現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フォード「サンダーバード」のオーナーは米寿を迎えるお父さん!! 人生最後の思い出に「懐かしの愛車」を再び手に入れました

ここから本文です

フォード「サンダーバード」のオーナーは米寿を迎えるお父さん!! 人生最後の思い出に「懐かしの愛車」を再び手に入れました

掲載 12
フォード「サンダーバード」のオーナーは米寿を迎えるお父さん!! 人生最後の思い出に「懐かしの愛車」を再び手に入れました

イベントは不参加でも、息子さんが代わって参加

2023年10月15日に福岡県北九州市門司区にて開催された「門司港レトロカーミーティング2023」には、国籍問わず様々なビンテージカーが大集合していた。その中でも、そのサイズ感で目立っていたのがこのフォード「サンダーバード」。全長5.7m以上、全幅2m以上のド迫力ボディで、当時のフォード史上、2268kgという最重量ボディを持って生まれたこの6代目のオーナーは、なんと2023年で御年88歳になられる方だった。しかし、「遠出は無理」とイベントにご本人は来られず、代わって息子さんである佐藤章彦さんが代理参加。お父さんのサンダーバードに対する思い入れを、章彦さんに教えてもらった。

スバル初代「レオーネ」とともに人生の大半を!「レガシィ」を所有してもハードドップのカッコよさには敵いませんでした

大きなサイズのクルマが大好きだったお父さんが選んだ最後の愛車

原油価格の高騰が続き、燃費が良くない大排気量車を所有するには、世知辛い時代になってしまった。それにも関わらず、漢気溢れるフォード「サンダーバード」で「門司港レトロカーミーティング2023」に参加していた佐藤さん。そのサイズ感と存在感で会場でも目立っていたが、この車両の本当の所有者は、佐藤さんのお父上である、健太郎さんだった。

「父は昭和10年生まれなので、今年で88歳になります。12月に米寿のお祝いをするんですよ。私が子供の頃に、父はこの時代のサンダーバードを前期、後期と乗り継いでいました。後期は私が20歳の頃まで乗っていたような気がしますね。ファミリーカーとして使っていたので、サンダーバードに乗って、いろいろな場所に連れて行ってもらった記憶があります」

章彦さんが子供だったことあり、詳細な車種は曖昧だそうだが、アメ車はポンティアックやリンカーン、ベンツにセンチュリーなど、健太郎さんはクルマが好きでいろいろな車種を乗り継いできたそう。そんな父親が、「もう一度乗りたい」と希望したため、1年ほど前にこの「サンダーバード」を入手したのだとか。

当時と同じカラーリングは残念ながら見つからず

「当時乗っていた後期型は、ボディカラーがブラウンだったんです。父親は同じ色を欲しがっていました。でも、さすがに同色はなかなか見つからず。結果的に、このホワイトの車両が出てきたので、これを手に入れたのです」

ちなみに、健太郎さんがこの後期型の前に所有していた前期型は、ホワイトだった。そして見つかったこの個体は、ボディとレザートップの色が異なるが、仕様は全く同じ。しかも、GM「キャデラック」やフォード「リンカーン」ならば少なからずいろいろな個体が出てくるが、日本国内ではとても珍しい「サンダーバード」だったことも、車両探しに苦戦した理由でもあった。結果的に、後期型として仕様は同じだし、前期型に乗っていたときはホワイトだったから、「いろいろな思い出が織り交ざるのでちょうどいい」ということで、この個体を購入したのだ。

「父親が死ぬ前に、この愛車をイベントでお披露目しようかと話したんですが、遠出はきついから嫌だと(笑)。助手席に乗るのも嫌がったので、サンダーバードを借りて、私が運転してきました」

章彦さんによれば、健太郎さんは若い頃から大きなクルマがお好きだった模様。思い入れが強かった念願の「サンダーバード」を手に入れたことで、その喜びもひとしおだったそうだ。遠出はしないけど、近隣を走り回って楽しんでいる姿を想像すると、いつまでもお元気で、大好きなクルマ生活を安全に送ってほしいと願うばかりだ。

こんな記事も読まれています

たどった道を表示するだけ! 6インチの白黒! ホンダが作った世界初のカーナビが挑戦的すぎたのよ!
たどった道を表示するだけ! 6インチの白黒! ホンダが作った世界初のカーナビが挑戦的すぎたのよ!
ベストカーWeb
ランドクルーザーの公式コレクション誕生!限定コラボアイテムなど全10商品ラインアップ
ランドクルーザーの公式コレクション誕生!限定コラボアイテムなど全10商品ラインアップ
グーネット
ランドクルーザー250専用設計の車中泊ベッドキットが登場!トイファクトリー
ランドクルーザー250専用設計の車中泊ベッドキットが登場!トイファクトリー
グーネット
地元イタリアでフェラーリ499Pがワン・ツー発進。新型プジョー9X8が続く/第2戦イモラFP1
地元イタリアでフェラーリ499Pがワン・ツー発進。新型プジョー9X8が続く/第2戦イモラFP1
AUTOSPORT web
ノリスが劇的展開でスプリント予選トップに。FIA、最速タイムを抹消も、後に復活させる/F1中国GP
ノリスが劇的展開でスプリント予選トップに。FIA、最速タイムを抹消も、後に復活させる/F1中国GP
AUTOSPORT web
いつ届くかはわからない……[リコール]は他人事じゃない 自分の愛車が対象になったら
いつ届くかはわからない……[リコール]は他人事じゃない 自分の愛車が対象になったら
ベストカーWeb
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】電動メタルルーフを国産車で初めて採用したシルビアヴァリエッタ!!
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】電動メタルルーフを国産車で初めて採用したシルビアヴァリエッタ!!
ベストカーWeb
無数の十字架が「ルート66」唯一のワインディングに…険しくも不思議と落ち着くオススメの場所です【ルート66旅_48】
無数の十字架が「ルート66」唯一のワインディングに…険しくも不思議と落ち着くオススメの場所です【ルート66旅_48】
Auto Messe Web
角田裕毅、スプリント予選19番手「今までこれほど苦労したことはない。土曜予選までに突破口を見出したい」/F1中国GP
角田裕毅、スプリント予選19番手「今までこれほど苦労したことはない。土曜予選までに突破口を見出したい」/F1中国GP
AUTOSPORT web
アストンマーティンF1の抗議棄却。サインツJr.の予選”復活”は慣例では認められると判断
アストンマーティンF1の抗議棄却。サインツJr.の予選”復活”は慣例では認められると判断
motorsport.com 日本版
嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
AUTOCAR JAPAN
ポルシェ新型「パナメーラ」に試乗! 常に水平を保つ未体験の走りに驚愕…PHEVは1669万円から
ポルシェ新型「パナメーラ」に試乗! 常に水平を保つ未体験の走りに驚愕…PHEVは1669万円から
Auto Messe Web
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
AUTOSPORT web
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
AUTOSPORT web
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
乗りものニュース
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
AUTOSPORT web
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
レスポンス
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
くるまのニュース

みんなのコメント

12件
  • セルゲイナス
    この巨大を支える貧相なノーマルタイヤとノーマル車高が織りなすフラユラ感や雰囲気がたまらなく最高なんだよな。なのに最近みるアメ車は新旧とわずデカアルミとローダウンが定番になってて実に哀しい。あれは変だ。
  • chi********
    1973年式ゴールド、レザートップがブラウンを父親が乗ってましたね。排気量7500cc
    装備が全て電動ですごかった!この時代にレザートップのサンルーフ オーディオが8インチカセット 燃費がリッター2 今でも好きな車で当時のパンフレットとプラモデル持ってます。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

439.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

138.01199.0万円

中古車を検索
サンダーバードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

439.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

138.01199.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村