現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルファロメオが「クアドリフォリオ」にメカニカルLSDを初搭載!ジュリア/ステルヴィオのスポーティネスが、さらなる高みへ

ここから本文です

アルファロメオが「クアドリフォリオ」にメカニカルLSDを初搭載!ジュリア/ステルヴィオのスポーティネスが、さらなる高みへ

掲載
アルファロメオが「クアドリフォリオ」にメカニカルLSDを初搭載!ジュリア/ステルヴィオのスポーティネスが、さらなる高みへ

2023年11月28日、ステランティス ジャパンは「アルファロメオ」ブランドのジュリア/ステルヴィオの高性能モデル「クアドリフォリオ(Quadrifoglio)」の仕様を向上して発売した。

メカニカル LSDをクアドリフォリオに初搭載
アルファロメオのスポーツサルーンであるステルヴィオとSUVのステルヴィオには、圧倒的な動力性能と運動性能により、究極の走りを実現した高性能モデル「クアドリフォリオ」をラインナップする。クアドリフォリオ(Quadrifoglio)とはイタリア語で「四つ葉のクローバー」という意味で、アルファロメオのシンボルでもある。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

今回の仕様向上における最大の特徴として、スポーツドライビング時において、ドライバーの意図したとおりの走りを実現する「メカニカル LSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)」をクアドリフォリオとして初めて搭載した。コーナリング時に後輪左右の速度差を制御することで、エンジントルクを無駄なく路面へと伝達し、コントロール性や安定性を高める。

また、12.3インチのデジタルクラスターメーターを新採用。既に採用されている通常グレードのジュリア/ステルヴィオの表示パターンを充実させ、「エボルブド(Evolved)」「リラックス(Relax)」「ヘリテージ(Heritage)」に加え、「レース(Race)」の選択が可能となった。

「レース」では、スポーツドライビングに不可欠なレブカウンター、スピードメーター、マニュアル走行時のシフトランプといった情報が中央に集約される。レイアウトをカスタマイズし、追加情報をサイドダイヤルに配置することも可能だ。

インテリアには、クアドリフォリオ専用となるカーボンファイバー3D仕上げを新採用した。従来のカーボンパネルに比べ、カーボンの織り目が立体的に表現され、独特の触感を持つマットな仕上がりとなっている。

パワートレーンは、510psと600Nmを発生する2.9L V6ツインターボに8速ATを組み合わせ、駆動方式は、ジュリアはFR、ステルヴィオは4WD。車両価格(税込)は、ジュリア クアドリフォリオが1340万円、ステルヴィオ クアドリフォリオが1383万円。ハンドル位置は、いずれも右のみとなっている。

アルファロメオ ジュリア クアドリフォリオ<ステルヴィオ クアドリフォリオ> 主要諸元


●全長×全幅×全高:4635×1865×1435mm<4700×1955×1680>
●ホイールベース:2820mm
●車両重量:1710kg<1960>
●エンジン:V6 DOHCツインターボ
●総排気量:2891cc
●最高出力:375kW(510ps)/6500rpm
●最大トルク:600Nm(61.2kgm)/2550rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:FR<フロント縦置き4WD>
●燃料・タンク容量:プレミアム・58L<64L>
●タイヤサイズ:前245/35ZR19、後285/30ZR19<前255/40R21、後285/35R21>
●車両価格(税込):1340万円<1383万円>

[ アルバム : アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ クアドリフォリオ はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
WEB CARTOP
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
AUTOSPORT web
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
AUTOSPORT web
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
AUTOSPORT web
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
motorsport.com 日本版
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
乗りものニュース
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
くるまのニュース
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
Auto Messe Web
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
WEB CARTOP
スバルとAMDがSoC設計で協業開始。ステレオカメラとAI処理を融合させ、次世代アイサイトに搭載へ
スバルとAMDがSoC設計で協業開始。ステレオカメラとAI処理を融合させ、次世代アイサイトに搭載へ
AUTOSPORT web
RB、角田裕毅苦戦の原因究明急ぐ「まだ彼のマシンに問題は見つかっていない」F1中国GP予選では19番手に沈む
RB、角田裕毅苦戦の原因究明急ぐ「まだ彼のマシンに問題は見つかっていない」F1中国GP予選では19番手に沈む
motorsport.com 日本版
フォーミュラEの東京大会が想像以上に盛り上がった理由
フォーミュラEの東京大会が想像以上に盛り上がった理由
@DIME
サインツJr.、決勝に向けて慎重な構え「レッドブルと対峙することを考えるより、マクラーレンやアストンに勝つ方法を考えなきゃ!」
サインツJr.、決勝に向けて慎重な構え「レッドブルと対峙することを考えるより、マクラーレンやアストンに勝つ方法を考えなきゃ!」
motorsport.com 日本版
2024年全日本ラリー第2戦「ツール・ド・九州 in 唐津」リポート! 新井/松尾組が駆るシュコダ・ファビアR5がワークスチームに立ち向かう!
2024年全日本ラリー第2戦「ツール・ド・九州 in 唐津」リポート! 新井/松尾組が駆るシュコダ・ファビアR5がワークスチームに立ち向かう!
くるまのニュース
レゴ ブロック初心者再び! セナが愛用した「マクラーレン MP4/4」を組み立ててみたら感激した
レゴ ブロック初心者再び! セナが愛用した「マクラーレン MP4/4」を組み立ててみたら感激した
レスポンス
ハミルトン、スプリント2位から一転まさかの予選Q1敗退。マシン大幅変更も、ミスの原因は風か
ハミルトン、スプリント2位から一転まさかの予選Q1敗退。マシン大幅変更も、ミスの原因は風か
motorsport.com 日本版
ファルケンポルシェがニュルブルクリンク24時間の予選レースで2連勝。前哨戦で強さを見せる
ファルケンポルシェがニュルブルクリンク24時間の予選レースで2連勝。前哨戦で強さを見せる
AUTOSPORT web
車検前の準備は何が必要? 洗車やキズ修復はしたがほうが良い? 逆に“事前にしないとダメ”なこととは?
車検前の準備は何が必要? 洗車やキズ修復はしたがほうが良い? 逆に“事前にしないとダメ”なこととは?
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1383.01451.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

238.0676.8万円

中古車を検索
ステルヴィオの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1383.01451.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

238.0676.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村