現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタの爆速「6速MT×FRセダン」が凄い! 318馬力V6仕様&4本出しマフラーに感激!? 限定350台のモデルとは

ここから本文です

トヨタの爆速「6速MT×FRセダン」が凄い! 318馬力V6仕様&4本出しマフラーに感激!? 限定350台のモデルとは

掲載 16
トヨタの爆速「6速MT×FRセダン」が凄い! 318馬力V6仕様&4本出しマフラーに感激!? 限定350台のモデルとは

■もうこんなセダンは出てこない?

 最近「FRセダン」として2023年11月に発売されたトヨタ新型「クラウンセダン」が注目を集めています。
 
 その一方でかつて 318馬力を発揮する3.5リッターV型6気筒を搭載した「6速MT×FRセダン」が限定で販売されていました。

【画像】「えっ…!」超カッコイイ! これがトヨタ爆速セダン!? 画像を見る!(50枚以上)

 そのモデルの名は「マークX GRMN」。2019年3月11日に、限定350台が発売されたモデルです。 
 
 GRMNとは、TOYOTA GAZOO Racingが手掛けるスポーツカーシリーズ「GR」の頂点に立つ数量限定モデルで、「ガズー・レーシング・マイスター・オブ・ニュルブルクリンク」の頭文字。

 これまでに「iQ」「ヴィッツ」「マークX(2015年)」「86」「ヤリス」が販売されました。

 また豊田章男会長が乗る「センチュリー GRMN」という特別なモデルも存在します。

 そんなGRMNシリーズの中で2019年に登場したマークX GRMNは、2015年に登場して好評だった初代マークX GRMNから約3年後に登場したモデルです。

 マークXの上級グレード「350RDS」をベースにボディ剛性をさらに高めるため、全252か所におよぶスポット溶接打点を追加しています。

 見た目は、フロントバンパーなど加飾パーツをダーク化する他、4本出しマフラー(大型バッフル)、リアスポイラー、ブレーキキャリパー(ホワイト塗装、フロントのみGRロゴ付)&スポーツブレーキパットなど様々な専用装備を採用しています。

 足元では、19インチBBS製鍛造アルミホイール&前後異サイズタイヤ(前:235/40R19 後:255/35R19)を装着。

 新開発(当時)のショックアブソーバーを用いた専用のサスペンションやEPSのチューニングとあわせ、意のままに走れるクルマに仕上がっています。

 パワートレインは、318馬力を発生する3.5リッターV型6気筒の自然吸気エンジンと6速MTを組み合わせることで、FRスポーツセダンならではのパフォーマンスを追求。

 快適なシフト操作を実現するためには、リヤディファレンシャルギヤ比の変更・操作系のチューニング。

 さにはトランスミッションのマッチングを図るためにエンジンの出力制御特性などの専用チューニングを実施しています。

 このように様々な部分にまで手が入っているマークX GRMNですが、2019年時の新車価格は513万円(消費税8%込み)となっていました。

 2023年12月時点の中古車価格では、安い個体でも500万円台半ばとなり、最も高い個体ではカーボンルーフが装着された700万円前半のものと、希少性もあり新車価格以上となっています。

 大排気量FRセダンかつ速く走るためのメーカー渾身のチューニングが施されたマークX GRMN。

 今後このようなモデルが登場する可能性は低いと見られ、どこかで価値が高まるのか注目です。

こんな記事も読まれています

ホンダ新型「コンパクトハッチ」登場! 俊足「i-VTEC」搭載で超スポーティに! 精悍マスクもカッコイイ「シティ“RS”」約335万円から マレーシアで発売
ホンダ新型「コンパクトハッチ」登場! 俊足「i-VTEC」搭載で超スポーティに! 精悍マスクもカッコイイ「シティ“RS”」約335万円から マレーシアで発売
くるまのニュース
フィルター交換要らずで微粒子を除去! 車用微粒子除去機 ヴェントミニ
フィルター交換要らずで微粒子を除去! 車用微粒子除去機 ヴェントミニ
月刊自家用車WEB
「助手席で寝るのは失礼」これマジ? 尽きることの無いマナー論争。
「助手席で寝るのは失礼」これマジ? 尽きることの無いマナー論争。
月刊自家用車WEB
パイオニア、専用設計スピーカー「三菱 デリカD:5、デリカミニ用トゥイーター取付キット」を発売
パイオニア、専用設計スピーカー「三菱 デリカD:5、デリカミニ用トゥイーター取付キット」を発売
カー・アンド・ドライバー
[スゲェ!汚れゴッソリ]黄ばみが取れた!Amazon高評価アイテムの効果がヤバすぎる!
[スゲェ!汚れゴッソリ]黄ばみが取れた!Amazon高評価アイテムの効果がヤバすぎる!
月刊自家用車WEB
想像以上に恐ろしい「パワーウインドウ」の実態 ゴボウもスパッと切断!? 思わぬ事故まねく「危険な死角」と「絶対やっておくべき対策」とは
想像以上に恐ろしい「パワーウインドウ」の実態 ゴボウもスパッと切断!? 思わぬ事故まねく「危険な死角」と「絶対やっておくべき対策」とは
くるまのニュース
[スポーツセダン]の現行スバル[WRX S4]は乗るといいのはわかるけど……先代型に乗り続けるオーナーがいまだに買い換えないワケ
[スポーツセダン]の現行スバル[WRX S4]は乗るといいのはわかるけど……先代型に乗り続けるオーナーがいまだに買い換えないワケ
ベストカーWeb
カワサキ「Z250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
カワサキ「Z250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
フルフラットが広い! シンプルだから使いやすいトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
フルフラットが広い! シンプルだから使いやすいトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
新型[ランドクルーザー250]正式デビュー!! 注文殺到は必至のデキも気になる[価格]は?
新型[ランドクルーザー250]正式デビュー!! 注文殺到は必至のデキも気になる[価格]は?
ベストカーWeb
えええ、アクセルが前後に動くって何!? アメ車の専売特許的機能が超絶イイ!! 日本車には不必要なのか!?!?
えええ、アクセルが前後に動くって何!? アメ車の専売特許的機能が超絶イイ!! 日本車には不必要なのか!?!?
ベストカーWeb
ホンダ・ZR-V大研究 ~見どころ&ライバル対決~
ホンダ・ZR-V大研究 ~見どころ&ライバル対決~
グーネット
2024年も鈴鹿8耐の決勝レースをBS12で10時間完全生中継が決定
2024年も鈴鹿8耐の決勝レースをBS12で10時間完全生中継が決定
AUTOSPORT web
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」1
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」1
グーネット
世界のスーパーカーが讃岐のまちに大集合!瀬戸内ドリームカーフェスタ2024
世界のスーパーカーが讃岐のまちに大集合!瀬戸内ドリームカーフェスタ2024
グーネット
ボルボ EX30が“日本で最も売れた輸入EV”に 2024年1-4月 累計販売台数でトップ
ボルボ EX30が“日本で最も売れた輸入EV”に 2024年1-4月 累計販売台数でトップ
グーネット
「ランクル70」アドブルー蓋の謎を解明!! エンジンルーム内がいい? それでも外にあるのには意味があった【ランクル70運行日誌 第1回】
「ランクル70」アドブルー蓋の謎を解明!! エンジンルーム内がいい? それでも外にあるのには意味があった【ランクル70運行日誌 第1回】
ベストカーWeb
ヤマハ、クラッチローの第7戦イタリアGPでのワイルドカード参戦をキャンセル。右手の手術による合併症で出走を断念/MotoGP
ヤマハ、クラッチローの第7戦イタリアGPでのワイルドカード参戦をキャンセル。右手の手術による合併症で出走を断念/MotoGP
AUTOSPORT web

みんなのコメント

16件
  • 藍流頓瀬奈
    素のマークXでも素直で乗り易かった。ハイブリッド(電動)が無く変速もCVTではなく勝手知ったるトルコン6速。気難しくなる要素が無い。
  • osu********
    これの前か後に100台限定もあったよね
    金の工面が出来なくて買えなかったけど、当時は欲しかったなぁ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

265.7513.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

17.0800.0万円

中古車を検索
マークXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

265.7513.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

17.0800.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村