現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「最強5ドアスポーツカー」実車公開! 市販化決定の超軽量仕様! 迫力エアロ装備で超カッコイイ「シビック タイプR“フル無限仕様”」とは

ここから本文です

ホンダ「最強5ドアスポーツカー」実車公開! 市販化決定の超軽量仕様! 迫力エアロ装備で超カッコイイ「シビック タイプR“フル無限仕様”」とは

掲載 12
ホンダ「最強5ドアスポーツカー」実車公開! 市販化決定の超軽量仕様! 迫力エアロ装備で超カッコイイ「シビック タイプR“フル無限仕様”」とは

■無限が「タイプR」をさらに「最強」化!

 2024年2月10日から12日までインテックス大阪(大阪市住之江区)で開催された「大阪オートメッセ2024」では、SUVやミニバンなど様々なクルマをベースにしたカスタムカーが出展されました。
 
 そんななかM-TEC(無限)は、スポーツハッチ「シビック タイプR」をベースにした量産プロトタイプの2モデルを出展しました。

【画像】めちゃカッコいい! 無限「シビック タイプR」を画像で見る(30枚以上)

 2022年7月、11代目シビックに追加された本格スポーツモデルのシビック タイプRは、「Ultimate SPORT 2.0」をグランドコンセプトに掲げ、速さと走る喜びを極めたピュアスポーツ性能を目指して開発されました。

 タイプR専用の「K20C」型2リッターVTECターボエンジンは、最高出力330ps、最大トルク420N・mを発揮。6速MTと組み合わせます。

 ベース車に対し左右フェンダーをワイド化し、ボディ前後には空力性能を向上させるとともに整流効果や強力なダウンフォースを発生させる専用エアロパーツ、専用サスペンション、専用チューニングのワイドタイヤなどを装着し、独自の迫力あるスタイリングとしています。

 インテリアもタイプR専用の赤いバケットシートや赤いフロアカーペット、アルミ削り出しシフトノブなどで独自のレーシーな雰囲気です。

 そんな本格5ドアスポーツカーであるシビック タイプRをベースに、無限は同社が培ってきたモータースポーツのノウハウとテクノロジーを活かしたコンセプトカーとして、前年2023年1月に「CIVIC TYPE R MUGEN Concept(無限コンセプト)」を公開していました。

 そして今回無限が大阪オートメッセ2024に出展されたのは、前年の“無限コンセプト”を市販化すべく、1年をかけて開発された無限パーツを装着した量販前提のプロトタイプモデル「CIVIC TYPE R MUGEN Group.A(無限グループA)」と、更なるハイスペック仕様とした「CIVIC TYPE R MUGEN Group.B(無限グループB)」です。

 無限グループAは、樹脂素材やステンレス素材を基本とした量産仕様のパーツを装着したモデル。

 これに対し無限グループBは、各パーツの形状から、カーボンやチタンといった軽量な素材に至るまで、さらにこだわりぬいた無限パーツ群を装着した「究極のタイプR」というコンセプトモデルです。

 共に、ベースモデルよりもさらに強力なダウンフォースを発生させる迫力満点な専用エアロパーツに加え、軽量化に寄与するアルミホイールやフルバケットシート、センター1本出しのスポーツエキゾーストシステムや車高調整式サスペンションなどが備わり、高い完成度を誇っていました。

※ ※ ※

 無限グループAに装着されていたアイテムはすでに市販価格も公表されていて、2024年春頃には発売される予定です。

 よりハードな無限グループBのアイテムについても、追って市販化予定で、こちらも期待が高まります。

こんな記事も読まれています

スズキ「ハスラー」新タイプでた! 無骨カワイイ「タフワイルド」登場! 標準ハスラーはさらにカラフル
スズキ「ハスラー」新タイプでた! 無骨カワイイ「タフワイルド」登場! 標準ハスラーはさらにカラフル
乗りものニュース
太田格之進が加わったクラフト・バンブーがスーパー耐久富士24時間初参戦で予選最速。メルセデスが上位独占
太田格之進が加わったクラフト・バンブーがスーパー耐久富士24時間初参戦で予選最速。メルセデスが上位独占
AUTOSPORT web
宅配車の次期“主力”か 日野の小型EVトラック「ウォークスルー仕様」に注目! デメリットも使い方次第?
宅配車の次期“主力”か 日野の小型EVトラック「ウォークスルー仕様」に注目! デメリットも使い方次第?
乗りものニュース
伊藤かずえ、30年以上乗り続ける「愛車」の美しすぎる“チラリ”写真を公開! 「素晴らしい!」「もはや尊い」称賛の声相次ぐ…「シーマ」の6か月点検を報告
伊藤かずえ、30年以上乗り続ける「愛車」の美しすぎる“チラリ”写真を公開! 「素晴らしい!」「もはや尊い」称賛の声相次ぐ…「シーマ」の6か月点検を報告
くるまのニュース
「排気ガス出さないで」 ZEV義務化とは何か? 英国を揺るがす環境規制、消費者への影響は
「排気ガス出さないで」 ZEV義務化とは何か? 英国を揺るがす環境規制、消費者への影響は
AUTOCAR JAPAN
サーキットが映画館になる! スーパー耐久富士24時間レースにて野外上映を予定
サーキットが映画館になる! スーパー耐久富士24時間レースにて野外上映を予定
レスポンス
2024年のFIA-F4シリーズのシャシーは「童夢」から「東レ・カーボンマジック」へ! 安全性が向上したニューマシン「MCS4-24」の特徴とは
2024年のFIA-F4シリーズのシャシーは「童夢」から「東レ・カーボンマジック」へ! 安全性が向上したニューマシン「MCS4-24」の特徴とは
Auto Messe Web
Moto2カタルニア予選|ポイントリーダーのガルシアが初ポール獲得。小椋藍は10番手
Moto2カタルニア予選|ポイントリーダーのガルシアが初ポール獲得。小椋藍は10番手
motorsport.com 日本版
アロンソ「イモラのアップグレードでマシンがナーバスになった」と認めるも、アストンマーティンF1の復調には自信
アロンソ「イモラのアップグレードでマシンがナーバスになった」と認めるも、アストンマーティンF1の復調には自信
AUTOSPORT web
マクラーレンのノリス、モナコでのライバルは”フェラーリとメルセデス”と予想? 「いくつか追求しなきゃいけないけど、僕らもその争いの中にいる」
マクラーレンのノリス、モナコでのライバルは”フェラーリとメルセデス”と予想? 「いくつか追求しなきゃいけないけど、僕らもその争いの中にいる」
motorsport.com 日本版
急増するGT3出身ハイパーカードライバー。BMWのマルチェッロは「ブレーキングが僕の弱点」と認める
急増するGT3出身ハイパーカードライバー。BMWのマルチェッロは「ブレーキングが僕の弱点」と認める
AUTOSPORT web
斬新「新型“速すぎ”スポーツクーペ」公開! ド迫力ボディが超カッコイイ! 1900馬力の「バティスタ チンクアンタチンクエ」日本に登場
斬新「新型“速すぎ”スポーツクーペ」公開! ド迫力ボディが超カッコイイ! 1900馬力の「バティスタ チンクアンタチンクエ」日本に登場
くるまのニュース
まるで“戦車”のようなスタイルは懐かしの日産「サファリ」!? 道なき道を行く海外仕様車 日産「パトロール」のキャンピングカーとは
まるで“戦車”のようなスタイルは懐かしの日産「サファリ」!? 道なき道を行く海外仕様車 日産「パトロール」のキャンピングカーとは
VAGUE
アウディの電動SUV『Q8 e-tron』に「ダカールラリー」仕様、オフロード性能向上…生産開始
アウディの電動SUV『Q8 e-tron』に「ダカールラリー」仕様、オフロード性能向上…生産開始
レスポンス
力強く美しく、サスティナブルに PHEVのランボルギーニ ウルスSE 国内初公開
力強く美しく、サスティナブルに PHEVのランボルギーニ ウルスSE 国内初公開
AUTOCAR JAPAN
じつはかなり前から「衝突被害軽減ブレーキ」装着は義務化されている! それでも大型トラックの事故がなくならないワケ
じつはかなり前から「衝突被害軽減ブレーキ」装着は義務化されている! それでも大型トラックの事故がなくならないワケ
WEB CARTOP
グーマガ 今週のダイジェスト【5/18~5/24】超小型EVモビリティ「ミボット」とは?
グーマガ 今週のダイジェスト【5/18~5/24】超小型EVモビリティ「ミボット」とは?
グーネット
ルクレール、悲願の母国優勝へ向けFP3でも最速! フェルスタッペンが2番手。角田裕毅9番手と好調|F1モナコGP
ルクレール、悲願の母国優勝へ向けFP3でも最速! フェルスタッペンが2番手。角田裕毅9番手と好調|F1モナコGP
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

12件
  • sum********
    グループBは800〜900ぐらいしそう…
    FK8のボンネット、リアスポイラーでさえ各100万くらいしてたからね…
    「凄いねー」で終わりそう
  • ike********
    最近は二輪も四輪もメーカーが特別仕様やスポーツ仕様みたいなの出してくるけど、よく無限やヨシムラが残ってるな〜と思う
    昔はユーザーが自分でパーツ買ってなんとかしてたけど、最近のユーザー(買わない人?)はメーカーにあーしろこーしろ言うばかり
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.7235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.9229.0万円

中古車を検索
シビックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.7235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.9229.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村