現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なんか速そうな「R」とか「RS」! 「レーシング」とか「スポーツ」かと思いきやまったく違う意味のクルマもけっこうあった

ここから本文です

なんか速そうな「R」とか「RS」! 「レーシング」とか「スポーツ」かと思いきやまったく違う意味のクルマもけっこうあった

掲載 22
なんか速そうな「R」とか「RS」! 「レーシング」とか「スポーツ」かと思いきやまったく違う意味のクルマもけっこうあった

 この記事をまとめると

■レーシングやスポーツ以外の意味を持つ「R」や「S」を与えられたクルマをいくつか紹介

「タイプR」とか「エボ」とか付けたら……メーカー謹製の「サブネーム」を授けたら売れそうなクルマを考えてみた!

■ホンダは「Road Sailing」、ワゴンRは「REVOLUTIONとRELAXATION」を意味する

■車名につくアルファベットがどんな略称なのか考えるのも楽しいかもしれない

「R」=レーシングではない!

 クルマの名前やグレード名に「R」と入っているのはスポーツカーの証……と結論づけるのは早計だ。

 たしかにホンダの「タイプR」はサーキットでの速さを極めたレーシーな量産車という意味合いをもつグレード名といえるが、当のホンダであっても「R」というアルファベットにレーシング以外の意味を込めていることがある。

 ホンダのコンパクトカーである「フィット」に設定されているスポーティグレード「RS」は、「Road Sailing(ロードセーリング)」を語源とするもの。

 ホンダによれば『あたかも道路を帆走するような、ゆとりある快適な走りを実現することをネーミングに込めました』ということで、けっして”レーシングスポーツ”の略称というわけではない。

 同じく「RS」というアルファベットを持つモデルとしては、少し古いクルマになるが、トヨタのオープン2シーター「MR-S」が思い浮かぶ。こちらの名前については、「Midship Runabout-Sports」の略称であって、Rの部分はレーシングを意味しているわけではなかったりする。ちなみに、トヨタの見解によれば、「ミッドシップ式の小型車」という意味だ。

 とはいえ、フィットRSにしろ、MR-Sにしろ、Rの意味をレーシングと解釈してもおかしくないだけの走りの楽しさやパフォーマンスを持っているため、公式見解を覆してでもレーシングの意味と思いたいというオーナーはいるかもしれない。

「R」や「S」の文字はクルマ好きのワクワクを引き出す

 しかしながら、さすがにスズキの軽ハイトワゴンの「ワゴンR」については、レーシングという風に捉える人はかなり少ないだろう。

 都市伝説的に、当時の社長であった鈴木 修氏が車名決定会議において「ワゴンもあーる」でいいじゃないかと発言したという話も広まっているが、スズキの発表によれば『REVOLUTION(革新・画期的)とRELAXATION(くつろぎ)の頭文字であり、「軽自動車の新しい流れを作る新カテゴリーのクルマ」で「生活にゆとりを与えるクルマ」というふたつの意味を込めました』ということだ。

 たしかに、1993年にデビューした初代ワゴンRは軽自動車の価値観を変えてしまうほどの革新的なモデルであった。まさに名は体を表すの好例だ。

 冒頭、ホンダの「タイプR」について触れたが、じつはマツダにも複数のモデルにまたがって「スピリットR」という限定車と特別仕様車に使われたネーミングがある。

 2002年に発売されたRX-7(FD3S型)最後の限定車と、2011年から2012年にかけて発売されたRX-8最後の特別仕様車に「スピリットR」の名前は使われた。

 いずれもマツダのアイデンティティといえるロータリーエンジンを積むスポーツモデルの“最後”を飾る名前だが、そこに込められた思いはレーシングではなく、「リターン」であり「ロータリー」であるという。

 2023年に開催されたジャパンモビリティショーにおいて、マツダは2ローターエンジンを積んだプラグインハイブリッドのコンセプトカー「アイコニックSP」をお披露目した。いかにも走りそうなルックスゆえに「SP」が示しているのはスポーツの意味かと思ったが、マツダの人に聞けば「スポーツ、スピリット、スピード……いろいろな解釈をしてもらってかまいません」という。

 その意味では、作り手の思いを尊重しつつ、ユーザーが愛車の名前に使われているアルファベットが何の略称なのかを独自に意味づけて楽しむというマインドも、多様性の時代にはふさわしいのかもしれない。

こんな記事も読まれています

懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
ベストカーWeb
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
ベストカーWeb
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
AUTOSPORT web
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
AUTOCAR JAPAN
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
ベストカーWeb
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
AUTOCAR JAPAN
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
グーネット
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
乗りものニュース
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
motorsport.com 日本版
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
AUTOSPORT web

みんなのコメント

22件
  • tma********
    5代目セリカGT-Rに乗っていました。
    彼女が「GT-Rってすごいんでしょ。」と言ってくれたので、
    スカイラインと勘違いしてるな、と思ったけどそれはナイショw
  • aki********
    310サニーのクーペにだけ設定されてた「RS」は何を意味するのかな。知ってる人がいたら教えて。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.3300.0万円

中古車を検索
ワゴンRの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.3300.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村