サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジャガー・ランドローバー・ジャパンが今年も読売巨人軍をサポート!

ここから本文です

ジャガー・ランドローバー・ジャパンが今年も読売巨人軍をサポート!

ジャガーとランドローバーの車両70台をオフィシャルカーとして提供

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、プロ野球の読売巨人軍とオフィシャルカー契約を2017年3月から締結しているが、2021シーズンもそのサポートを継続。読売巨人軍の監督、コーチ、選手などを対象にジャガーおよびランドローバー車両をオフィシャルカーとして計70台を提供すると発表した。

人気の「ランドローバー・ディフェンダー」に最強仕様のV8モデルが追加!

3月2日には、読売巨人軍の本拠地球場である東京ドームでオフィシャルカー貸与式を開催。会場にはジャガーの「Fタイプ・コンバーチブル」、ランドローバーの「レンジローバー・スポーツHSEダイナミック」、「ディフェンダー110」が展示され、巨人軍の原辰徳監督をはじめ、梶谷隆幸選手、井納翔一選手、大城卓三選手、中川皓太選手が出席。ジャガーとランドローバーのビッグキーが贈呈された。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長は、オーロラビジョンに登場。以下のような激励コメントを贈った。

「今年もジャガー・ランドローバーは読売巨人軍とともに戦います。楽しくスタイリッシュで安全な車で、チームを守ると同時に優勝への士気を高めます。ジャガー・ランドローバーも読売巨人軍と同様、若い才能とベテランがともに頂点を目指しています。エキサイティングな新人、SUVのゲームチェンジャーとなる新型『ディフェンダー』も加入しました。さらに電気自動やプラグインハイブリッドなど車両がラインアップに加わり未来へ進んで行きます。私たちは読売巨人軍の優勝まで全力でサポートすることをお約束いたします」

一方、ビッグキーを受け取った原辰徳監督は次のようにコメントした。

「ジャイアンツがジャガー・ランドローバーとともにスタートできるという喜びを大変感じております。ジャイアンツのなかでもすべての選手が乗れるわけではありません。厳選された、かなり力のある人、影響力のある人でないとジャガー・ランドローバーに乗ることができないという部分においては、価値ある車ということになっております。英国製という乗り心地の良さ、重厚感、そして走りの良さ、すべてにおいて、ジャイアンツの選手はすごい車だと喜んでおります。新たに梶谷、井納も、乗り心地の良さを感じてくれるのではないかと思います。また戸郷が昨年頑張り、初めて車に乗ることになりました。贅沢なことに、初めての車がジャガーになるとは幸せなことです。ジャイアンツはジャガー・ランドローバーともに、前に突き進んでリーグ3連覇はもちろんですが、日本一を目指して走り抜けたいと思います」

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、オフィシャルカー契約締結以降、読売巨人軍のテーマカラーを彷彿させる特別仕様車の発売や読売巨人軍と連携したキャンペーンなど、様々なコラボレーションを行なってきた。今後も読売巨人軍とのオフィシャルカー契約を通じ、プロ野球ファンに対するジャガーおよびランドローバーの認知拡大を図るとともに、読売巨人軍の勝利に向けた挑戦をサポートしていくという。

オフィシャルカー提供車両

・ジャガー:「XJ」「XFスポーツブレイク」「XE」
・ランドローバー:「ディフェンダー」「レンジローバー」「レンジローバー・スポーツ」「レンジローバー ・ヴェラール」「レンジローバー・エヴォーグ」
・提供台数:70台
・対象者:読売巨人軍 監督、コーチ、選手

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します