現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産の新型「フェアレディZ」で300キロオーバーが見えた! フェニックスパワーのRZ34チューニングに期待大です

ここから本文です

日産の新型「フェアレディZ」で300キロオーバーが見えた! フェニックスパワーのRZ34チューニングに期待大です

掲載 29
日産の新型「フェアレディZ」で300キロオーバーが見えた! フェニックスパワーのRZ34チューニングに期待大です

タービン交換で560psという仕様も見えた!

2024年2月10日から12日までインテックス大阪(大阪国際見本市)で開催されている「大阪オートメッセ2024」で、チューニングカーゾーンと呼ばれるのが、6A号館。ヒストリックカーから現行モデルまで、各ショップがこの日のために仕上げたオリジナリティあふれる個性派マシンがずらりと並んでいます。積極的に最新スポーツカーのパフォーマンスアップを推し進める「フェニックスパワー」の新型日産「フェアレディZ」(RZ34型)を紹介します。

めざせ最高速320キロ! 日産「フェアレディZ」をツインターボで567馬力!「ターボのトラスト」はトヨタ「GR86」やBMW「M3」もすごかった

AT車でのテストで筑波サーキット1分切り

フェニックスパワーはデモカーのほか開発協力車両も含めて複数台でチューニングを同時に進め、最新車両の解析やノウハウの蓄積に余念がない。そのなかで、2024年に開発速度をアップさせ、チューニングメニューの構築を進めているのが、新型フェアレディZだ。イメージカラーであるイカズチイエローのRZ34はユーザー数の多さに加え、以前から開発を行ってきた同じ3L V6ツインターボのVR30DETT型エンジンを搭載する「スカイライン400R」(RV37型)からのフィードバックを考えて9速AT仕様でテストしている。

すでに、トラストのキャタライザーとマフラーを装着し、連続周回などでフェイルセーフに入らないように、水冷インタークーラーの冷却水の温度上昇を抑えるヒートエクスチェンジャーも追加。高負荷域でも耐えうる万全な状態としたうえで、得意のECUの書き換えでブーストアップとマネージメントを調律するライトチューンのメニューを構築した。

すでにノーマル(405ps/48.4kgm)を大きく上まわる491ps/68.35kgmに到達。フットワーク&ブレーキ系はアラゴスタのタイプS車高調(オリジナルスペック)と、エンドレスのMONOブロックTAブレーキキット(前後)という、すでに信頼と実績のあるアイテムを組み合わせている。

展示車両は昨年の最高速テストで露呈したネガティブな部分をアップデートした仕様で、超高速域でのダウンフォースを得るために、チューニングメーカーの「ブリッツ」と共同開発したエアロパーツを装着。派手さを抑えた大人仕様のデザインとしたのは、クルマのキャラクターに合わせたからだろう。

さらに足まわりなどを見直してバンクで擦らないように対策。RZ34型は足まわりのセットアップが難しいとさまざまなショップから声を聞くが、その点についても横山耕治代表は「方向性は見えている」と自信をうかがわせる。

実際、2024年1月25日に茨城県の筑波サーキットで行ったシェイクダウンでは、ユーズドタイヤながら1分1秒台を記録。セットアップを煮詰め、ニュータイヤを投入すれば1分切りも無理な数字ではないという。

ライトチューンではある程度成果が得られたので、2024年はチューニングパーツメーカーである「トラスト」が市販を予定しているタービン&ツインインタークーラーキット(トラストの社内テストではすでに560ps/71.4kgmと最新のR35GT-R並みの数値を残す)を導入し、本格的なチューニングへと足を踏み入れていく予定だ。

「AT仕様でECUのマネージメントを含めて基本的な部分の解析は終えたので、タービン交換は3月に納車される予定の6速MT車に組み込む予定です。現在、最高速は約287km/hですから、まずは300km/hの大台到達が目標。サーキットも当初想定していたタイムよりもいい結果が出ていますので、さらなるパフォーマンスアップでどこまで行けるかじっくり見極め、年末のタイムアタックシーズンではしっかり良い数字を残したい。今年も攻めの姿勢でチャレンジしていきますよ」

と横山代表。

ノーマル+αのルックスながら、内側にパフォーマンスを秘めたフェニックスパワーのRZ34。「スマートで速い」を地で行く仕上がりなのだ。

こんな記事も読まれています

【速報】なんとモリゾウさんがスーパー耐久”理事長”に 「ニッポンの耐久」は世界に進出で大幅進化を遂げる
【速報】なんとモリゾウさんがスーパー耐久”理事長”に 「ニッポンの耐久」は世界に進出で大幅進化を遂げる
ベストカーWeb
エルグランドの先祖ラルゴにウミボウズ!? どれも絶妙なカワイさがよかったのよ!! 割とよく見かけたセレナキタキツネなんで消えた!?
エルグランドの先祖ラルゴにウミボウズ!? どれも絶妙なカワイさがよかったのよ!! 割とよく見かけたセレナキタキツネなんで消えた!?
ベストカーWeb
アウトドアの相棒はシンプル重視という人にオススメな一台! スズキ エブリイがベースの軽キャンパー
アウトドアの相棒はシンプル重視という人にオススメな一台! スズキ エブリイがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
サインツの予選走行に対するアストンマーティンの抗議をスチュワードが却下。過去の慣例が根拠/F1中国GP
サインツの予選走行に対するアストンマーティンの抗議をスチュワードが却下。過去の慣例が根拠/F1中国GP
AUTOSPORT web
ミライースターボ市販化情報掴んだ!! 5速MTで200万円目指すってマジか!? しかもブレーキ6ポッドよ!!!
ミライースターボ市販化情報掴んだ!! 5速MTで200万円目指すってマジか!? しかもブレーキ6ポッドよ!!!
ベストカーWeb
フェラーリ499Pが地元でトップ3独占! トヨタ2台はスピン・コースアウトも、6&8番手【WECイモラ予選】
フェラーリ499Pが地元でトップ3独占! トヨタ2台はスピン・コースアウトも、6&8番手【WECイモラ予選】
AUTOSPORT web
1時間でTSRホンダが2回の転倒、YARTヤマハとヨシムラSERTが引っ張る展開に/2024EWC第1戦ル・マン24時間
1時間でTSRホンダが2回の転倒、YARTヤマハとヨシムラSERTが引っ張る展開に/2024EWC第1戦ル・マン24時間
AUTOSPORT web
レッドブル&HRC密着:鬼門のひとつである上海で最前列を独占。セットアップ変更が功を奏したフェルスタッペン
レッドブル&HRC密着:鬼門のひとつである上海で最前列を独占。セットアップ変更が功を奏したフェルスタッペン
AUTOSPORT web
レッドブル100回目のポールをフェルスタッペンが獲得「今日は狙っていた。ワンツーで記録を飾り最高の日に」F1中国GP
レッドブル100回目のポールをフェルスタッペンが獲得「今日は狙っていた。ワンツーで記録を飾り最高の日に」F1中国GP
AUTOSPORT web
14代目クラウンはベンツ BMWを蹴散らしたのか? 走りの進化は歴代最高! 注目のハイブリッド試乗プレイバック
14代目クラウンはベンツ BMWを蹴散らしたのか? 走りの進化は歴代最高! 注目のハイブリッド試乗プレイバック
ベストカーWeb
ST-Z暫定トップの26号車raffinee Zがまさかの降格。柳田監督は「チームの責任」と悔やむも新型の速さを実感
ST-Z暫定トップの26号車raffinee Zがまさかの降格。柳田監督は「チームの責任」と悔やむも新型の速さを実感
AUTOSPORT web
スーパー耐久がSUGOで開幕。土曜のグループ2はST-Zの埼玉GBスープラがペナルティで逆転勝利
スーパー耐久がSUGOで開幕。土曜のグループ2はST-Zの埼玉GBスープラがペナルティで逆転勝利
AUTOSPORT web
若者どころかバブル世代も知らない? 不便でも愛せたカセットテープ「8トラック」って?
若者どころかバブル世代も知らない? 不便でも愛せたカセットテープ「8トラック」って?
ベストカーWeb
「オレ・タチ、カルタス」ってなんだ…… 80年代のホットハッチ「カルタス1300GT-i」は現代のスイフトスポーツより速かったのか?
「オレ・タチ、カルタス」ってなんだ…… 80年代のホットハッチ「カルタス1300GT-i」は現代のスイフトスポーツより速かったのか?
ベストカーWeb
【角田裕毅F1第5戦展望】最善策のセットアップでもグリップ不足は改善せずQ1敗退「アタックはかなり妥協を強いられた」
【角田裕毅F1第5戦展望】最善策のセットアップでもグリップ不足は改善せずQ1敗退「アタックはかなり妥協を強いられた」
AUTOSPORT web
角田裕毅「感触がいいのにタイムが出ない。少し行き詰まった感じ」チームはいまだ原因を突き止められず/F1中国GP予選
角田裕毅「感触がいいのにタイムが出ない。少し行き詰まった感じ」チームはいまだ原因を突き止められず/F1中国GP予選
AUTOSPORT web
アストンマーティンF1、中国GP予選リザルトに関して抗議を提出。クラッシュ後のサインツの走行を問題視
アストンマーティンF1、中国GP予選リザルトに関して抗議を提出。クラッシュ後のサインツの走行を問題視
AUTOSPORT web
モーガン・プラスシックス 詳細データテスト 操縦性はクラシックとモダンの中庸 侮りがたい動力性能
モーガン・プラスシックス 詳細データテスト 操縦性はクラシックとモダンの中庸 侮りがたい動力性能
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

29件
  • ysb********
    市場に出回ってない車のチューニングとか、パーツ開発して何の意味があるの?
  • わんこ
    ベース車両が優秀なんだろうけど今のクルマ遊びは何もするにも金がかかる上ノーマルの優秀さゆえリターンが小さくてコスパが悪いよね、サーキット行くにも金かかるし。車の進化は認めるけど昔の方がやっぱり楽しかった。メーカーやチューニングショップも単価上げて富裕層ビジネスにシフトで庶民の方は蚊帳の外だと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

539.9920.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.02800.0万円

中古車を検索
フェアレディZの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

539.9920.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.02800.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村