーさんになると「やっぱりいいよね、M156型エンジンは」と、NA6.3リッターのエンジンにこだわって乗っていることを分かってくださるので、さらに嬉しいです。



●苦労している(してきた)点



まず税金です。6リッターオーバーなので毎年11.1万円納税しています。初年度登録から13年経過するとさらに上乗せされるので・・・。



保険とか税金が高くて、燃費が悪いので四苦八苦しています。もはや意地ですね。



●それでも手放そうとは思わないのですか?



このC63AMGを手放したら、たぶんもう買うことはできないので・・・。自分かクルマが「もうムリ」となるまでは、この子と付きあっていきたいです。



── 予算抜きで興味があるクルマBEST3を教えてください

●3位.アストンマーティンDB9
クルマ関係の映画(007シリーズ)の影響が大きいです



●2位.リトラクタブルヘッドライトのランボルギーニ ディアブロ スパイダー
中学生か、高校生のころ、映画を観ていたときにショールームのターンテーブルに乗ったディアブロ スパイダーが飛び出してきて「うわー、カッコイイな」と思った衝撃は忘れられません



●1位.サリーンS7
きっかけはグランツーリスモ。中学生のころからの憧れです。いちどでいいから現車を観てみたいです。教習所の教官に「何乗ってみたい?」って聞かれて「サリーンS7」って言ったら「わかるねぇ」っていわれました(笑)



●全部クーペでしたがクーペ系が好きですよね?
そういえばそうですね。最初の愛車もソアラ(30系)でしたから。実は、C63AMGもセダンとクーペで悩みました。セダンの方が元祖だし、気に入っています。



── PONさんにとってのアガリの1台とは?

コレ(C63AMG)です。今後もできるかぎり降りたくないです。



── ズバリ、C63AMGの魅力とは?

完全に一目惚れだからなぁ…ただ惚れた、それに尽きますね。18才のときに手に入れた最初の愛車であるソアラ(30系)も完全な一目惚れだったんですよ。たぶんそれと同じような感じような感覚なんだと思います。



── PONさんにとって、C63AMGはどんな存在ですか?

「かけがえのない家族」です。最愛のパートナーというか…。



いまはこのC63AMGが手元にないとモチベーションが保てなくなるような気がするほどです。自宅の駐車場に置いてあるので、出勤前と帰宅時には必ず一声掛けています。



修理などで自宅にこのクルマがないときは、なんともいえない喪失感にさいなまれます。



── 20代でカーライフを楽しんでいる人もいるなか、踏み出せない人もいると思うんです

「欲しいモノを買わないで後悔するより、買って後悔」だと思うんです。モノがそこにあるんだったらまず手にして、ムリだったらそこから考えればいいかなっていう勢いがあってもいいかもしれません。迷っていてもなにも変わらないですからね・・・。そんな勢いで決断ができるのもいまだけかもしれませんし。たしかにリスクはありますが、近い将来、ガソリンエンジン車に乗れなくなる、楽しめなくなるかもしれないという怖さはありますよね。それだけに、まずは一歩踏み出してみることだと思います。



── 取材後記

「20代のうちにC63AMG(それもNAエンジンの方を)手に入れる!」と宣言していたPONさん。その想いを実現し、メルセデス・ベンツ、それもC63AMGというスペシャルモデルのステアリングを握ります。



あっという間に減るリアタイヤ、毎年やってくるエコカーの数台分もの自動車税の支払いにもめげずに頑張ってる様子が覗えました。



できない理由を探すのは簡単なこと。PONさんのように「やってみてから考える」といった体験を20代のうちに経験していくことも、後々の人生にも活きてくるはずです。



── オーナープロフィール


H.N:PONさん
ご年齢:29才
ご職業:自動車整備士
現在の愛車(年式およびグレード):2012年式メルセデス・ベンツ C63AMG パフォーマンスパッケージ(W204型)



[ライター・撮影/松村透]



 

こんな記事も読まれています

MR-2復活にBEVの新型GT-R登場!? 2026年以降の登場がウワサされる注目モデル6選
MR-2復活にBEVの新型GT-R登場!? 2026年以降の登場がウワサされる注目モデル6選
ベストカーWeb
ベントレー ベンテイガの限定車「アズール ニンバス コレクション」発売を記念したポップアップ イベントを、六本木ヒルズで開催
ベントレー ベンテイガの限定車「アズール ニンバス コレクション」発売を記念したポップアップ イベントを、六本木ヒルズで開催
Webモーターマガジン
メーカーの垣根を超えて、環境性能を備えたモータースポーツへの挑戦が意義深い
メーカーの垣根を超えて、環境性能を備えたモータースポーツへの挑戦が意義深い
バイクのニュース
2024年F1プレシーズンテストが21日にスタート。各チームのドライバー走行スケジュール
2024年F1プレシーズンテストが21日にスタート。各チームのドライバー走行スケジュール
AUTOSPORT web
フェラーリファンのアオシス フェラーリ正規ディーラー「Nicole Competizione プレオウンド ショールーム & サービスセンター」オープン
フェラーリファンのアオシス フェラーリ正規ディーラー「Nicole Competizione プレオウンド ショールーム & サービスセンター」オープン
AutoBild Japan
トヨタは9kgの重量増と出力微減。WEC開幕戦カタールのハイパーカーBoPが決定
トヨタは9kgの重量増と出力微減。WEC開幕戦カタールのハイパーカーBoPが決定
AUTOSPORT web
「西知多‐名豊」の東西軸どうする? ルート案は3つ! 動き出した「名古屋三河道路」計画
「西知多‐名豊」の東西軸どうする? ルート案は3つ! 動き出した「名古屋三河道路」計画
乗りものニュース
超“丸目レトロ”の新「“スポーティ”ハッチバック」初公開! “近年の車”とは思えない「クラシックデザイン」がカッコイイ! お値段は170万円の「クラシック ポロ」にカスタムモデル登場
超“丸目レトロ”の新「“スポーティ”ハッチバック」初公開! “近年の車”とは思えない「クラシックデザイン」がカッコイイ! お値段は170万円の「クラシック ポロ」にカスタムモデル登場
くるまのニュース
Uber Eats自律走行ロボットデリバリーサービス開始 三菱電機、Cartkenと業務提携
Uber Eats自律走行ロボットデリバリーサービス開始 三菱電機、Cartkenと業務提携
バイクのニュース
今や2000万円台!! でもR34が第二世代GT-Rで最も売れなかったってマジか!? 現役時代の不遇から復活劇がスゴい
今や2000万円台!! でもR34が第二世代GT-Rで最も売れなかったってマジか!? 現役時代の不遇から復活劇がスゴい
ベストカーWeb
イゾ「グリフォGL」が約5000万円で落札!「コルベット」のエンジンを積んだジウジアーロとビッザリーニのWネームの希少車とは
イゾ「グリフォGL」が約5000万円で落札!「コルベット」のエンジンを積んだジウジアーロとビッザリーニのWネームの希少車とは
Auto Messe Web
トヨタ bZ4X【1分で読める国産車解説/2023年版】
トヨタ bZ4X【1分で読める国産車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
GM、アンドレッティのF1参戦申請書は「双方の能力を明確にした」と内容に満足。一方でFOMとのさらなる議論を望む
GM、アンドレッティのF1参戦申請書は「双方の能力を明確にした」と内容に満足。一方でFOMとのさらなる議論を望む
AUTOSPORT web
ドライバーとマシンの“感情”はシンクロすることも、分かれることもある。『Pepper』生みの親の東大准教授が研究成果を熱弁。今後は“推し車両”との対話も可能?
ドライバーとマシンの“感情”はシンクロすることも、分かれることもある。『Pepper』生みの親の東大准教授が研究成果を熱弁。今後は“推し車両”との対話も可能?
motorsport.com 日本版
14年ぶり大刷新! 三菱が新型「キャンター」を発表! カッコいい“新デザイン”に「フル液晶メーター」初搭載!「自動ブレーキ」や「巻き込み防止機能」も充実! 652万円から
14年ぶり大刷新! 三菱が新型「キャンター」を発表! カッコいい“新デザイン”に「フル液晶メーター」初搭載!「自動ブレーキ」や「巻き込み防止機能」も充実! 652万円から
くるまのニュース
アクティブが XSR125(24)用アクラポヴィッチ製マフラー「JMCA仕様 レーシングライン/チタン」の予約を受付中!
アクティブが XSR125(24)用アクラポヴィッチ製マフラー「JMCA仕様 レーシングライン/チタン」の予約を受付中!
バイクブロス
ルノー『5』、EVで復活へ…ジュネーブモーターショー2024で発表予定
ルノー『5』、EVで復活へ…ジュネーブモーターショー2024で発表予定
レスポンス
「新潟‐山形・仙台」の最短ルートが改善! 無料BP「梨郷道路」3月開通に反響集まる 東北中央道に接続
「新潟‐山形・仙台」の最短ルートが改善! 無料BP「梨郷道路」3月開通に反響集まる 東北中央道に接続
くるまのニュース

みんなのコメント

98件
  • ここまで潔く「惚れ」られてクルマへの愛情と執着がハンパでなく気持ちいい。しかも整備士とは、運命的出会いと言っても過言ではないかな。
    将来の避けられない別れが少し心配・笑
  • 15年程前に20代半ばガソリンスタンドの従業員でAMGのオーナーになりました。トヨタの2J.1Jを乗ってからのM113のE55Tです。ターボで感じていた力とは違いNAでこのパワーにびっくりした記憶があります。
    特実家暮らしで給料の半分くらい車につぎ込んでいましたけど、後悔はしてません。今は世帯主で普通の会社のひら社員ですが、車好きは卒業出来ず好きな車に乗っています。
    唯一の趣味なんで家族には納得してもらってます。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

698.0995.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.05888.0万円

中古車を検索
Cクラス セダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

698.0995.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.05888.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村