現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1420万円でフェラーリ「F355スパイダー」が落札! 特別仕様「セリエ フィオラーノ」でも予想より400万円も安かった理由は?

ここから本文です

1420万円でフェラーリ「F355スパイダー」が落札! 特別仕様「セリエ フィオラーノ」でも予想より400万円も安かった理由は?

掲載 8
1420万円でフェラーリ「F355スパイダー」が落札! 特別仕様「セリエ フィオラーノ」でも予想より400万円も安かった理由は?

クラシック以外は落ち着き始めている?

2024年3月1日~2日、RMサザビーズがアメリカ・マイアミで開催したオークションにおいてフェラーリ「F355スパイダー セリエ フィオラーノ」が出品されました。F355スパイダーをベースに製作された特別仕様車で、フェラーリはトータルで104台を生産。そのなかの49番目に製作された同車のハンマープライスをお伝えします。

ゲーム「SEGA F355チャレンジ」好きが高じて実車の「F355ベルリネッタ」を購入! しかも練習用にフェラーリ「458」までお買い上げ…

1990年代に登場したフェラーリの中でも評価の高い1台

1994年5月24日、1990年代に誕生したフェラーリの中でも特に名車と評価され、後継車の「360モデナ」が登場する1999年まで圧倒的な人気と販売実績を誇ることになるV型8気筒ミッドシップ車、「F355」がデビューした。フェラーリの創業者であるエンツォ・フェラーリ亡き後、フィアットから送り込まれた新たな指導者、ルカ・ディ・モンテゼーモロの経営哲学を、世界最高のプレミアム・ブランドたるフェラーリでいかに活かしていくのか。それがモンテゼーモロに与えられた使命だった。

モンテゼーモロが最初に決断したのは、モデルチェンジ・サイクルの短縮化だった。そして同時に常に新しく誕生した新型車が最先端の技術を持ち、世界最高水準のパフォーマンスを得ていることを強くアピールすることを忘れないこと。もちろんそれは、オーナー自身の評価によっても証明されなければならないことであるのは当然だ。

フェラーリはF355の前身である「348」シリーズの段階で、それまでの伝統的なスペースフレームから、ルーフとリアフェンダーでも走力を負担するモノコックへと基本ストラクチャーを変更していたが、F355も基本的には同様の構造を持っていた。

進化が著しかったのは新たにDOHC5バルブヘッドが与えられたほか、排気量の拡大や軽量化などが行われたV型8気筒エンジンや(1996年にはモトロニックなどに一部改良が施された)、1997年に登場したクラッチとシフトフォークの駆動をアクチュエーターに委ねる、いわゆるF1マチックの採用である。

ボディデザインも、シルエットこそ348のそれに似るものの、じつにスムーズでかつスポーティな造形に変わり、走行中のダウンフォースはアンダーボディで得る、グランドエフェクトカーとして設計されているのも話題だった。

シリーズ最後に登場したスペシャルモデルとは

1999年までに販売面で大成功を収めたF355だけに、シリーズ最後にスペシャルモデルを発表しようというのも自然な成り行きである。今回マイアミ・オークションに出品された「セリエ フィオラーノ」は、F355スパイダーをベースに製作された特別仕様車で、フェラーリはトータルで104台(当初の計画は100台だった)を製作。そのうち100台は最大の輸出市場であるアメリカに向けてデリバリーされ、その内訳はF1マチック仕様が74台、6速MT仕様は26台だった。残りの4台はヨーロッパ向け(3台)と南アフリカ向け(1台)というのが詳細になる。

セリエ・スペチアーレに与えられた特別仕様で最も魅力的なものといえたのは、フィオラノ・ハンドリング・パッケージ(FHP)と呼ばれたスポーツ・サスペンションだった。ワンメイクレース用車両のF355コンペティツィオーネに由来するサスペンションキットは、可変ダンパーの制御プログラムの変更や、強化型スプリングを採用。前後のスタビライザーは標準の22mm & 17mmから24mm & 19mmに拡大するなど、実際に見て確認できるものだけでも、サーキット走行を楽しみたいオーナーには、その内容は魅力的に感じるものだろう。

さらにはリアのキャンバーは0.5度増加されるなどの専用アライメント設定や、チャレンジと共通のクイックレシオのステアリングギアボックス、ブレーキシステムもPHP独自のもの。ちなみにブレーキキャリパーはレッド、ゴールド、シルバーの3色から選択することができた。

ほかにもチャレンジ仕様のリアグリルや、インテリアではカーボンファイバー製のインサートやセンターコンソール、ドアシル、パドルシフト、スエード張りのステアリングホイールなど、さまざまな特別装備が満載された。

今回の出品車は100台のアメリカ向け車両のうち49番目に生産されたもので、走行距離がわずか2万1440kmというF1マチック仕様。ネロ(ブラック)・インテリアにアルジェント(シルバー系)・ニュルブルクリンクのエクステリア・カラーというコンビネーションも、落ち着きがあって好ましい。

参考までにRMサザビーズによる予想落札価格は12万5000~17万5000ドル(約1860万円~2610万円)だったが、落札価格は9万5200ドル(邦貨換算約1420万円)と振るわなかった。いわゆる特別な価値を持つクラシック以外は、フェラーリの価格もそろそろ落ち着きを見せ始めてきたということなのだろうか。

こんな記事も読まれています

「カウンタック」はいかにフェラーリに対抗すべく進化したのか? 排気量アップした「LP5000 QV」はいまや7600万円と価格高騰中です
「カウンタック」はいかにフェラーリに対抗すべく進化したのか? 排気量アップした「LP5000 QV」はいまや7600万円と価格高騰中です
Auto Messe Web
ピンク・ジャガーは純正色!「Eタイプ シリーズIII」がなんと約1320万円で落札! V12エンジンが再評価されています
ピンク・ジャガーは純正色!「Eタイプ シリーズIII」がなんと約1320万円で落札! V12エンジンが再評価されています
Auto Messe Web
15台以下のロータス「エラン」が680万円から販売中!「シェイプクラフト ファストバッククーペ」はどうして生まれた?
15台以下のロータス「エラン」が680万円から販売中!「シェイプクラフト ファストバッククーペ」はどうして生まれた?
Auto Messe Web
2500勝した伝説のマシン誕生から100周年! 創始者エットーレがブガッティ「タイプ35」にかけた情熱は現代のアトリエに受け継がれていました
2500勝した伝説のマシン誕生から100周年! 創始者エットーレがブガッティ「タイプ35」にかけた情熱は現代のアトリエに受け継がれていました
Auto Messe Web
バットモービルじゃないほうのBMW「3.0CSL」は人気がない!? 純正のグリーンのボディカラーが珍しい個体は1290万円~で販売中
バットモービルじゃないほうのBMW「3.0CSL」は人気がない!? 純正のグリーンのボディカラーが珍しい個体は1290万円~で販売中
Auto Messe Web
ヘッドライトがなしで公道登録済み! V8搭載の魔改造クロスレー「アルムキスト セイバー」の250万円は妥当なお値段だった!?
ヘッドライトがなしで公道登録済み! V8搭載の魔改造クロスレー「アルムキスト セイバー」の250万円は妥当なお値段だった!?
Auto Messe Web
ランボルギーニ「ウラカン」が登場から10年! V10自然吸気エンジンにこだわって進化した歴代モデルを8台を紹介します
ランボルギーニ「ウラカン」が登場から10年! V10自然吸気エンジンにこだわって進化した歴代モデルを8台を紹介します
Auto Messe Web
【約10.4億円で落札】クラシックでもブガッティの価値が上昇中!「タイプ57C アラヴィス」は予想の2倍以上の高値を更新
【約10.4億円で落札】クラシックでもブガッティの価値が上昇中!「タイプ57C アラヴィス」は予想の2倍以上の高値を更新
Auto Messe Web
フェラーリの「V12エンジン」はなぜ生き延びることができたのか? 新たな旗艦「ドーディチ チリンドリ」に見た「跳ね馬の覚悟と情熱」
フェラーリの「V12エンジン」はなぜ生き延びることができたのか? 新たな旗艦「ドーディチ チリンドリ」に見た「跳ね馬の覚悟と情熱」
VAGUE
マクラーレン「750Sスパイダー」を関西まで長距離テスト! サーキットが真骨頂のクルマが提案する日常の楽しみ方とは
マクラーレン「750Sスパイダー」を関西まで長距離テスト! サーキットが真骨頂のクルマが提案する日常の楽しみ方とは
Auto Messe Web
20年にわたってシボレー「カマロ」をカスタムし続けた結果…エンジンやミッションにも手を入れて、450馬力仕様になりました
20年にわたってシボレー「カマロ」をカスタムし続けた結果…エンジンやミッションにも手を入れて、450馬力仕様になりました
Auto Messe Web
ベントレー新型「コンチネンタルGT」のティザー画像を公開! 史上もっともパワフルなハイブリッドモデルは丸目四灯?それとも…
ベントレー新型「コンチネンタルGT」のティザー画像を公開! 史上もっともパワフルなハイブリッドモデルは丸目四灯?それとも…
Auto Messe Web
次世代ベントレーは丸目4灯ではない!? 16台限定の「バトゥール コンバーチブル」で未来のデザインを予想。W12搭載というだけで価値あり
次世代ベントレーは丸目4灯ではない!? 16台限定の「バトゥール コンバーチブル」で未来のデザインを予想。W12搭載というだけで価値あり
Auto Messe Web
ベントレーが北米エリア最後のV8モデル「エディション8」を発表! ボディカラーは60色からセレクトできちゃいます
ベントレーが北米エリア最後のV8モデル「エディション8」を発表! ボディカラーは60色からセレクトできちゃいます
Auto Messe Web
アバルト、開放的な『F595C』にMT限定モデルの第2弾を設定。Beats製オーディオも特別搭載
アバルト、開放的な『F595C』にMT限定モデルの第2弾を設定。Beats製オーディオも特別搭載
AUTOSPORT web
ホンダ「“2シーター”軽量スポーツカー」登場! 鮮烈レッド&MT採用の超スポーティ仕様! 約35年前の「CR-X」米で高額落札
ホンダ「“2シーター”軽量スポーツカー」登場! 鮮烈レッド&MT採用の超スポーティ仕様! 約35年前の「CR-X」米で高額落札
くるまのニュース
日産「フェアレディZ ニスモ」を長距離で試したら「サーキットで走らせたい」と初めて思った! 買えた人はラッキー、でもスタンダードでも十分
日産「フェアレディZ ニスモ」を長距離で試したら「サーキットで走らせたい」と初めて思った! 買えた人はラッキー、でもスタンダードでも十分
Auto Messe Web
「Zカー」といえば思い出すのは何代目!? バブル絶頂期に登場したスポーツカー 日産・Z32型「フェアレディZ」ってどんなクルマ?
「Zカー」といえば思い出すのは何代目!? バブル絶頂期に登場したスポーツカー 日産・Z32型「フェアレディZ」ってどんなクルマ?
VAGUE

みんなのコメント

8件
  • f20********
    F1マチックだからじゃない?2万キロならまだ大丈夫だと思うけど、距離いったら怪しいものね。モデナなんてF1マチックは値がつかないものね。
  • kmq********
    おそらく400万じゃ直らないだろう
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村