現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ダイハツ『コペン』はどうなる!? 軽を脱ぎ捨てた1.3L・FRの次期型登場なるか

ここから本文です

ダイハツ『コペン』はどうなる!? 軽を脱ぎ捨てた1.3L・FRの次期型登場なるか

掲載 27
ダイハツ『コペン』はどうなる!? 軽を脱ぎ捨てた1.3L・FRの次期型登場なるか

再建に向けて動き出したダイハツ。現行モデルの生産はようやく一部で再開しているが、クルマファンにとって気になるのが軽オープン『コペン』の行末だろう。2月18日現在、生産は停止したままだ。「ジャパンモビリティショー2023」では次期型を示唆する『ビジョン・コペン』が公開され、開発も進められていると見られていたが、果たしてどうなるのか?

◆クーペとして登場もある? 次期型コペンの姿とは
ビジョン・コペンはこれまでの660ccエンジンから1.3リットルエンジンへ、つまり軽自動車規格を脱ぎ捨てる新時代のコペンとして提案されたコンセプトカーだ。さらに駆動方式もFF(前輪駆動)からFR(後輪駆動)へと、よりスポーツカーらしいディメンジョンへと進化する。次期型コペンもこれに倣い、大幅な進化が期待されている。

マクラーレンSUV、登場は2028年以降?「ランボルギーニ・キラー」となるか

しかし、もう一つ重大な噂も入っている。このビジョン・コペンをベースとした次期型コペンは、アイデンティティでもある開閉可能な電動メタルルーフ「アクティブトップ」ではなく、クーペボディの本格ライトウェイトスポーツカーとしてデビューするというものだ。

コペンのクーペと言えば、「東京オートサロン2016」で公開された「コペンセロ コンセプトクーペ」、それをベースとして2019年に限定200台で販売された『コペンクーペ』が存在した。コペンクーペは250万円以上と高額だったが、限定数を大幅に上回る購入希望車が殺到していることからも、クーペの復活となればヒットは間違いないだろう。

ただ、そうした噂がある一方で、従来通りアクティブトップのみ、あるいは両バージョンが用意されるなど情報は錯綜しており、まだまだ断言はできない状況だ。

画像は、次期型への期待を込めて作成した予想CGだ。コンセプトをベースにクーペスタイルとした。クラスは異なるものの、ライトウェイトFRのトヨタ『GR86』やマツダ『ロードスター』にも引けを取らない存在感を放つことは間違いない。ボディサイズは、全長が400mm、全高が200mm拡大し、ホイールベースは187mm程度延長される見込みだという。この大幅拡大にともない、シートレイアウトも2シーターから2+2が検討されているという。

パワートレインは、1.3リットル直列3気筒ガソリンエンジンを搭載、最高出力は120ps、6速マニュアルトランスミッションまたは6速オートマチックと組み合わされる。

次期型コペンのワールドプレミアは当初、最速で2024年内、遅くとも2025年内には行われると予想されていた。ダイハツ復活の狼煙として、ぜひともその登場に期待したいところだ。

こんな記事も読まれています

これが『MR2』後継モデル!? トヨタ最後のICEスポーツカーは『GRスープラ』以上の高額に?
これが『MR2』後継モデル!? トヨタ最後のICEスポーツカーは『GRスープラ』以上の高額に?
レスポンス
トヨタ『ヤリスクロス』の次期型なのか!?「アーバンSUV」市販モデルのデザインどうなる
トヨタ『ヤリスクロス』の次期型なのか!?「アーバンSUV」市販モデルのデザインどうなる
レスポンス
ダイハツの「2人乗り軽オープン」販売再開! どんな人が買う? 全長4m以下の“小さな”スポーツカー!? 異色な存在の「コペン」とは
ダイハツの「2人乗り軽オープン」販売再開! どんな人が買う? 全長4m以下の“小さな”スポーツカー!? 異色な存在の「コペン」とは
くるまのニュース
別物に生まれ変わる! エンジンスワップの世界で定番4つ~カスタムHOW TO~
別物に生まれ変わる! エンジンスワップの世界で定番4つ~カスタムHOW TO~
レスポンス
初代は意外と短命だった、VW初のFF・3ボックスセダン『ジェッタ』【懐かしのカーカタログ】
初代は意外と短命だった、VW初のFF・3ボックスセダン『ジェッタ』【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
BMWの258馬力・直4ターボエンジンを搭載、モーガン『プラス4』に改良新型
BMWの258馬力・直4ターボエンジンを搭載、モーガン『プラス4』に改良新型
レスポンス
トヨタが「“超凄い”ハチロク」実車公開! 6速MT搭載の“超静音”モデル! 斬新2シーター化も実施の「新型ハチロク」登場
トヨタが「“超凄い”ハチロク」実車公開! 6速MT搭載の“超静音”モデル! 斬新2シーター化も実施の「新型ハチロク」登場
くるまのニュース
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
ベストカーWeb
22年の歴史に幕! マツダ「最上級セダン」終了も”まもなく”「次期型」登場へ!? 「新型マツダ6」どうなるのか
22年の歴史に幕! マツダ「最上級セダン」終了も”まもなく”「次期型」登場へ!? 「新型マツダ6」どうなるのか
くるまのニュース
スズキ「FR 2人乗りオープン」登場! 5ナンバー&2013年式で320万円!? 「謎のカプチーノ」とは
スズキ「FR 2人乗りオープン」登場! 5ナンバー&2013年式で320万円!? 「謎のカプチーノ」とは
くるまのニュース
クルマ好きの大好物「リヤ駆動+MT」が絶滅寸前で中古は高嶺の花! それでもいまならまだ安い「穴場モデル」4台
クルマ好きの大好物「リヤ駆動+MT」が絶滅寸前で中古は高嶺の花! それでもいまならまだ安い「穴場モデル」4台
WEB CARTOP
最強モデルは後輪駆動で電動化もなし!? メルセデスAMG『GTクーペ』次の一手とは
最強モデルは後輪駆動で電動化もなし!? メルセデスAMG『GTクーペ』次の一手とは
レスポンス
デートカーの「プレリュード」が24年ぶりの復活!! スポーツハイブリッド搭載で25年登場なるか?? 予想価格は420万円
デートカーの「プレリュード」が24年ぶりの復活!! スポーツハイブリッド搭載で25年登場なるか?? 予想価格は420万円
ベストカーWeb
ホンダが新型「RS」発売! 「MT×ターボ」の新型「シビックRS」“お手頃価格”で24年秋登場へ!? どんなモデル?
ホンダが新型「RS」発売! 「MT×ターボ」の新型「シビックRS」“お手頃価格”で24年秋登場へ!? どんなモデル?
くるまのニュース
ホンダが「新型ハッチバック」実車展示! 黒くて速い仕様、秋発売! 50年ぶり復活の「RS」とは
ホンダが「新型ハッチバック」実車展示! 黒くて速い仕様、秋発売! 50年ぶり復活の「RS」とは
くるまのニュース
次期「シルビア」? 日産が「小型FRスポーツカー」披露していた!? 全長4.3m“流麗ボディ”に2.0L級エンジン搭載? 登場期待された「フォーリア」とは
次期「シルビア」? 日産が「小型FRスポーツカー」披露していた!? 全長4.3m“流麗ボディ”に2.0L級エンジン搭載? 登場期待された「フォーリア」とは
くるまのニュース
ホンダ久々のFRスポーツにしてオープン2シーター、「S2000」発売!【25年前の今日、こんなことが…】
ホンダ久々のFRスポーツにしてオープン2シーター、「S2000」発売!【25年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
660ccを舐めるなよ! 軽なのにココまでやるかの「メーカーの意地と魂」を感じるエンジン5選
660ccを舐めるなよ! 軽なのにココまでやるかの「メーカーの意地と魂」を感じるエンジン5選
WEB CARTOP

みんなのコメント

27件
  • tma********
    コペンは最初K(軽)OPENでモーターショーに出てたのが、市販化時にC(コンパクト)OPENとしたから、軽にこだわる必要はないと思っていたので1.3L・FR化には期待していた。
    ただ、ダイハツ自体は今後、軽に集中するということなので、トヨタ主体でS-FRとして開発して、それをダイハツがGRコペンとして併売することになるのかな。
  • sim********
    このテのは会社の業績が傾いたら真っ先にお蔵入りです。残念ながら。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

188.9243.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.5292.1万円

中古車を検索
コペンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

188.9243.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.5292.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村