現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スポーツ系クロスオーバーと都会派SUVに新風。トヨタがヨーロッパで2台のコンセプトBEVをプレビュー

ここから本文です

スポーツ系クロスオーバーと都会派SUVに新風。トヨタがヨーロッパで2台のコンセプトBEVをプレビュー

掲載 更新 1
スポーツ系クロスオーバーと都会派SUVに新風。トヨタがヨーロッパで2台のコンセプトBEVをプレビュー

2023年12月4日(現地時間)、トヨタはベルギーのブリュッセルで「スポーツクロスオーバーコンセプト」と「アーバンSUVコンセプト」の2台のバッテリー電気自動車のコンセプトモデルを公開した。

スポーツクロスオーバーコンセプトは2025年に欧州導入を予定
トヨタは、ヨーロッパで2026年までに6台のBEV専用モデルを導入する予定だ。電動モデルの多様なポートフォリオは、2035年までにZEV(ゼロエミッション ビークル)を独占的に提供し、2040年までに完全なカーボンニュートラルを達成するという目標に向けて、ヨーロッパ トヨタを推進させるのに効果が高いだろう。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

まずはスポーツクロスオーバーコンセプト。このモデルは、2023年4月に上海モーターショーでワールドプレミアされた。中国のBYDとのコラボレーションで、中国とヨーロッパ市場向けに開発された。ヨーロッパでは、2025年までに導入を予定している。

ブリュッセルにあるトヨタのケンシキ フォーラムで発表されたこのコンセプトモデルは、洗練されたエアロシルエットと独特のファストバックラインが特徴的だ。同社のBEV(バッテリー電気自動車)ラインナップのデザインアイコンになるだろう。

初めて電気自動車を所有するユーザーに向けて、既存のSUVからこのスタイリッシュなモデルへの買い替えを促す。ファストバックスタイルの5ドアで、ラゲッジスペースは広く、リアシートのアレンジで最大限の快適さを提供するという。

ヨーロッパに投入される最もコンパクトなBEV専用モデル
もう1台が、「アーバンSUVコンセプト」だ。これは前述の6台のBEV専用モデル中、最もコンパクトでアクセスしやすく、トヨタがヨーロッパでBEVの最大の市場の1つになると予測するB-SUVセグメントに投入される。

トヨタは既に、このクラスにハイブリッド車のヤリスクロスを投入し、B-SUVセグメントで最も売れているモデルとして注目を集めている。その経験が、ヨーロッパの顧客の優先順位を満たす本物のバッテリー電動SUVの開発を進めさせている。さらに、トヨタはブランドの特徴である品質、耐久性、そして信頼性を誇っている。

アーバンSUVコンセプトは、コンパクトなボディながら力強いショルダーラインがSUVらしい存在感を主張している。ドライビングポジションは高めで、乗車人数や積載荷物に応じてシートやラゲッジスペースをアレンジできるインテリアを備えている。

駆動方式はFWD(前輪駆動)とAWD(全輪駆動)を設定し、AWDはトヨタの製品DNAで重要なモデルとなる。また、デュアルバッテリー戦略も展開する。これは、ユーザーがアクセシビリティやドライビングレンジのニーズと優先順位に合わせて、異なる容量の2つのバッテリーオプションから選択できるというものだ。

アーバンSUVコンセプトは外寸のみ発表されており、全長4300×全幅1820×全高1620mmとなっている。詳細なスペックや生産モデルに関しては、2024年中に発表される予定だ。

[ アルバム : トヨタ クロスオーバーコンセプトとアーバンSUVコンセプト はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

トヨタ新型「ランドクルーザー250」はなぜ日本で“プラド”を名乗らない? まもなく発売で期待が高まるランクルシリーズの中核モデルとは
トヨタ新型「ランドクルーザー250」はなぜ日本で“プラド”を名乗らない? まもなく発売で期待が高まるランクルシリーズの中核モデルとは
VAGUE
300馬力超え! トヨタが新型「パワフル“SUV”」発表! 上品ブルーが超カッコイイ“超静音4WD”「RAV4」伯で約1210万円
300馬力超え! トヨタが新型「パワフル“SUV”」発表! 上品ブルーが超カッコイイ“超静音4WD”「RAV4」伯で約1210万円
くるまのニュース
ホンダが中国市場向けの次世代EV「烨シリーズ」を公開、2027年までに6モデル投入へ
ホンダが中国市場向けの次世代EV「烨シリーズ」を公開、2027年までに6モデル投入へ
@DIME
スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
大都市の公共交通「1日無料デー」が新たな経済効果を生む! 北九州市ではなんと3.5億円、課題も含めて考える
大都市の公共交通「1日無料デー」が新たな経済効果を生む! 北九州市ではなんと3.5億円、課題も含めて考える
Merkmal
コンパクトなのに車内は広々! 大人3人が快適に寝られるホンダN-VANがベースの軽キャンパー
コンパクトなのに車内は広々! 大人3人が快適に寝られるホンダN-VANがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ベストカーWeb
ハンドルが真上になるだけじゃないのよ!!  温冷庫がついてたの初代は!!  やっぱエクストレイルは初代が一番らしさ満点じゃない????
ハンドルが真上になるだけじゃないのよ!! 温冷庫がついてたの初代は!! やっぱエクストレイルは初代が一番らしさ満点じゃない????
ベストカーWeb
ボルボ車がサーキットを埋め尽くす!国内最大級のファンミーティングが8月開催 千葉・袖ケ浦
ボルボ車がサーキットを埋め尽くす!国内最大級のファンミーティングが8月開催 千葉・袖ケ浦
グーネット
ホンダ 次世代EV「イエ」シリーズ世界初公開 2027年までに中国で6機種を投入へ
ホンダ 次世代EV「イエ」シリーズ世界初公開 2027年までに中国で6機種を投入へ
グーネット
上級車種の装備を積極的に採用!! それで154万円~ってマツダ2のコスパ最強すぎ! コツコツ改良で熟成が進む
上級車種の装備を積極的に採用!! それで154万円~ってマツダ2のコスパ最強すぎ! コツコツ改良で熟成が進む
ベストカーWeb
日本人WRCドライバー勝田貴元がフランク・ミュラーのアンバサダーに就任。若手育成への思いに共感
日本人WRCドライバー勝田貴元がフランク・ミュラーのアンバサダーに就任。若手育成への思いに共感
AUTOSPORT web
新型CX-80めっちゃ長いやん絶対!! CX-60そっくり顔で違いは長さだけか!? 今度は大丈夫か!?!?
新型CX-80めっちゃ長いやん絶対!! CX-60そっくり顔で違いは長さだけか!? 今度は大丈夫か!?!?
ベストカーWeb
トヨタ プリウス 13万台超をリコール 後席ドアハンドルに不具合
トヨタ プリウス 13万台超をリコール 後席ドアハンドルに不具合
グーネット
マツダ最多の販売はCX-5!! エンジン性能やボディ剛性の向上も300万円切りで安すぎなのよ! 地道な改良で進化を続ける
マツダ最多の販売はCX-5!! エンジン性能やボディ剛性の向上も300万円切りで安すぎなのよ! 地道な改良で進化を続ける
ベストカーWeb
「ドイツ2000kmラリー」に1937年式オペル「オリンピア」で参加! 旧東ドイツでは有名人になった気分を体験しました【クルマ昔噺】
「ドイツ2000kmラリー」に1937年式オペル「オリンピア」で参加! 旧東ドイツでは有名人になった気分を体験しました【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
【24’ 4/15最新】レギュラーガソリン 5週ぶりの値下がり 平均価格は174.9円
【24’ 4/15最新】レギュラーガソリン 5週ぶりの値下がり 平均価格は174.9円
グーネット
トヨタGR、平川亮が“直近ウイナー”の初開催地イモラへ。トラフィック処理は「大きな挑戦」とブエミ
トヨタGR、平川亮が“直近ウイナー”の初開催地イモラへ。トラフィック処理は「大きな挑戦」とブエミ
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

677.3698.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

428.0860.0万円

中古車を検索
ヨーロッパの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

677.3698.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

428.0860.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村