現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > こんなクルマよく売ったな!! 世界最高燃費を目指した初代インサイトの技術に迫る!【愛すべき日本の珍車と珍技術】

ここから本文です

こんなクルマよく売ったな!! 世界最高燃費を目指した初代インサイトの技術に迫る!【愛すべき日本の珍車と珍技術】

掲載 7
こんなクルマよく売ったな!!  世界最高燃費を目指した初代インサイトの技術に迫る!【愛すべき日本の珍車と珍技術】

 これまで日本にはたくさんのクルマが生まれては消えていった。そのなかには、「珍車」などと呼ばれ、現代でも面白おかしく語られているモデルもある。しかし、それらのクルマが試金石となったことで、数々の名車が生まれたと言っても過言ではない。

 当連載では、これら「珍車」と呼ばれた伝説のクルマや技術などをピックアップし、その特徴を解説しつつ、日本の自動車文化を豊かにしてくれたことへの感謝と「愛」を語っていく。今回は「世界最高燃費」を目指して開発されたホンダの初代インサイトについて紹介していこう。

こんなクルマよく売ったな!! 世界最高燃費を目指した初代インサイトの技術に迫る!【愛すべき日本の珍車と珍技術】

文/フォッケウルフ、写真/ホンダ

■35km/Lを達成した究極の燃費スペシャルカー

 世界初の量産ハイブリッド乗用車として、トヨタ・プリウスが発表されたのが1997年10月。「21世紀に間に合いました。」というキャッチコピーとともに、20世紀の終わりに次世代の自動車像を示し、歴史にその名を刻んだ。そんなプリウスに真っ向から勝負を挑んだクルマがある。

 「パワーユニットの高効率化」「空力性能の追求」「車体の軽量化」という、3つの技術テーマを柱に開発され、35km/L(10・15モード燃費)という量産ガソリン車として世界最高の“超”低燃費を達成した、ホンダ・インサイト(初代モデル)である。

CR-Xを思わせるスポーティなスタイルの3ドアハッチバックが斬新だった

 デビューはプリウスから2年遅れの1999年11月。先行するプリウスが燃費と環境性能を追求しつつも、普段使いをおろそかにしていなかったのに対し、インサイトは徹頭徹尾「燃費世界一」を目標に開発されていた。

 元来ホンダ車といえば、「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」が重視されていた。しかし、初代インサイトは大胆にもMM思想を度外視したような作りが随所に散見される。車内のスペースはタイトで乗車定員は2名。荷室スペースはメカニズムの搭載を優先して床の位置が高めに設定されている。標準装備の内容も必要最低限に留められている。

 ボディサイズは全長3940mm、全幅が1695mm、全高は1355mmというコンパクトカーに近い寸法とし、空力性能を最優先に基本形状を設計したスタイリングは、類似するクルマが存在しなかったこともあって、強烈なインパクトを与えたことを言うまでもない。

こんな記事も読まれています

ルノー新型「5(サンク)」世界初公開! 約30年ぶりに復活したコンパクトカーは2万5000ユーロから
ルノー新型「5(サンク)」世界初公開! 約30年ぶりに復活したコンパクトカーは2万5000ユーロから
VAGUE
パワーアップされた新型「アウディ S3」はとても楽しい! 333馬力で公道走行を楽しむ!
パワーアップされた新型「アウディ S3」はとても楽しい! 333馬力で公道走行を楽しむ!
AutoBild Japan
角田裕毅、F1開幕戦初日は「望んだ場所ではない。予選に向け好転できると確信」目標のトップ10入りできるか?
角田裕毅、F1開幕戦初日は「望んだ場所ではない。予選に向け好転できると確信」目標のトップ10入りできるか?
motorsport.com 日本版
「謎のブツ切れバイパス」ついに完成! 埼玉の国道407号「鶴ヶ島日高バイパス」3月に全通 圏央道が便利に!? 杉並木の渋滞区間を一気にスルー
「謎のブツ切れバイパス」ついに完成! 埼玉の国道407号「鶴ヶ島日高バイパス」3月に全通 圏央道が便利に!? 杉並木の渋滞区間を一気にスルー
くるまのニュース
西部警察をオマージュしたマシンを学生が製作! いまやナイト2000もマシンRSも夢物語じゃない!!
西部警察をオマージュしたマシンを学生が製作! いまやナイト2000もマシンRSも夢物語じゃない!!
WEB CARTOP
トヨタの斬新「スライドドアSUV」がスゴい! ワイルド&めちゃ使える! 「クロスバン ギア」どんなモデル?
トヨタの斬新「スライドドアSUV」がスゴい! ワイルド&めちゃ使える! 「クロスバン ギア」どんなモデル?
くるまのニュース
ハスクバーナ新型「スヴァルトピレン」シリーズ発売決定! 日本導入は2機種
ハスクバーナ新型「スヴァルトピレン」シリーズ発売決定! 日本導入は2機種
バイクのニュース
F1ドメニカリCEO、アンドレッティの新規参戦却下に「プロセスは適切だった」とコメント。再申請の鍵となる次期コンコルド協定は近く話し合いへ
F1ドメニカリCEO、アンドレッティの新規参戦却下に「プロセスは適切だった」とコメント。再申請の鍵となる次期コンコルド協定は近く話し合いへ
motorsport.com 日本版
スタイリッシュで機能的! 足元を彩る最新フロアマットの世界~Weeklyメンテナンス~
スタイリッシュで機能的! 足元を彩る最新フロアマットの世界~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
しまなみ海道が有料化! 自転車通行料の無料は3月31日まで。サイクリストの聖地を走るなら今だ!
しまなみ海道が有料化! 自転車通行料の無料は3月31日まで。サイクリストの聖地を走るなら今だ!
くるくら
ベントレー ベンテイガ/ベンテイガEWB【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ベントレー ベンテイガ/ベンテイガEWB【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
2024年夏に上陸予定! ロイヤルエンフィールド「ショットガン650」は走りもカスタムも楽しめる新時代のネイキッドバイク
2024年夏に上陸予定! ロイヤルエンフィールド「ショットガン650」は走りもカスタムも楽しめる新時代のネイキッドバイク
VAGUE
1月の輸入車販売は前年実績割れに。国内ブランド輸入車が好調。 (2024年1月・輸入乗用車販売TOP20)
1月の輸入車販売は前年実績割れに。国内ブランド輸入車が好調。 (2024年1月・輸入乗用車販売TOP20)
カー・アンド・ドライバー
4月に解禁される日本型ライドシェアのドライバー獲得競争がスタート
4月に解禁される日本型ライドシェアのドライバー獲得競争がスタート
@DIME
【生産再開】ランクル300 ハイエースなどエンジン3機種の基準適合確認! 生産・出荷停止が解除され3月4日から生産出荷再開!!
【生産再開】ランクル300 ハイエースなどエンジン3機種の基準適合確認! 生産・出荷停止が解除され3月4日から生産出荷再開!!
ベストカーWeb
全長4.3m! スズキが新型「本格四駆」25年以降に発売へ! “斬新シフト”がスゴい! 新型「eVX」どんなモデル?
全長4.3m! スズキが新型「本格四駆」25年以降に発売へ! “斬新シフト”がスゴい! 新型「eVX」どんなモデル?
くるまのニュース
総額28億円の資金調達成功でグローバル市場を狙う!Lean Mobility社の都市型小型EV「Lean3」が量産開発の最終段階へ
総額28億円の資金調達成功でグローバル市場を狙う!Lean Mobility社の都市型小型EV「Lean3」が量産開発の最終段階へ
バイクのニュース
マクラーレンがハイパフォーマンスのハイブリッドコンバーチブル「Artura Spider」を発売
マクラーレンがハイパフォーマンスのハイブリッドコンバーチブル「Artura Spider」を発売
@DIME

みんなのコメント

7件
  • 肝心要の珍技術はどこに???
  • ”インサイトの価格・グレード・レビューなどの情報を見る”
    をポチしたら 当時の価格かぁ と思ったのに

    現行車が出た 名前だけが同じで 似ても似つかぬクルマ げっ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

335.5372.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.8339.0万円

中古車を検索
インサイトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

335.5372.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.8339.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村