サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「新型ハリアーはライバル不在?」ボクサー4+4WD、無骨さが魅力。フォレスターはSUBARUの思想を体現した

ここから本文です

大自然が似合うクルマ。悪路対応Xモードを標準装備

 フォレスターが、現行インプレッサから導入を始めた新世代のプラットフォーム「SGP」を採用して5thモデルに生まれ変わったのは、2018年6月。ボディサイズは全長×全幅×全高4625×1815×1715mm。旧型比でわずかに大型化したが、全長と全幅はハリアーに比べてひと回りコンパクト。その一方で正統派SUVらしく、全高は明確に高いという関係になる。2670mmのホイールベースは、ハリアー比で20mm短い。

快適装備の充実化を図ったフィアット・パンダの限定モデル「パンダ・コンフォート」が日本上陸!

 スタイリングは、よくいえばワイルド、言い方を変えれば無骨だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ