現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ステーションワゴン全盛時に登場するも「ターボがない」のが痛かった! いま見るといぶし銀な「ホンダ・オルティア」の残念すぎる結果

ここから本文です

ステーションワゴン全盛時に登場するも「ターボがない」のが痛かった! いま見るといぶし銀な「ホンダ・オルティア」の残念すぎる結果

掲載 53
ステーションワゴン全盛時に登場するも「ターボがない」のが痛かった! いま見るといぶし銀な「ホンダ・オルティア」の残念すぎる結果

 この記事をまとめると

■1996年に登場したホンダ・オルティアを振り返る

王道の「レガシィ」「アベニール」「カルディナ」以外もイロイロあった! ワゴンブームを支えた「いぶし銀」モデル6選

■6代目シビックをベースとしたステーションワゴン

■販売面で苦戦を強いられ2002年に終売した

 ホンダらしい快活なスポーティワゴンとして登場

 ホンダの新たなステーションワゴンとして1996年3月に登場したオルティア。とはいえ車名こそ新しかったものの、プラットフォームは前年に登場した6代目シビックと共有しており、オルティア登場直前まで継続販売がなされていた、4代目シビックをベースに作られたシビックシャトルの実質的な後継車種となっていた。

 ただ、当時のホンダはシビック以外にもドマーニやインテグラ、アスコット、ラファーガと近しいサイズの車両を水平展開していたこともあり、中立的な車種とするために新たな名前を与えたというのが当時の見方で、オルティアはプリモ店向けの「オルティアP」とベルノ店向けの「オルティアV」にわけられていた。

 エクステリアは同じタイミングで登場したベルノ店向けのコンパクトセダン、インテグラSJで共通のフロントマスクを持ち、プレーンで癖のないデザインとし、テールゲートは荷室容量を考慮して立て気味にしたほか、ガラス部分のみを開閉可能とするハッチを設定するなどワゴンとしての基本性能は優れたものを持ち合わせていた。

 シビックがベースとはいえ、アクティブに使われることが多いステーションワゴンだけに、搭載エンジンはシビックには設定されなかった1.8リッターと2リッターの直列4気筒を設定。足まわりはシビック譲りの四輪ダブルウイッシュボーン式サスペンションを踏襲してスポーティな走りを楽しむことも可能となっていた。

 しかし、当時のステーションワゴンは先鞭をつけたレガシィツーリングワゴンに代表されるように、ハイパワーターボモデルが人気となっており、当時過給機設定エンジンを持たなかったホンダのオルティアは苦戦を強いられることとなる。

 1998年1月のマイナーチェンジでは、エアロパーツを纏ったグレードを追加し、翌99年6月には新たなフロントマスクを備えるビッグマイナーチェンジを実施。

 ここでラインアップを2リッターモデルに一本化し、2リッターモデルに5速MTを設定したほか、15mmローダウンサスペンションにリヤスタビライザー、15インチアルミホイールなどを備えたスポーティグレードの「Sタイプ」を追加するも、ステーションワゴン人気が縮小してしまったこともあって販売は好転することなく、2002年に終売した。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

プジョーの「7シーター」SUV刷新 E-5008へ試乗 クルマへ求めるモノを満たす次世代!
プジョーの「7シーター」SUV刷新 E-5008へ試乗 クルマへ求めるモノを満たす次世代!
AUTOCAR JAPAN
ポルシェやミニを乗り継いだベテランがたどり着いたのは…「醜い」といわれるアルファ ロメオ「ジュリア 1600スーパー」は機関好調です
ポルシェやミニを乗り継いだベテランがたどり着いたのは…「醜い」といわれるアルファ ロメオ「ジュリア 1600スーパー」は機関好調です
Auto Messe Web
【鈴鹿8耐】3連覇に向けHRCがトップをキープし残り1時間へ、ヨシムラは痛恨のペナルティ/7時間途中経過
【鈴鹿8耐】3連覇に向けHRCがトップをキープし残り1時間へ、ヨシムラは痛恨のペナルティ/7時間途中経過
AUTOSPORT web
坪井翔が魅せた“魂の5周”。鮮やかな逆転で4年ぶり&移籍後初勝利、“夫婦優勝”の快挙も達成【第4戦富士決勝レポート】
坪井翔が魅せた“魂の5周”。鮮やかな逆転で4年ぶり&移籍後初勝利、“夫婦優勝”の快挙も達成【第4戦富士決勝レポート】
AUTOSPORT web
幸運掴んだアントネッリが今季2勝目。宮田莉朋は18番手から7レースぶりの入賞/FIA F2第9戦レース2
幸運掴んだアントネッリが今季2勝目。宮田莉朋は18番手から7レースぶりの入賞/FIA F2第9戦レース2
AUTOSPORT web
2024年F1第13戦ハンガリーGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
2024年F1第13戦ハンガリーGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
AUTOSPORT web
2024年F1第13戦ハンガリーGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
2024年F1第13戦ハンガリーGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
AUTOSPORT web
2024年版 「こりゃ欧州で売れるかも…」コスパ優秀な最新EV 10選 「乗りたい」と思える電気自動車
2024年版 「こりゃ欧州で売れるかも…」コスパ優秀な最新EV 10選 「乗りたい」と思える電気自動車
AUTOCAR JAPAN
ブガッティはアフターセールスでも規格外!「ヴェイロン」「シロン」の中古車を比類ない顧客体験とともに提供するプログラムとは
ブガッティはアフターセールスでも規格外!「ヴェイロン」「シロン」の中古車を比類ない顧客体験とともに提供するプログラムとは
Auto Messe Web
【鈴鹿8耐】HRCとYARTがハイペースを維持、差は縮まらず勝負の終盤戦へ /6時間途中経過
【鈴鹿8耐】HRCとYARTがハイペースを維持、差は縮まらず勝負の終盤戦へ /6時間途中経過
AUTOSPORT web
「ピーキー」な1.6Lツインカム フォード・エスコート Mk1 サファリラリー(2) タイトすぎたペダル
「ピーキー」な1.6Lツインカム フォード・エスコート Mk1 サファリラリー(2) タイトすぎたペダル
AUTOCAR JAPAN
「18年」で完全復元! 宿敵はダットサン240Z フォード・エスコート Mk1 サファリラリー(1)
「18年」で完全復元! 宿敵はダットサン240Z フォード・エスコート Mk1 サファリラリー(1)
AUTOCAR JAPAN
高速道路走行中 突然の「タイヤ破裂」には要注意!? 夏の長距離ドライブ前に気をつけるべきポイントとは
高速道路走行中 突然の「タイヤ破裂」には要注意!? 夏の長距離ドライブ前に気をつけるべきポイントとは
VAGUE
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第4戦富士 決勝
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第4戦富士 決勝
AUTOSPORT web
高速SA「全面閉鎖します」15時までに全車出よ 花火大会に向け超警戒
高速SA「全面閉鎖します」15時までに全車出よ 花火大会に向け超警戒
乗りものニュース
発売延期も期待大! トヨタ「クラウン・エステート」は何が魅力? “ワゴンとSUVの美点”を融合したレジャーに強い「新種のクラウン」とは
発売延期も期待大! トヨタ「クラウン・エステート」は何が魅力? “ワゴンとSUVの美点”を融合したレジャーに強い「新種のクラウン」とは
VAGUE
「道路の白線」って何メートル? 実は一般道路と高速道路で長さが違う! 納得の理由とは?
「道路の白線」って何メートル? 実は一般道路と高速道路で長さが違う! 納得の理由とは?
くるまのニュース
リカルドQ1で最速、予選9番手「赤旗が出ずに新品タイヤでアタックできれば、もう少し上に行けた」/F1第13戦
リカルドQ1で最速、予選9番手「赤旗が出ずに新品タイヤでアタックできれば、もう少し上に行けた」/F1第13戦
AUTOSPORT web

みんなのコメント

53件
  • ジャン レノがCM出てたな。
    ターボが無いのが痛いと言うけれど、レガシィ以外は、ターボモデルって、さほど売れていなかったと思う。
  • この車、売れてなかった?
    結構、走ってるのを見たけど。
    知り合いが乗ってたけど、良かったよ?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村