現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スペーシアカスタムの安全性能は?先代モデルよりも大幅に進化!(2023年11月~現行モデル)

ここから本文です

スペーシアカスタムの安全性能は?先代モデルよりも大幅に進化!(2023年11月~現行モデル)

掲載 更新 10
スペーシアカスタムの安全性能は?先代モデルよりも大幅に進化!(2023年11月~現行モデル)

スズキの軽スーパーハイトワゴン「スペーシアカスタム」は、同社の「スペーシア」をベースに大型のメッキフロントグリルやエアロ形状のバンパーなどを装着し、上質で存在感のあるスタイルが魅力のモデルです。また、最新鋭の安全技術を多数搭載し、高い安全性能を有しているのも特徴といえます。

ここでは、スペーシアカスタムの安全性能について詳しくご紹介します。

【試乗】スズキ「スペーシア/スペーシアカスタム」N-BOXと同等!ファーストカーとしても十分満足できる仕上がりになっている(萩原文博レポート)

ミリ波レーダーと単眼カメラ、超音波センサーを検知システムに採用

衝突被害軽減ブレーキの「デュアルセンサーブレーキサポートII」は、交差点での衝突回避支援機能も搭載

スペーシアの「セーフティプラスパッケージ」に含まれる機能が標準装備

スペーシアカスタムの安全性能の特徴

スペーシアカスタムは、ベースモデルであるスペーシアとともにスズキの主力といえるモデルです。2023年11月のフルモデルチェンジによって3代目に切り替わった現行型では、ミリ波レーダーと単眼カメラ、そして超音波センサーを使用した検知システムを採用し、先代モデルよりもより幅広いシーンでの安全運転をサポートできるように進化しました。

また、スペーシアカスタムはスペーシアよりも価格設定が高いこともあり、スペーシアでは上位グレードにオプション設定である、自動車専用道路での運転をサポートしてくれる機能などが含まれる「セーフティプラスパッケージ」が標準装備であり、予防安全技術、運転支援技術はかなり充実しているモデルといえます。

スペーシアカスタムに搭載される先進安全技術

ここからは、スペーシアカスタムに搭載されているおもな先進安全技術について見ていきましょう。

デュアルセンサーブレーキサポートII

低速時ブレーキサポート(前進・後退)

標識認識機能

発進お知らせ機能

車線逸脱警報機能/車線逸脱抑制機能

アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能・停止保持機能付き)

車線維持支援機能

デュアルセンサーブレーキサポートII

※画像はスペーシア

出典:スズキ「スペーシア」安全装備

検知している対象とぶつかる危険があれば、警告、ブレーキアシスト、最終的には自動でブレーキを作動させて衝突事故の回避や衝突被害軽減を図る機能です。

現行型では検知対象が車両と歩行者に加え、自転車、自動二輪車まで拡大しました。また交差点右左折時に対向方向から横断する歩行者や自転車を検知し危険があれば警報やブレーキで衝突回避を支援する機能や、交差点で側方から接近する車両との衝突回避を支援する機能なども追加されました。

低速時ブレーキサポート(前進・後退)

※画像はスペーシア

出典:スズキ「スペーシア」安全装備

進行方向の障害物を検知し、音や表示の変化によって障害物との接近を知らせる「パーキングセンサー」を搭載。障害物と接触する危険が生じるとブレーキを作動させて事故防止に貢献する機能です。

標識認識機能

※画像はスペーシア

出典:スズキ「スペーシア」安全装備

走行中に道路標識を認識し、それぞれの標識に適したタイミングでヘッドアップディスプレイやマルチインフォメーションディスプレイに表示して標識の見落とし防止をサポートする機能です。

なお、現行型では赤信号の認識も可能で、赤信号を認識しているにもかかわらず交差点内に進入する可能性がある場合は注意喚起する機能も搭載しています。

発進お知らせ機能

※画像はスペーシア

出典:スズキ「スペーシア」安全装備

停車中に先行車が発進しても自車が停止し続けた際に、警告音や表示によってドライバーに注意喚起します。また、赤信号から青信号に変わっても発進しない場合も同様です。

ウィンカーを作動している場合は、矢印信号にも対応します。

車線逸脱警報機能/車線逸脱抑制機能

※画像はスペーシア

出典:スズキ「スペーシア」安全装備

走行中に区画線をはじめ、ガードレールやアスファルトと土との境界などを検知します。車線から車がはみ出す危険があるとシステムが判断すると警告、さらにステアリング操作をサポートしてドライバーに車線内に車を戻すように促す機能です。

アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能・停止保持機能付き)

※画像はスペーシア

出典:スズキ「スペーシア」安全装備

自動車専用道路において、システムが先行車を検知し適切な車間距離を維持しながら加速、減速、停止までを自動追従することでドライバーの負担を大幅に軽減する機能です。

先行車が停止した場合には自車も停止して停止状態を保持する機能のほか、カーブの前で速度を抑制する機能、ウィンカーと連動して自動で加減速をすることでスムーズな車線変更をサポートする機能なども搭載しています。

車線維持支援機能

※画像はスペーシア

出典:スズキ「スペーシア」安全装備

アダプティブクルーズコントロールが作動しているときに、車線を検知してステアリングに力を与え、車線中央付近の走行を維持するようにサポートする機能です。

車線を検知できない場合は、先行車の走行軌跡情報を利用して制御を行います。

スペーシアカスタムにはこのほかにも、ペダル踏み間違い急発進抑制装置に相当する機能や、蛇行するなどふらつきを検知したら警告する機能、状況に応じてハイビームとロービームをシステムが切り替える機能などが搭載されています。

全方位モニター用カメラ

※画像はスペーシア

出典:スズキ「スペーシア」安全装備

スペーシアカスタムでは、オプションで「全方位モニター用カメラ」の追加が可能です。全方位モニター用カメラは車両に設置したカメラの映像を基に、車両を真上から見下ろしたような映像などを映し出して安全確認をサポートしてくれる機能です。

車両の左右から接近する歩行者や車両を検知して警告する機能も搭載しており、車庫入れ時や狭い路地から広い道へ出る際などさまざまなシーンで活躍します。

スペーシアカスタムは高いレベルの安全性を有したモデル

スペーシアカスタムは交差点での衝突回避支援機能も搭載した「デュアルセンサーブレーキサポートII」を採用していることに加え、「アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能・停止保持機能付き)」などの運転支援機能も標準装備しています。

おしゃれで利便性が高いだけではなく、安全性も高いレベルを確保しているモデルといえるでしょう。

よくある質問

Q1:スペーシアカスタムの安全性能の特徴は?

A:スペーシアカスタムは、ミリ波レーダーと単眼カメラ、超音波センサーを使用した検知システムを採用したことで、これまで以上に幅広いシーンでの安全運転支援を可能にしました。

Q2:スペーシアカスタムにはどのような先進安全技術が含まれるの?

A:交差点での衝突回避支援機能も搭載した「デュアルセンサーブレーキサポートII」といった予防安全技術のほか、自動車専用道路で車間距離を維持しながら追従支援、カーブ前減速支援、車線変更時のサポートなどを行う「アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能・停止保持機能付き)」などの運転支援機能が搭載されています。

※この記事は2024年1月時点の情報で制作しています

こんな記事も読まれています

スペーシアの燃費性能をチェック!マイルドハイブリッド搭載で低燃費を実現!(2023年~現行モデル)
スペーシアの燃費性能をチェック!マイルドハイブリッド搭載で低燃費を実現!(2023年~現行モデル)
カルモマガジン
スペーシアカスタムの燃費はどのくらい?実燃費をチェック!(2023年~現行モデル)
スペーシアカスタムの燃費はどのくらい?実燃費をチェック!(2023年~現行モデル)
カルモマガジン
ホンダ「新型最高級ミニバン」登場! 超豪華な「リアシート」も進化! 2年ぶり復活の「新型オデッセイ」何が変わった?
ホンダ「新型最高級ミニバン」登場! 超豪華な「リアシート」も進化! 2年ぶり復活の「新型オデッセイ」何が変わった?
くるまのニュース
スイフトの燃費性能・走行性能は?実燃費もチェック(2023年~現行モデル)
スイフトの燃費性能・走行性能は?実燃費もチェック(2023年~現行モデル)
カルモマガジン
スズキが新型「ジムニー」4月11日発売! 約2年ぶり刷新!? 何が変わった? カクカクSUV人気続く… 直前反響は? 165万円から
スズキが新型「ジムニー」4月11日発売! 約2年ぶり刷新!? 何が変わった? カクカクSUV人気続く… 直前反響は? 165万円から
くるまのニュース
レクサス“新”「小さな高級車」発表! 斬新「2トーン」に大型ディスプレイ新設定! 加速性能アップの「新型UX」独で登場
レクサス“新”「小さな高級車」発表! 斬新「2トーン」に大型ディスプレイ新設定! 加速性能アップの「新型UX」独で登場
くるまのニュース
安全装備に頼りすぎは危険!! 「クルマの死角」を熟知せよ!
安全装備に頼りすぎは危険!! 「クルマの死角」を熟知せよ!
ベストカーWeb
愛くるしいオシャレコンパクトカーの代名詞がモデルチェンジを実施! 新型ミニ・クーパー3ドアと国内販売初のミニ・EVモデルが誕生
愛くるしいオシャレコンパクトカーの代名詞がモデルチェンジを実施! 新型ミニ・クーパー3ドアと国内販売初のミニ・EVモデルが誕生
WEB CARTOP
トヨタ「新型プロボックス」発表! 約150万円から買える「商用バンの皇帝」登場! “ハイテク機能”搭載した姿に「使い勝手サイコー!」の声あつまる
トヨタ「新型プロボックス」発表! 約150万円から買える「商用バンの皇帝」登場! “ハイテク機能”搭載した姿に「使い勝手サイコー!」の声あつまる
くるまのニュース
簡単に「クルマの幅寄せ」出来る方法は? すぐに「左寄せの感覚」覚えるコツあった! ホンダ「軽ワゴン」はもっと楽?
簡単に「クルマの幅寄せ」出来る方法は? すぐに「左寄せの感覚」覚えるコツあった! ホンダ「軽ワゴン」はもっと楽?
くるまのニュース
新型スイフトスポーツが待ち遠しい! 勝手に予想する性能と期待
新型スイフトスポーツが待ち遠しい! 勝手に予想する性能と期待
ベストカーWeb
新型キックス北米で発表!! 売れそうなところと売れるためになんとかしたほうがいいところ
新型キックス北米で発表!! 売れそうなところと売れるためになんとかしたほうがいいところ
ベストカーWeb
フレッシュアップ&アップデートされた新型「マツダ 2」のドライビングレポート その性能と評価は?
フレッシュアップ&アップデートされた新型「マツダ 2」のドライビングレポート その性能と評価は?
AutoBild Japan
スズキが新型「ジムニー」発売!  “6年目の刷新”で何が進化した!? カクカクSUV人気続く… 165万円から
スズキが新型「ジムニー」発売! “6年目の刷新”で何が進化した!? カクカクSUV人気続く… 165万円から
くるまのニュース
「レヴォーグ」vs「カローラ クロス」実用性と使い勝手で選ぶならどっち?
「レヴォーグ」vs「カローラ クロス」実用性と使い勝手で選ぶならどっち?
@DIME
アンダー250万円! ホンダ新型「カクカクSUV」早くも1万台受注! 低価格&コンパクトな新型「WR-V」何がスゴい?
アンダー250万円! ホンダ新型「カクカクSUV」早くも1万台受注! 低価格&コンパクトな新型「WR-V」何がスゴい?
くるまのニュース
アンダー200万円! イチバン安い「新車のミニバン」はどれ? 国産車ではダントツ「超リーズナブルモデル」は“必要にして十分”だった
アンダー200万円! イチバン安い「新車のミニバン」はどれ? 国産車ではダントツ「超リーズナブルモデル」は“必要にして十分”だった
くるまのニュース
運転がチョー楽チンになるアダプティブ・クルーズ・コントロール! そいつを世界初採用したのはまさかの三菱車だった!
運転がチョー楽チンになるアダプティブ・クルーズ・コントロール! そいつを世界初採用したのはまさかの三菱車だった!
ベストカーWeb

みんなのコメント

10件
  • まほほん
    N-BOXカスタムのデザインが大人しくなったから
    派手さを求める層はスペーシアカスタムを選ぶ
    ケースが多くなるだろうね。乗り心地やシートの
    作りはスペーシアが上回るから快適性を重視する
    人にも好まれるだろうな。
  • tad********
    価格も大幅に進化だよ!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

180.2219.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0294.0万円

中古車を検索
スペーシアカスタムの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

180.2219.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0294.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村