現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル「WRX」からトヨタ「GR86」への乗り換え理由は?「気持ちよく吹け上がるNAエンジンが楽しいんです!」

ここから本文です

スバル「WRX」からトヨタ「GR86」への乗り換え理由は?「気持ちよく吹け上がるNAエンジンが楽しいんです!」

掲載 76
スバル「WRX」からトヨタ「GR86」への乗り換え理由は?「気持ちよく吹け上がるNAエンジンが楽しいんです!」

真っ赤なボディが目を惹くGR86

2023年10月29日にTRUST主催で開催されたユナイトミーティングには、トヨタ「86」やスバル「BRZ」やスズキ「スイフトスポーツ」などが数多くエントリーした。そんな会場で発見した86とBRZをピックアップ。今回は、TOM’S製のエアロパーツをまとった真っ赤なボディが目を惹くトヨタ「GR86」を紹介しよう。

シルバーのスバル「BRZ」はペパーミントグリーンがアクセント!「困難を乗り越えて愛車に乗り続けます」

NAの楽しさを120%楽しむチューニングの数々

2023年10月29日にTRUST主催で開催されたユナイトミーティングには、トヨタ「86」やスバル「BRZ」やスズキ「スイフトスポーツ」などが数多くエントリーした。そんな会場で発見した86とBRZをピックアップ。ここでは、2021年式GR86にお乗りの古川さんを紹介する。これまでBRZ、スバル「WRX」と乗り継ぎ、2021年にGR86を購入。当然だが、絶対的パワーではWRXに大きく劣るGR86をあえて選んだ理由を聞いてみた。

「もちろんWRXのパワーにはかないませんが、気持ちよく吹け上がるNAエンジンは、目一杯回してあげると、乗っていて本当に楽しいんです」

そう語る通り、古川さんはNAエンジンの良さを120%引き出す方向でGR86をカスタムしているそうだ。持て余すターボエンジンのビッグパワーより、扱いやすくフィーリングの良いNAをあえて選んだというわけだ。

古川さんはそんなGR86のNAエンジンを120%楽しむべく、細かい部分に手を入れているのだとか。シンプルな見た目とは裏腹に、足回りはもちろん、吸排気系など細かい部分にまでその手は及んでいる。

シンプルな車体に足まわりをアップデート

気になるエンジンの前に外装を見ていこう。真っ赤なボディカラーに装着されているのは、TOM’S製のエアロパーツだ。フロントリップやリアのダックテールウイング、サイドスカートなど、あえてブラック塗装をすることで、真っ赤なボディのアクセントとしている。テールランプはSARD製をチョイス。これもブラック塗装を施しているとのこと。

足まわりはTEINのモノレーシング車高調を装着し、ブレーキはACREの2ピースローター&対向4ポットキャリパーを装着してストッピングパワーを強化している。ホイールはWed’s SportのTC105XにミシュランのパイロットスポーツSを組み合わせている。

エンジンは前述の通り、最近ポピュラーとなったターボやスーパーチャージャーなどの過給機の装着はせず、あえてNAのままとしている。その代わりにできる限りNAの良さを伸ばす方向でチューニングされている。吸気系はSYMSのエアインダクションシステムを採用。マフラーはHKSをチョイスした上で、ネッツシュポルト千葉のステンレス等長エキマニを組み合わせ、気持ち良い吹け上がりを実現しているそうだ。

車内はBRIDEのセミバケットシートを左右に装着し、タイヤエイトのDシェイプステアリングをセレクト。シンプルながら運転が楽しくなるようなコックピットとなっている。

関連タグ

こんな記事も読まれています

ミニバンの皮を被ったモンスター! こいつは凄いぞ……圧倒的ポテンシャルを秘めたトヨタアイシスを紹介ィィィ
ミニバンの皮を被ったモンスター! こいつは凄いぞ……圧倒的ポテンシャルを秘めたトヨタアイシスを紹介ィィィ
ベストカーWeb
え……ヨタハチのパワーってN-BOX並みだったの!? それでも60年前は衝撃のデキだったのよ!! 今と昔のクルマを比べてみた
え……ヨタハチのパワーってN-BOX並みだったの!? それでも60年前は衝撃のデキだったのよ!! 今と昔のクルマを比べてみた
ベストカーWeb
アバルト「595」をHKSパーツで完全武装! トライアルが目指すナンバー付きサーキットスペシャルの中身とは
アバルト「595」をHKSパーツで完全武装! トライアルが目指すナンバー付きサーキットスペシャルの中身とは
Auto Messe Web
角田「コーナーでのバランスを安定させることがポイント」2日目は40周で終了もマシンの理解を深める/F1インタビュー
角田「コーナーでのバランスを安定させることがポイント」2日目は40周で終了もマシンの理解を深める/F1インタビュー
AUTOSPORT web
自社のSDGsに悩む企業のアナタ! アウディの取組み ネットカーボンニュートラルな生産をご紹介
自社のSDGsに悩む企業のアナタ! アウディの取組み ネットカーボンニュートラルな生産をご紹介
AUTOCAR JAPAN
キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
レスポンス
生産終了のCX-8……3列シートSUVの後継出るぞ!! CX-80はより高級路線で2024年秋登場なるか?
生産終了のCX-8……3列シートSUVの後継出るぞ!! CX-80はより高級路線で2024年秋登場なるか?
ベストカーWeb
一生に一度、絶対に行くべきは「グランドキャニオン」でした。生で見る「地球の歴史」の壮大さに言葉失いました【ルート66旅_40】
一生に一度、絶対に行くべきは「グランドキャニオン」でした。生で見る「地球の歴史」の壮大さに言葉失いました【ルート66旅_40】
Auto Messe Web
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
AUTOCAR JAPAN
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
Auto Messe Web
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
AUTOSPORT web
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
AUTOSPORT web
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
AUTOCAR JAPAN
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
AUTOSPORT web
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーネット
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
GQ JAPAN
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
@DIME
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
乗りものニュース

みんなのコメント

76件
  • hir********
    まぁ
    スバルと言えばターボだしなぁ
  • man********
    まぁ車なんて好みの問題だしな。
    俺ならWRX選ぶよ。
    値段全然違うから比べる対象おかしいけど。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

239.8980.0万円

中古車を検索
GR86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

239.8980.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村