サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 登録商標から見るマツダの次世代車種戦略。CX-5はCX-50に、新FR車はマツダ6で決まりか!?

ここから本文です
最近のマツダ車での謎といえば、「CX-30」、「MX-30」の車名における末尾の数字の意味である。CX-30のときには、CX-3があるから、それとの重複を避けるために30にしたというのが憶測であるが、その先の車種戦略があるためか、マツダではこの数字の意味するところについては一切口をつぐんでいる。

秘密にすれば知りたくなるのが人心というもの。じつは商標登録を見てみると、その戦略が見えてくる。CXシリーズについては現状のCX-1~CX-9のほかに、最近になってCX-10~CX-90まですべての数字を網羅して登録済み。

おすすめのニュース

サイトトップへ