現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「織戸学がガチで手がけたJZS161アリスト」D1スープラ超えを狙ったスーパードリ車をプレイバック!

ここから本文です

「織戸学がガチで手がけたJZS161アリスト」D1スープラ超えを狙ったスーパードリ車をプレイバック!

掲載 2
「織戸学がガチで手がけたJZS161アリスト」D1スープラ超えを狙ったスーパードリ車をプレイバック!

650馬力を従える本気のドリフトスペック

織戸選手らしいパーツチョイスが光る真紅のJZS161アリスト!

このJZS161アリストは、2006年に織戸学選手が谷口信輝選手&上野高広選手とともに“アリストだけのチーム”を結成する目論みで製作したドリフトスペックだ。完成後には、イベントのデモランで使用したり、アメリカのフォーミュラDに参戦するなど各方面で活躍した。

メインチューニングは、織戸選手と親交深い“リミットライン”が担当。2JZ-GTE本体は、ヘッドにHKSハイカムを導入した上でTO4Zタービンをセット。F-CON Vプロによる綿密なマネージメントで650psを発生させている。

足回りは、RS-R車高調(F22kg/mm R20kg/mm)のサーキットスペックでセットアップ。サスアーム類は、調整機構のあるイケヤフォーミュラ製をフル投入してセッテイング幅を拡大している。

ドリフトに重要な切れ角アップは、JICのタイロッドと伊藤オートのショートナックルで達成。ブレーキはプロジェクトμ製のキットに変更し、リヤは油圧サイドが導入されている。

コクピットは超スパルタン仕様だ。ダッシュボードやセンターコンソールはカーボンで再構築し、メインメーターにはマックスレーシングのダッシュロガーを装備。ステアリングはもちろんORIDO-STYLE。トランスミッションには、ホリンジャーの6速シーケンシャルドグを奢る。

リヤまで伸びるロールケージはフォーミュラD参戦に向けてアメリカで組み直したものだ。日本のロールケージだと肉厚が足りなかったのだという。

RIDOXフルエアロにバリス製ボンネットを装備した迫力のエクステリア。ウインドウ類はフロント以外アクリル製になっているが、ドアパネルはノーマルのままだ。ホイールはウェッズSA-67Rで、サイズは織戸選手が言うところの「男の19インチ」。タイヤはアドバンネオバAD08(F235/35 R265/30)をセットする。

戦闘力はかなり高いそうだが、織戸選手いわく「やっぱり重い。ホイールベースが長いから安定するけど、動きが遅いんだよね。FRPのドア4枚とトランクを入れて軽量化を進めれば変わるかな? どうにかして前のスープラより速くしたい!」とのこと。

世界を知り尽くした織戸選手らしいパーツチョイスで、戦闘力アップが図られた真紅のアリスト。さらなる進化を期待したい。(OPTION誌2009年6月号より抜粋)

あわせて読みたい 「見た目はVIPなアリストだけど・・・」2JZ改3.4L仕様でGT-Rも真っ青の加速性能を見せつけるナイトクルーザー!

こんな記事も読まれています

「ここ私道なの!?」長大橋に海底トンネルまで とんでもない規模の「専用道路」3選
「ここ私道なの!?」長大橋に海底トンネルまで とんでもない規模の「専用道路」3選
乗りものニュース
クロカンSUVに“スポーツカーの心臓”を搭載! ランドローバー「ディフェンダーV8」公道での印象は? 走り味はまるで“どう猛な暴れ馬”
クロカンSUVに“スポーツカーの心臓”を搭載! ランドローバー「ディフェンダーV8」公道での印象は? 走り味はまるで“どう猛な暴れ馬”
VAGUE
結局…「EVインフラ」どうなの? 「クルマが先、インフラが先」の問題! 不便さは解消されるのか
結局…「EVインフラ」どうなの? 「クルマが先、インフラが先」の問題! 不便さは解消されるのか
くるまのニュース
レッドブル、”メルセデスのアイデア”採用に「感情的にならないように、より良いモノを選んだ」
レッドブル、”メルセデスのアイデア”採用に「感情的にならないように、より良いモノを選んだ」
motorsport.com 日本版
マイカー利用も可能な軽自動車登録の電気配送車【ASF 2.0】
マイカー利用も可能な軽自動車登録の電気配送車【ASF 2.0】
グーネット
WEC公式テスト“プロローグ”のスケジュールが再度変更。初日は2セッション/10時間の走行に
WEC公式テスト“プロローグ”のスケジュールが再度変更。初日は2セッション/10時間の走行に
AUTOSPORT web
新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」
新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」
motorsport.com 日本版
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー編…サブウーファーの「カットオフ周波数」の設定方法を解説!
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー編…サブウーファーの「カットオフ周波数」の設定方法を解説!
レスポンス
「ここにはF1より平等なチャンスがある」とトヨタに再加入するニック・デ・フリース
「ここにはF1より平等なチャンスがある」とトヨタに再加入するニック・デ・フリース
AUTOSPORT web
北九州高速「環状化」1期区間は2024年度中完成へ 小倉‐八幡結ぶ「戸畑枝光線」被災で復旧工事
北九州高速「環状化」1期区間は2024年度中完成へ 小倉‐八幡結ぶ「戸畑枝光線」被災で復旧工事
くるまのニュース
新型アルファード/ヴェルファイア「モデリスタ流」カスタムを見た!
新型アルファード/ヴェルファイア「モデリスタ流」カスタムを見た!
driver@web
トヨタ「プリウス」にぴったりサイズ登場! ホイールだけでスポーティさがアップするホムラ「2×7FT」を紹介します
トヨタ「プリウス」にぴったりサイズ登場! ホイールだけでスポーティさがアップするホムラ「2×7FT」を紹介します
Auto Messe Web
キャンプに役立つ「C5Cシリーズ」! セルスターの最新電装アイテムが集結
キャンプに役立つ「C5Cシリーズ」! セルスターの最新電装アイテムが集結
driver@web
もう厄介なタイヤ問題とはオサラバ? ハース小松礼雄代表、新車VF-24は「挙動が予測可能」レース重視のアプローチ継続へ
もう厄介なタイヤ問題とはオサラバ? ハース小松礼雄代表、新車VF-24は「挙動が予測可能」レース重視のアプローチ継続へ
motorsport.com 日本版
エアの注入はケージに入れる! 移動式のリフトも存在! 知られざる「巨大トラック」のメンテ事情
エアの注入はケージに入れる! 移動式のリフトも存在! 知られざる「巨大トラック」のメンテ事情
WEB CARTOP
世界にたった1台のアルファロメオ! かの「SZ」を彷彿とさせる「ジュリアSWBザガート」はスペックも強烈だった
世界にたった1台のアルファロメオ! かの「SZ」を彷彿とさせる「ジュリアSWBザガート」はスペックも強烈だった
WEB CARTOP
【特集:GRとNISMO変化の実存(1)】ワークスチューンが止まらない!GRカローラとGT-R NISMOの特別と格別
【特集:GRとNISMO変化の実存(1)】ワークスチューンが止まらない!GRカローラとGT-R NISMOの特別と格別
Webモーターマガジン
680馬力「2.0L直4+モーター」搭載! 新型「爆速スポーティSUV」発表! 1000万円超えのGLC発売
680馬力「2.0L直4+モーター」搭載! 新型「爆速スポーティSUV」発表! 1000万円超えのGLC発売
くるまのニュース

みんなのコメント

2件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

384.3483.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.0490.0万円

中古車を検索
アリストの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

384.3483.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.0490.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村