サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「初代プレーリー」に「ヨタハチ」! 伝説の名エンジニアが手がけた「ちょっと意外なクルマ」6選

ここから本文です

「初代プレーリー」に「ヨタハチ」! 伝説の名エンジニアが手がけた「ちょっと意外なクルマ」6選

伝説の男達が手がけた「傍流」のクルマを振り返る

 クルマの開発には総責任者がいて、陣頭指揮を取って作られていく。映画に例えれば監督で、歴史を振り返ってみると、名車を作り上げた伝説的な開発者はいて、現在にも名を残している。ただ、そのような名開発者でも、あくまでも会社員ではあるのでさまざまなクルマを担当していたりする。なかには実用車もあって意外なことも。今回は、名開発者が作った思いも寄らないクルマたちを見ていこう。もちろん実用車でも名開発者が担当すればひと味違ったクルマになっているはずだ。

「GT-R」だけが特別なスカイラインじゃない! 「ターボRS」の入魂っぷりに感動必至

櫻井眞一郎:日産4代目ローレル

 故・櫻井眞一郎氏(2011年逝去)はミスタースカイラインとして今さら説明する必要はないだろうが、車種というよりもジャンルを作ってしまったこともある。それがコンクリートミキサー車。プリンス自動車に入社する前は清水建設にいて、そこでまずコンクリート製造機を開発。さらにコンクリートを練る、コンクリートミキサーをトラックのシャーシに乗せることを思いつき、作り上げた。車種としてはスカイライン以外に、C31型の4代目ローレルを担当した。シャーシを共有していたからなのだが、アカ抜けたクリーンなスタイルに仕上がっているのはさすがだ。

伊藤修令:日産初代プレーリー

 櫻井氏の一番弟子が伊藤修令氏。R32などを手掛けて名を馳せたが、旧プリンス系が開発担当だったこともあって、元祖日本のミニバンである1982年登場の初代プレーリーも担当。そのほか、初代マーチも担当。こちらは旧ブリンスの拠点だった荻窪事業所で開発された最後のモデルとなる。

平井敏彦:オートザムAZ-1

 初代ロードスターを作り上げたのが平井敏彦氏。発売から4年後には退職したこともあって、ロードスターのイメージが強いが、AZ-1の開発も担当した。順番でいうと、ロードスターのあとにAZ-1を作り上げている。もともとはトラックやファミリアに関わっているが、途中でディーラーに出向しつつも、あくまでも基礎設計ひとすじ。最後にスポーツカーを担当した形だ。

長谷川龍雄:トヨタスポーツ800

 故・長谷川龍雄氏(2008年逝去)は初代カローラを担当し、80点主義という言葉までも生み出したが、トヨタスポーツ800、ヨタハチも担当している。ヨタハチは実用車のパプリカ(こちらも担当)をベースとしていることから790ccの45psと非力。しかし最高速度は155km/hと当時は驚異的なスペックを誇った。オープンにも関わらずモノコックを採用した結果の580kgという超軽量なボディや、Cd値0.35を誇る空力などのおかげだった。これは長谷川氏が戦時中、戦闘機の開発に従事していたから。とくに羽根の断面についてはTH翼型を採用していてこれは長谷川氏の研究によるもので、空力の権威だったことがうかがえる。THとは自身のイニシャルで、TH翼型は1970年代にNASAが同様のものをやっと開発したということからもわかるように時代の先をいくものだった。ちなみにNASAは特許を取ろうとしたが、長谷川氏がすでに考え出しているということで退けられている。

百瀬晋六:富士重工業ふじ号

 自動車メーカーとしてのスバルの礎を築いたのが故・百瀬晋六氏(1997年逝去。下の写真一番左)。スバル360の開発を担当したのは有名だ。戦時中はスバルの前身の中島飛行機で戦闘機の開発を担当していたが、終戦直後は開発が禁止されていたため、作っていたのがバスだった。それまでの経験を大いに活かしたもので、フレームレスモノコックのリヤエンジンを採用。とくにボディは航空機の技術を活用しており、ボンネットバスが当たり前の時代に画期的だったし、現在のバスのスタイルを作り上げた点でも注目だ。最近までスバルがバスの架装を行っていたのはここにルーツがある。

多田哲哉:トヨタ2代目ウィッシュ

 最後は最近の開発者を見てみることにしよう。86やスープラなどを担当して、トヨタにおけるミスタースポーツカーと言えば、多田哲哉氏だ。トークショーにもよく登場したので、見たことがある人も多いのではないだろうか。WRC参戦車の開発にも携わっていたのだが、1998年からはコンパクト系の実用車を担当していた。初代bBや2代目ラウム、初代パッソなどで、2代目ウイッシュも担当した。自身によると「クルマ作りのなんたるかが学べてよかった」と語っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します